« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

第53回 神戸新聞杯(GⅡ)

ディープインパクトの写真を撮りに阪神競馬場まで来てしまいました。天候はどんよりとした曇り。写真を撮るには少し暗かったです。しかし、盛り上がりはGⅠ級、いつも仲良くしていただいている関西の方々にも会え、大変楽しい撮影となりました。

20050925-HS-11R-1

 ディープインパクトの競馬はこれまでと同じで、ゆっくりとゲートを出て後方待機、4コーナーで先頭の馬に外から並びかかり、武豊騎手がすこし気合いをいれるとあっという間にトップスピードに。2000mを1.58.4の好タイム、上がり3Fは34.1秒という鬼脚で2着馬シックスセンスに2馬身1/2の差をつけて勝ちました。

20050925-HS-11R-2

 2着にシックスセンス、3着にローゼンクロイツが入ったため、力関係は春とほぼ同じようです。新興勢力で有望だったのは藤沢厩舎のマチカネキララでしたが、4着だったため、菊花賞の出走権は得られませんでした。

20050925-HS-11R-3

いつもパドックではうるさかったディープインパクトも、今日は大変落ち着いていたため、精神面の大きな成長が見て取れました。菊花賞のような長距離では、この成長が必ず生きていくはずです。

20050925-HS-11R-4

今日はずっと曇り空だったため、絞り値をF8.0程度で納めるためにISO感度を上げていましたが、神戸新聞杯のレース中は日が差してきたため、撮影には好条件となりました。しかし、私はこの点に気づかず、ISO1000のままで写真を撮ってしまいました。F値はだいたいF11程度、シャッタースピード1/500秒です。通常であれば高感度ノイズが視認できるほどの感度設定ですが、EOS1-Ds MarkⅡに搭載されているDIGICⅡと現像ソフトBreezeBrowserProのおかげでノイズの目立たない写真となりました。

20050925-HS-11R-5

いよいよ、無敗の三冠馬の可能性が高まってきました。菊花賞当日はすごい人出になると思いますが、頑張って三冠馬誕生の瞬間を写真に捕らえたいと思います。

20050925-HS-11R-6 ディープインパクトは当然1着なので9番を馬単の頭にし、少しでも高配当を狙い、新興勢力と思われる8番トウカイトリック、10番マチカネキララ、未対決の4番ストーミーカフェへ流しました。結果は春活躍した馬が2、3着を占めたため、予想はみごとはずれました。

|

2005年9月24日 (土)

阪神4回5日目 2歳新馬

土曜日の阪神競馬場は快晴、日が照ると暑いのですが、吹く風は秋を感じました。この日の武豊騎手はすごかった。1R、3R、5R,、6R、7R、9R、11Rで勝ち一日7勝、騎乗機会6連勝の離れ技でした。 20050924-HS-05R-1

5Rの2歳新馬戦でも武豊騎乗のスペシャルウィーク産駒ラッキーリップスが単勝2.6倍の1番人気に応え勝ちました。2着馬との着差は2馬身。スペシャルウィーク産駒の2歳馬も順調に勝ち星を伸ばしているようです。

20050924-HS-05R-2 阪神競馬場は順光で撮影できるので、ピーカンでも光がまわり、露出の面では撮影しやすい競馬場です。ただ、外ラチと生垣がゴールに近づくほどに高くなるため、ゴール前の接戦になると勝馬の撮影が難しい競馬場です。

20050924-HS-05R-3この日はゴールから90mくらいの位置で撮影しました。 私の背丈でもなんとか外ラチが写らない写真を撮ることができました。

|

2005年9月23日 (金)

船橋 日本テレビ盃(GⅡ)

 JBCへの道 第52回日本テレビ盃(GⅡ)(G2)(指定交流)が船橋競馬場で行われました。JRA勢はカイトヒルウインド、サカラート、スターキングマン、迎え撃つ地方勢ではお馴染みアジュディミツオー、ナイキアディライトが参戦してきました。

20050923-FB-10R-1 ナイキアディライトがハナに立つも、カイトヒルウインド、サカラート、アジュディミツオーと差がない展開、 4角先頭に立ったのはサカラートで、そのまま後続を引き離し、2着に4馬身差の圧勝でした。

20050923-FB-10R-2 距離短縮で不安視されたサカラートでしたが、1800mも勝ち3連勝、11月3日に名古屋で行われるJBCクラシック(距離1900m)の一躍有力馬となりました。

20050923-FB-10R-3 馬券の方は、4番サカラートを頭に馬単で1番カイトヒルウインド、3番アジュディミツオー、8番ナイキアディライト、10番スターキングマンへ流しましたが、1着サカラート、2着ナイキアディライトとなり、見事的中(馬単1,000円)。馬券イメージを載せたかったのですが、今度船橋競馬場に行くのはおそらく来年ゴールデンウィークのかしわ記念だと思うので換金してきました。

 台風17号が接近してきてますが、明日、明後日と阪神競馬場に参戦します!関西の方々、よろしくお願いいたします。

|

2005年9月18日 (日)

第59回 セントライト記念(GⅡ)

今日は朝から好天、先週の雨が嘘のようです。天気が良すぎて逆光気味の撮影となりました。私のコンディションとしては、朝、撮影場所の場所取りに失敗、この影響が撮影もでていたような気がします。

20050918-NY-11R-1 セントライト記念は何が勝つか皆目見当もつかず、2200mのタイムが2分13秒台の時計を持つ3番アドマイヤフジ、13番ニューヨークカフェと、接戦に強い9番コンラッドの3点BOXで勝負。しかし、馬体重がアドマイヤフジの+18kg、ニューヨークカフェの-14kg と大誤算。私の買っていた馬は1頭も連に絡まず、寂しい結果となりました。

 今週は土曜日のウインデュエル、日曜のキングストレイル、3着ピサノパテックと藤沢厩舎DAYだったんですね。来週の神戸新聞杯のマチカネキララも期待大です。来週は阪神遠征に行きますのでよろしくお願いいたします。

20050918-NY-11R-2 勝ったのは10ヶ月ぶりに出走してきたキングストレイル。昨年秋の時点でクラシック候補とされていた馬です。上がり3ハロン34.6秒とすごい追込でした。アドマイヤフジも上がり3ハロン34.4秒とすごい脚で追い込みましたが、出遅れが響き、4着でした。

20050918-NY-11R-3

レースの写真でキングストレイルが入っていたのはこの写真だけ。この時点で伸びそうだったのはフサイチアウステルだったので、この馬を中心に写真を撮っていました。

20050918-NY-11R-4レースのベストショットはこの写真です。ピサノパテック騎乗の田中勝の追い姿に迫力があります。

|

2005年9月17日 (土)

ペルセウスステークス

 今日は、湿度も低く、さわやかな良い天気でした。中山競馬場ではスタンドが南東を向いており、ピーカンの天気だと逆光になります。しかし、メーンレース近くになると、太陽がスタンドに隠れるため、一気に暗くなります。適正な露出を決めるのはなかなか難しいです。

 土曜日で重賞がないせいか、非常に空いており、撮影場所が自由に選べる環境も普段味わえないものなので、グリーンチャネルをFMで聞きながら気楽にシャッターを押しておりました。ただ、先週同様、勝馬の写真をとるのは難しかったです。

20050917-NY-11R-1 今日は約1年ぶりに藤沢厩舎のウインデュエルが登場。昨年は破竹のダート6連勝を達成した馬です。今日のメンバーでは負けられない一戦でしょう。

 

20050917-NY-11R-2今日はウインデュエルさえ撮れればいいやと気楽に撮影していたせいか、サンニッパ+2倍テレコンで、手持ちで撮影したにもかかわらず、まあ、まあ、見れる写真が撮れました。

20050917-NY-11R-3 撮影位置は、4コーナー付近の残り200mのところ、ここで勝馬を撮影することが難しいのですが、ウインデュエルが勝つことを祈って、ウインデュエルのみ照準を合わせシャッターを押しました。

 1年ぶりでも非常に強い勝ちっぷり。この後、武蔵野Sに行くのか、名古屋のJBCに行くのかわかりませんが、今後も応援していきたいと思っております。

20050917-NY-11R-4馬券も、単勝1.7倍でしたが、単勝馬券を購入。もうけにはなりませんでしたが満足の一日でした。

|

2005年9月11日 (日)

第50回 京成杯オータムハンデ(GⅢ)

朝は好天だったのに、10R以降は大雨と雷。身の危険を感じながらの撮影となりました。潜在意識で、できるだけ早く撮影を終わりたいと感じているせいか、4コーナー過ぎ100mくらいから連射してしまい、雨の中でとった写真はどれも被写体が小さいという結果になってしまいました。ちなみに、私の使っているカメラの連射性能は秒間4コマ、RAWデータで記録する設定で11コマ程度までしか記録できないので、3秒たらずでバッファメモリがいっぱいになってしまいます。

20050911-NY-11R-1馬券は、開幕週で芝の状態が良く、前日のレースでは前残りの展開が多かったことから、単騎逃げするであろう5番ニシノシタンを軸に、生きの良い3歳馬3頭へ流しました。結果は、5番ニシノシタンが2着に残ったものの、2番マイネルモルゲンが好位から抜けだしこのレース2連勝となりました。阪神のセントウルSもゴールデンキャストが昨年に続き2連勝、こういったことは連動するものなんですね。

20050911-NY-11R-2 馬券でニシノシタンを応援していたので、当然ながらニシノシタン中心に撮影しましたが、ゴール前でマイネルモルゲンに差され、勝馬を撮影することができませんでした。中山では、外ラチの高さの関係で、ゴール前100mより坂下でしか撮影が可能な場所がないため、勝馬を写真におさめることができないことはよくあることです。でも悔しい・・・。

20050911-NY-11R-3 ISO感度1600で撮影しましたが、高感度ノイズはそれほど気になりません。これは、CANON EOS-1Ds MarkⅡのDIGICⅡの性能の良さもありますが、私が使っているRAWデータからJPEGへ現像するソフト BreezeBrowserProのノイズ抑止機能の優秀さもあると思います。

|

2005年9月10日 (土)

紫苑ステークス(秋華賞トライアル)

秋競馬の開幕なのに今日は暑かった。芝のレースの撮影中以外はスタンドの地下に避難してました。しかし、アグネスタキオンの仔、走りますねぇ。今日の芝の2歳戦、2頭ともタキオン産駒でした。今後も楽しみです。

20050910-NY-11R-1 秋華賞トライアルの紫苑S、まだ2勝しかしていない馬はなんとか2着までに来て秋華賞の出走権利を得たいところです。

 20050910-NY-11R-2

勝ったのは関西馬コスモマーベラス。勝ちタイムが1:49.1とあまり良くないので秋華賞での活躍は難しいかも知れません。

20050910-NY-11R-3 開幕週で芝の状態が良いため、前残りの展開が多く、おかげでゴールから約100mの位置でも勝馬の写真をとることができました。

20050910-NY-11R-4馬券の方はピサノグラフ、ショウナンパントルは連をはずさないだろうと考え、この2頭を軸に前走勝っていた馬へ流す3連複で勝負。ピサノグラフが4着に敗れたため、馬券ははずしました。阪神の朝日チャレンジCは当たったので本日の収支はプラスでした。

|

2005年9月 4日 (日)

第25回 新潟2歳ステークス(GⅢ)

 新潟開催最終週、芝コースの内側が荒れているせいか、外回りのレース(直線659m)では、直線1000mのレース同様、芝コースの中~外を通ってきた馬が勝つ傾向にあります。外から来る馬は、内ラチに近い馬よりもスピードが速く感じるとともに、前にいる人がフェンスに身を乗り出して観戦するため、馬が視界に入ってくるのは通りすぎる直前であり、写真を撮る際、一瞬でフォーカスを合わし構図を決めなくてはなりません。

20050904-NG-11R-1 新潟2歳ステークスもこの例に漏れず、ターフビジョン上で一番人気のショウナンタキオンが外から伸びてきたのを確認できたため、ショウナンタキオンが視界に入ってくるのをじっと待っていましたが、視界に入ってから通りすぎるまでわずか連射で3コマしか写真が撮れず、うち2枚はピンぼけでした。

20050903-NG-12R-1 これは上手くいった例ですが(9月3日土曜日の新潟12R)、ゴール直前ではこのような写真になります。

新潟コースでの撮影の仕方についてはもう少し検討する必要があります。来年頑張ります。

20050904-NG-11R-2 馬券は、重馬場でかつ平坦馬場ということで、先行力のある、事実上2連勝中(新馬戦1着入線も6着に降着)の2番ニシノフジムスメを軸に、3連勝中の1番コスモミール、 ウッチーの乗る4番マイネサンサン、前走のタイムが優秀な10番エイシンチャンドラ、前走出遅れでも2馬身差の圧勝をしたショウナンタキオン、昨年に続きラフィアンの馬が来るかもということでマイネルグリッツァへと流しました。

 当たることは当たったんですが、5点も買ってしまったので利益はわずかでした。残念。

|

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »