« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

第133回 天皇賞(春)(GⅠ)

 いやー、本当に素晴らしい、凄いレースでした。こんな凄い馬をファインダーを通して見ることができ幸せの一言です。今回の関西遠征も関西の友人達のご厚意により素晴らしい位置でレースを見ることができました。本当にありがとうございます。今日の京都競馬場は熱いくらいの陽気、しかしながら少し雲がかかって光がちょうど良いくらい回った撮影に絶好の日和でした。

売店で売っているピザパン

20060430-lunch-1

【競馬場B級グルメ日記(パート1)】

 今日は頂き物でお腹も満足。まずは京都競馬場の売店で売っているピザパン。小腹が空いているときに確かな手応え。オニオンがピリッと効いています。

ガンジー倶楽部のカレーパン

20060430-lunch-2

【競馬場B級グルメ日記(パート2)】

 いつも元気でその場の空気を明るくしてくれるアズマさんからガンジー倶楽部のカレーパンを頂きました。コクのあるカレーあんがグッド!大変美味しく頂きました。ありがとうございます。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F9.0 ISO250 WB:AUTO

20060430-KT-11R-1

 人気は、このレースを勝てば海外遠征が待っているディープインパクトが1.1倍のダントツの1番人気、3桁配当の人気馬はディープインパクトのみで、これに続いて、昨年の有馬記念3着、日経賞を勝って上り調子のリンカーンが14.4倍の2番人気、ダイヤモンドSを勝ち、大阪杯も2着に好走したマッキーマックスが23.5倍で3番人気でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F8.0 ISO250 WB:AUTO

20060430-KT-11R-2

 案の定、ディープインパクトはゲートを立ち上がるように出てしまい、最後方から2番手に位置する競馬となりました。昨年に引き続きビッグゴールドがハナを切り、続いてブルートルネード、トウカイトリックが前を引っ張る展開、前半1マイル1分37.7秒と平均ペースでレースは流れました。

EOS-1Ds MarkⅡ+ EF400mmF4 DO IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(270mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F7.1 ISO250 WB:AUTO

20060430-KT-11R-3

 2周目の3コーナーで阪神大賞典の時と同じようにディープインパクトがまくっていきます。3、4コーナー中間地点で先頭に立ちそのまま後続を突き放します。リンカーンが一生懸命追いかけますが差は広がる一方。一頭だけ次元の違う走りでした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F7.1 ISO250 WB:AUTO

20060430-KT-11R-4

 終わってみればマヤノトップガンが作った3分14秒4のレコードを1秒も縮める3分13秒4のレコード勝ち。上がり3F33.5秒のもの凄い脚でした。2着のリンカーンも素晴らしい走りで上がり3F33.7秒の脚を使っています。宝塚記念を出走すれば好走必至、(ディープインパクトが出走しなければ)念願のGⅠ制覇が見えてくるでしょう。

単勝7 110円(1番人気) 馬連7-11 380円(1番人気)三連複1-7-11 2,840円(11番人気)

20060430-KT-11R-5

 馬券は、昨年の菊花賞をイメージして、ディープインパクトの2着に来る馬は先行馬だろうと考え、ディープインパクトを軸に、逃げ・先行馬のトウカイトリック、ビッグゴールド、デルタブルース、シルクフェイマス、ブルートルネードへ流しました。リンカーンが2着に来たら仕方ないという思いで馬券を買ったので負けて悔いなしです。本当に素晴らしいレースでした。日本でディープインパクトの走りが見られるのはこれが最後かも知れません。ディープインパクト、海外でも頑張れ~。

馬・写・道 壁紙倉庫に今日の写真9枚を掲載しました。あわせてご覧下さい。

|

2006年4月29日 (土)

第13回 青葉賞(GⅡ)

 今日はダービートライアル青葉賞です。毎日杯を勝ち、皐月賞をパスして参戦してきたアドマイヤメインに注目が集まりました。アドマイヤメイン以外にも骨のありそうなメンバが揃い、大変興味深いレースとなりました。最近、週末の天候が優れません。今日も雨が降りそうな天気、非常に暗く、ISO感度を上げて撮影しました。馬場状態は良馬場でレースが行われました。

ペッパーランチのカップDEペッパーライス 500円

20060429-lunch

【競馬場B級グルメ日記】

 新スタンド3階の4コーナー側奥にあるのがペッパーランチです。本当は霜降りステーキ弁当(\1,000)を食べたかったのですが、負けが込んでいるのと、明日の京都遠征に備えて、我慢してペッパーライス(\500)にしました。味は油を濃くしたチャーハンと言ったらいいのでしょうか。若い人向けのメニューですね。おじさんには少し油がきつかったです(笑)。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.0 ISO800 WB:AUTO

20060429-TK-11R-1

 人気は、毎日杯を勝ち、武豊騎手騎乗のアドマイヤメインが2.4倍で1番人気、前走の勝ちっぷりが強力だった札幌組のマツリダゴッホが4.5倍の2番人気、青葉賞、藤沢厩舎ときたら過去、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイなどを出しているのでそれで人気になっているマチカネゲンジが6.1倍で3番人気、前走の敗戦で人気を落としていますが前々走の勝ちっぷりが印象に残るエイシンテンリューが8.4倍で4番人気、すみれ賞を勝ったマイネルアラバンサが9.5倍で5番人気でした。(1周目の写真です)

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F5.6 ISO800 WB:AUTO

20060429-TK-11R-2

 予想通り、アドマイヤメインがハナを切ります。ホーマンアラシ、マイネルアラバンサも前を行きますが、競りかけることはしませんでした。1000m 60.4秒の平均ペースでレースは流れ、アドマイヤメインはマイペースの逃げになりました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F5.0 ISO800 WB:AUTO

20060429-TK-11R-3

 直線を向いても、アドマイヤメインに並びかけられる馬はいません。どんどん、後続を突き放します。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO800 WB:AUTO

20060429-TK-11R-4

 平均ペースで逃げ、上がり3F35.3秒で走られては後続の馬に勝ち目はありませんでした。アドマイヤメイン、強かった!

単勝6 240円(1番人気) 馬連6-8 1,080円(3番人気)三連複6-8-13 2,170円(5番人気)

20060429-TK-11R-5

 馬券は、サンデーサイレンス産駒同士で決まるだろうと予想。信頼感のある藤沢厩舎・横山典弘騎手騎乗のマチカネゲンジを軸にして、残るサンデーサイレンス産駒へ単純に流しました。マチカネゲンジはこのペースであんな後ろにいては上がり3F35.0秒の脚を使っても勝てません。仕方ないですね。

馬・写・道 壁紙倉庫に今日の写真10枚を掲載しました。あわせてご覧下さい。

|

2006年4月23日 (日)

第41回 サンスポ賞フローラステークス(GⅡ)

 長かった春の中山開催が終わり、今週から東京開催です。再来週から5週間連続でGⅠがあると思うと気が重くなります(笑)。今日はオークストライアル、フローラSが行われました。今年は2歳女王テイエムプリキュアが出走し、その走りに注目が集まりました。しかし意外な結果にビックリ。最近、日曜日の天候が優れません。今日も雨が降りそうな天気、非常に暗く、ISO感度を上げて撮影しました。馬場状態は良馬場でレースが行われました。

深大寺馬そばの鳥そば(わかめのトッピング) 450円

20060423-lunch

【競馬場B級グルメ日記】

 府中といえばここのそばのファンは多いはず。今工事中のスタンドで昔1階にあった深大寺馬そば(現在は新スタンド4階にあります)で鳥そば(400円)にわかめのトッピング(50円)を注文。そば粉の香りが漂うそばに舌鼓。ゆず胡椒を入れるとピリッとして美味しいです。100円プラスすると大盛りにもできます。ぜひご賞味下さい。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO640 WB:AUTO

20060423-TK-11R-1

 人気は、昨年の2歳女王テイエムプリキュアが3.1倍で1番人気、近戦惜敗続きながら敗因がはっきりしているアイスドールが5.4倍で2番人気、本レースとの相性の良いミモザ賞を勝ったマイネサンサンが7.9倍で3番人気、8ヶ月ぶりの未勝利戦を勝ち上がり上昇一途のタックスヘイブンの仔、アクロスザヘイブンが8.3倍で4番人気でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.0 ISO800 WB:AUTO

20060423-TK-11R-2

 開幕週のせいか、前が止まらない、先行しなければ勝てないレースが続いています。フローラSはオリオンオンサイト、アクロスザヘイブン、ヤマトマリオン、ホウショウルビー、ブロンコーネが前を行きますが、掛かったようにブローオブサンダーが先頭に立ち、直線に向きます。前半1000m 61.5秒のスローペースでレースは流れます。テイエムプリキュアは後ろからの競馬、スローペース、そして今の府中の馬場では届きそうもありません。

EOS-1Ds MarkⅡ+ EF400mmF4 DO IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(270mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO800 WB:AUTO

20060423-TK-11R-3

 残り200mでブロンコーネが先頭に立ちますが、外からオリオンオンサイト、アクロスザヘイブン、ヤマトマリオンが外から並びかけます。残り100mでもどれが勝つか判断できなかったため、そのとき先頭に立っていたブロンコーネに焦点を定めシャッターを押しました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO800 WB:AUTO

20060423-TK-11R-4

 勝ったのは上がり3F34.5秒の脚を使った10番人気の伏兵ヤマトマリオンでした。今週もオペラハウスの仔が勝ってしまいました。オークスで距離が伸びてより一層良さそうな馬ですね。写真の方はシャッターを切りながら勝馬を探すような撮り方をしたため、ピントの甘い写真ばかりになってしまいました。面目ない・・・。

単勝3 2,770円(10番人気) 馬連2-3 27,340円(84番人気)三連複2-3-9 94,400円(271番人気)

20060423-TK-11R-5

 馬券は、後ろから行く馬は用無しと考え、前で競馬できそうな馬を選びました。馬体重が増えていれば勝負になると川田騎手が言っていたオリオンオンサイト(-2kgでした(涙))、桜花賞当日人気に応えたサンデーサイレンス最後の産駒ハギノプリンセス、桜花賞馬キストゥヘヴンを新馬戦で下しているロランラムール、未勝利戦で桜花賞馬キストゥヘヴンの2着に食い込んだスイートローレライの三連複4頭BOXで勝負。結果は買った馬が一頭も連に絡めない惨敗となってしまいました。博才ないなぁ・・・。

馬・写・道 壁紙倉庫に今日の写真11枚を掲載しました。あわせてご覧下さい。

|

2006年4月22日 (土)

第3回 福島牝馬ステークス(GⅢ)

 木曜日に突然思いつき、急遽土曜日に福島遠征をしてきました。しかし、衝動的な行為は好結果を得られませんね。写真は失敗、馬券も当たらず、風邪も引いてしまい、さんざんな一日でした。天候は晴れ、良馬場でレースは行われましたが、この時期の福島はメインレースになると芝直線がすっかりスタンドの影に隠れてしまうのに対し、背景は非常に明るいため、極端な逆光状態となってしまいました。掲載した写真のほとんどはRAWデータからJPEGに現像する際、増感しています。

【福島競馬場へのアクセス】
(1)東京から福島へ

  • 東北新幹線
      東京駅から約1時間40分で福島駅へ(乗車券:\4,620 新幹線特急券指定席:\4,080)
  • ジェイアールバス関東のバス(あぶくま号)で
      新宿駅新南口から5時間15分で福島駅東口10番バス乗り場へ(片道\4,800 往復\8,600 早売・ネット割など各種割引有り)
  • (株)さくら観光のバス(東京シティライナー)で
      東京駅八重洲南口から5時間で福島駅西口へ(片道\2,500)
  •  今回は突然の思いつきでの福島日帰り遠征だったので、到着時刻、発車駅のアクセス性を考慮して「あぶくま号(往復ネット割)」で行ってきました。

    (2)福島駅から福島競馬場へ

  • 路線バス(福島交通)で
      福島駅東口3番バス乗り場から競馬場前下車約15分(整理券方式 後払い\210)ですが、一つ前の社会保険事務所入口(\190)で下車する人が多いです(\20安いです)。停留所から国道4号線を渡り徒歩約3分。(文化センター)文知摺行き、(児童公園)東堀河町行きは上記停留所には止まらないので要注意です。
  • 福島市内循環バス(福島交通)で
      福島駅東口9番バス乗り場から市内循環1コース(上町回り)または市内循環2コース(曽根田回り)に乗り花園町下車約15分(どこまで乗っても\100)。競馬場まで若干遠いですが(停留所から徒歩約5分)、安いのでお勧めです。
     
    スナッキーのエビチャーハン 450円

    20060422-lunch

    【競馬場B級グルメ日記】

     1階のファーストフードコーナーのグリルハウス スナッキーでエビチャーハンをいただきました。豚汁付きで450円! コストパフォーマンスが素晴らしく、美味しかったです。どちらかというとチャーハンというよりはピラフのような味でした。他のメニューも豊富だったので夏の表開催のときには違うメニューにチャレンジしたいと思います。

    EOS-1Ds MarkⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(255mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F7.1 ISO500 WB:Shade +1EV増感

    20060422-FS-11R-1

     人気は、中山牝馬S最先着馬のコスモマーベラスが3.1倍で1番人気、札幌のクイーンS勝ちなど1800mに実績のあるレクレドールが6.1倍で2番人気、阪神牝馬Sの最先着馬アズマサンダースが6.4倍で3番人気、中山牝馬Sでは大敗したものの敗因がはっきりしているプリンセスグレースが6.5倍で4番人気でした。

    EOS-1Ds MarkⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(235mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F7.1 ISO500 WB:Shade +1EV増感

    20060422-FS-11R-2

     タニノローゼがハナを切り、スルーレートが2番手、ロフティーエイムが3番手で、前半1000m 59.7秒のやや早いペースでレースは流れます。

    EOS-1Ds MarkⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(200mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F9.0 ISO500 WB:Shade +1.5増感

    20060422-FS-11R-3

     直線を向き、ライラプスが内を突いて伸びてきます。直線半ばではライラプスの勝ちだと思いファインダーをそちらに向け写真を撮りましたが、外からロフティーエイムが伸びてくる。結局、ロフティーエイムが頭差差し切り、勝馬を撮ることはできませんでした。保険で撮ったロフティーエイムの返し馬の写真です。

    EOS-1Ds MarkⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(130mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.0 ISO500 WB:Auto

    20060422-FS-11R-4

     勝った吉田隼人騎手は重賞初勝利。おめでとうございます。

    単勝8 1,230円(7番人気) 馬連4-8 7,320円(30番人気)三連複4-8-9 28,610円(91番人気)

    20060422-FS-11R-5

     馬券は、中山牝馬Sの連対馬との相性がいいレースなことから、今年は連対馬は出走しなかったものの、最先着を果たしたコスモマーベラスを軸にし、福島との相性の良い大西騎手騎乗のスターリーヘヴン、1800mでの実績の高いシュフルール、コアレスパティオ、ロフティーエイム、レクレドールへ流しました。ヒモでロフティーエイムを買っていただけに悔しい馬券となりました。

    馬・写・道 壁紙倉庫に今日の写真7枚を掲載しました。あわせてご覧下さい。

  • |

    2006年4月16日 (日)

    第66回 皐月賞(GⅠ)

     今日はクラシックレース第1弾、皐月賞です。朝から雨が降ったり止んだりの肌寒い天候、雨の中の皐月賞かと心配しましたが、レース中は雨が上がり、馬場状態も良馬場のままレースが行われました。少し暗かったためISO感度を上げ目に撮影しました。今年は大混戦の皐月賞、結果も混戦の末の結果かなぁと思わせるものでした。

    初花のポテトコロッケ丼 300円

    20060416-lunch

    【競馬場B級グルメ日記】

     今日は地下のファーストフードコーナーの初花でポテトコロッケ丼をいただきました。究極のコストパフォーマンス! ごはんの上にきざんだキャベツが乗り、その上に揚げたてのポテトコロッケが2個、味付け卵半分、昆布の佃煮、キュウリのキュウちゃんがついて300円! 2個あるコロッケそれぞれに中濃ソースととんかつソースをかけ分け、味の違いを楽しむのが通(?)。馬券で負けが込んできたときの救世主です。

    EOS-1Ds MarkⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(255mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F5.0 ISO500 WB:AUTO

    20060416-NY-11R-1

     人気は、連対率100%、弥生賞を危なげなく勝った武豊騎手鞍上のアドマイヤムーンが2.2倍で1番人気、4戦負けなし、オーナーの関口氏、はまちゃん人気もあって人気があるフサイチジャンクが5.6倍の2番人気、昨年の2歳王者、堅実な先行馬フサイチリシャールが7.2倍で3番人気、弥生賞で負けたもののアドマイヤムーンに唯一土を付けたサクラメガワンダーが8.7倍の4番人気でした。

    EOS-1Ds MarkⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(270mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO500 WB:AUTO

    20060416-NY-11R-2

     予想通りステキシンスケクンが逃げ、2番手にフサイチリシャール、3番手にニシノアンサーが追走し、1000m 60秒の平均ペースでレースは流れます。メイショウサムソンは5、6番手を進む絶好の位置、それに対して、後団にフサイチジャンク、これをマークするようにアドマイヤムーン、これをまたマークするようにサクラメガワンダーが位置するレースとなりました。

    EOS-1Ds MarkⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(270mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.0 ISO500 WB:AUTO

    20060416-NY-11R-3

     3、4コーナーでフサイチリシャールが先頭に立つと、そのまま最後の直線へ。残り150mのところまで頑張りますが、外からくるメイショウサムソンの脚色が違う。あっというまに抜き去り、メイショウサムソンがゴールを先頭で駆け抜けました。内から伸びてきたドリームパスポートも素晴らしい脚でダービーでの有力候補になったのではないでしょうか。フサイチジャンク、アドマイヤムーン、サクラメガワンダーは位置取りが後ろ過ぎたようです。ともに上がり34秒台、サクラメガワンダーはメンバー中最速の34.6秒で走っていたために悔やまれます。

    EOS-1Ds MarkⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(230mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F7.1 ISO500 WB:AUTO

    20060416-NY-11R-4

     勝った石橋騎手はベテランながらGⅠ初勝利。観客席からはおめでとうの声がこだましていました。おめでとうございます。

    単勝5 1,450円(6番人気) 馬連2-5 13,980円(38番人気)三連複2-5-6 34,700円(83番人気)

    20060416-NY-11R-5

     馬券は、連対を外していない安定感のある札幌組のアドマイヤムーンを連軸に、朝日杯FS・ラジオ短波2歳S・弥生賞の1、2着馬へと、皐月賞にめっぽう強いサンデーサイレンス産駒へ流し6点勝負。結果は、軽視していたスプリングSの1着馬、3着馬が来てしまい、カスリもしない馬券となってしまいました。昨日の儲けがスッカラカンです・・・。

    馬・写・道 壁紙倉庫に今日の写真10枚を掲載しました。あわせてご覧下さい。

    |

    2006年4月15日 (土)

    第8回 中山グランドジャンプ(J・GⅠ)

     今日は障害レースの国際J・GⅠ、中山グランドジャンプです。昨年の勝馬、オーストラリアのカラジ、昨年末の中山大障害の勝馬テイエムドラゴンが出走し、日本の障害レースNo.1を決めるのにふさわしいレースとなりました。中山競馬場周辺の桜はすっかり葉桜となってしまいましたが季節が冬に逆戻りしたような寒さと風に見まわれました。曇り空でときどき太陽がでる、明るさが猫の目のように変わる天気でISO感度の設定に苦労しました。コースも芝・ダートとも稍重から始まりましたが、芝は良馬場に回復しました。

    下辰のおでんと茶めし 610円

    20060415-lunch

    【競馬場B級グルメ日記】

     今日は地下のレストランコーナーの下辰で、おでんと茶めしをいただきました。おでんは、大根、昆布、がんもどき、こんにゃく、豆腐、ゆでたまごで上品な味、茶めしは少し塩味のついたたきこみご飯で美味しかったです。隠れた名品かも。

    EOS-1Ds MarkⅡⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(280mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F8.0 ISO1250 WB:AUTO

    20060415-NY-11R-1

     人気は、昨年末の中山大障害をぶっちぎりで勝ち、前走の阪神SJも危なげなく勝ったテイエムドラゴンが2.3倍で1番人気、前走のペガサスJSできっちり2着を確保し順調にこのレースに向かってきた11歳馬、オーストラリアのカラジが3.2倍で2番人気、前走のペガサスJSでカラジに土をつけたテレジェニックが11.3倍で3番人気でした。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(280mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F8.0 ISO200 WB:AUTO

    20060415-NY-11R-2

     バルトフォンテン、フォンテラがレースを引っ張りますが(両頭とも競争中止)、テイエムドラゴンは3番手、カラジは中間でレースを進めます。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(195mm) シャッター速度優先 平均測光 1/400秒 F7.1 ISO250 WB:AUTO

    20060415-NY-11R-3

     途中からメジロオーモンドが先頭に出、カラジも早めに動き、テイエムドラゴンを抜き、3番手で最後の直線へ。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(180mm) シャッター速度優先 平均測光 1/400秒 F9.0 ISO250 WB:AUTO

    20060415-NY-11R-4

     4コーナーでカラジが先頭に立つとスコット騎手のオーバーアクションともとれそうな大胆な水車ムチに応え後続を引き離します。直線を向いてからの伸び足はテイエムドラゴンの方が上。懸命にカラジを追いかけますがクビ差及ばずテイエムドラゴンは涙を飲みました。カラジはこのレース2連覇。

    単勝14 320円(2番人気) 馬連8-14 460円(1番人気)三連複7-8-14 1,360円(1番人気)

    20060415-NY-11R-5

     馬券は、-22kgながら、過去の圧倒的な勝ち方が印象に残っていたテイエムドラゴンを軸に、前走のペガサスJS2着で斤量の増量の少ないカラジを本戦に、メジロ勢へ流しました。メジロアービンが連に絡むことを祈っていましたが、カラジが強かった! 1番人気の的中ながらなんとかプラス収支とすることができました。この調子で皐月賞に挑みたいと思います。

    馬・写・道 壁紙倉庫に今日の写真9枚を掲載しました。あわせてご覧下さい。

    |

    2006年4月 9日 (日)

    第66回 桜花賞(GⅠ)

     いよいよクラシックシーズン到来です。今日は桜花賞(GⅠ)。今年の桜花賞は関東馬が8頭も出走し、関東に住む私としては嬉しい限り。しっかり応援してきました。昨日に引き続き黄砂が降っていたものの太陽が照って馬場は暖かい一日でした。明るさも十分で撮影には申し分ない条件でしたが、レース展開は撮影に厳しいものでした。芝・ダートとも良馬場でレースが行われましたが、ダートの上がりは早く、芝の上がりは遅いという不思議な馬場状態でした。

    さぬきやの天ぷらうどん410円とおにぎり1個110円

    20060409-lunch

    【競馬場B級グルメ日記】

     今日は西ウイング2Fのファーストフードコーナーにある「さぬきや」で天ぷらうどんとおにぎりを頂きました。さぬきうどん特有のもちもち感が楽しく出汁の味もGOOD。天ぷらは小さい海老ながら(笑)ころもの味が出汁と非常に合います。大変美味しく頂きました。

    EOS-1Ds MarkⅡⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(235mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO250 WB:AUTO

    20060409-HS-11R-1

     西と東の勢力が西高東低の昨今、桜花賞の人気も西高東低の傾向で、関西馬が1~3番人気を占めました。1番人気はチューリップ賞を勝った連帯率100%のアドマイヤキッスで2.4倍、2番人気はフラワーCで先行馬総崩れの展開で2着に粘ったフサイチパンドラで6.6倍、3番人気は2歳女王のテイエムプリキュアで6.7倍、4番人気にフェアリーS、フィリーズレビューを勝った関東馬ダイワパッションで10.2倍、5番人気にクイーンCを勝った関東馬コイウタで11.6倍でした。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(235mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO250 WB:AUTO

    20060409-HS-11R-2

     予想通り、アサヒライジングがハナを切り、エイシンアモーレ、フサイチパンドラが続く展開。前半3F34.8秒とやや早いペースでレースは流れました。人気馬は後方からのレースとなりました。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(235mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F5.0 ISO250 WB:AUTO

    20060409-HS-11R-3

     直線を向き、アサヒライジングが逃げ粘るところ、早めにアドマイヤキッスが動き、内からコイウタ、外からアドマイヤキッス、アドマイヤキッスが追い出すのを見てからさらに外からキストゥヘヴンが追い出します。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(280mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F5.6 ISO250 WB:AUTO

    20060409-HS-11R-4

     直線でアサヒライジングをコイウタがかわすとすぐに外からアドマイヤキッスがかわし、さらに外からキストゥヘヴンがかわしてゴール。見事キストゥヘヴンが桜花賞を制しました。次々と外から伸びてくる展開は非常に撮影が難しいです。撮影場所がゴール前100mのところだったこともあり、アドマイヤキッスを撮ろうとしたところキストゥヘヴンが写り込んでしまったというのが正直なところ。それでもなんとかお見せできる写真を撮ることができました。

    単勝14 1,300円(6番人気) 馬連8-14 1,550円(5番人気)三連複8-12-14 3,810円(13番人気)

    20060409-HS-11R-5

     馬券は、フラワーCの時に宣言したとおり、アドマイヤキッスから関東馬8頭に流しました。関東馬キストゥヘヴンが勝ち、アドマイヤキッスが2着となり見事馬券をGet! 今年の桜花賞は、フラワーCの勝馬、チューリップ賞の勝馬、クイーンCの勝馬が1~3着馬を占めました。トライアルの勝馬のBOXで三連単も取れたレースでしたね。キッス同士で決まったのも買いやすい馬券だったかも知れません。

    馬・写・道 壁紙倉庫に今日の写真8枚を掲載しました。あわせてご覧下さい。

    |

    2006年4月 8日 (土)

    第49回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)

     今日は阪神JF以来の阪神競馬場にやってきました。晴れの予報でしたが六甲おろしが強く、また全体的に霞んだ天気(黄砂のせい?)。しかし撮影には十分の明るさで阪神競馬場ならではの順光の写真を撮ることができました。芝・ダートとも良馬場でレースが行われました。

    楓林のラーメン410円と若鶏のからあげ510円

    20060408-lunch

    【競馬場B級グルメ日記】

     今日は西ウイング3Fのファーストフードコーナーにある楓林でラーメンと若鶏のからあげを頂きました。からあげは評判通り大変ジューシーであつあつ、とても美味しかったです。ビールに合いそう。ただ、近くのビール屋さんのビールは490円、からあげといっしょに頂くと合計1,000円もしちゃうんでちょっと考えちゃいます。明日馬券が当たったらチャレンジ!

    EOS-1Ds MarkⅡⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(270mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F6.3 ISO250 WB:AUTO

    20060408-HS-11R-1

     今年から新設される牝馬GⅠ、ビクトリアマイルの前哨戦として、この時期に距離を短縮して阪神牝馬Sが開催されることになりました。ラインクラフト、エアメサイア、ショウナンパントルのGⅠ馬3頭が出走して来たため、非常に好メンバが揃いました。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(270mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F7.1 ISO250 WB:AUTO

    20060408-HS-11R-2

     シーイズトウショウとデアリングハートが引っ張る展開、ラインクラフトは3番手、エアメサイアは後方待機でレースは流れました。シーイズトウショウとデアリングハートを買っていた私としては、そのまま行けー!と思いつつレースを見守りました。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(270mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F5.6 ISO250 WB:AUTO

    20060408-HS-11R-3

     直線を向き、早めにラインクラフトが先頭に。非常に安心感のある走りで先頭を突き抜けました。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(270mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F5.0 ISO250 WB:AUTO

    20060408-HS-11R-4

     結局、1分21秒2の好タイムで2着のエアメサイアに0.5秒差ををつけて優勝しました。今日のような落ち着いたレース運びで行けば、1,400m~1,600mではラインクラフトは敵なしかも知れません。

    単勝4 170円(1番人気) 馬連4-12 210円(1番人気)三連複4-10-12 2、210円(7番人気)

    20060408-HS-11R-5

     馬券は、今年から阪神牝馬Sは1,600mから1,400mに短縮になり、春のこの時期に移ってきたことから、高松宮記念で好走した牝馬を中心にしようと決め、高松宮記念2着のラインクラフトと3着のシーイズトウショウを選定、それからひさびさながら昨年の桜花賞、NHKマイルCを好走したデアリングハートを穴馬として3点BOX買いしました。結果はラインクラフト、エアメサイアの1、2着で極めて順当な結果。馬連210円の馬券は買えません。しかし、デアリングハート最下位はどうしたことでしょう。ひさびさで掛かって突っ走ってしまったからでしょうか。

    馬・写・道 壁紙倉庫に今日の写真8枚を掲載しました。あわせてご覧下さい。

    |

    2006年4月 2日 (日)

    第38回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)

     今日は安田記念を目指す馬たちの前哨戦ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)です。古豪VS上がり馬の戦いに興味が集まりました。中山競馬場周辺の桜も満開となり、昨日は絶好の花見日和だったのですが、今日は打って変わってどんよりとした曇り空。風も強く、撮影に厳しい条件となりました。雨の予報でしたがメインレースまでなんとか雨は降らずに済み、コースも芝・ダートとも良馬場でレースが行われました。

     今週から芝はBコースで、コース幅が狭くなったせいか、昨日300mmのレンズで撮影したところ馬の姿がファインダーから溢れてしまう印象を受けたので、今日は少し短めの70-200mmズーム+1.4倍のテレコンで撮影に挑みました。

    翠松楼のネギラーメン 660円

    20060402-lunch

    【競馬場B級グルメ日記】

     今日は地下のファーストフードコーナーの翠松楼でネギラーメンを頂きました。豚骨ベースでサッパリとした醤油味が魅力の翠松楼のラーメンですが、きざんだネギとチャーシューが旨みを増している印象です。チャーシューワンタンメン 660円もお勧め。

    EOS-1Ds MarkⅡⅡ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(195mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO1250 WB:AUTO

    20060402-NY-11R-1

     人気は、東風Sで強い競馬をし、マイル1.32.4の持ち時計があるインセンティブガイが2.5倍の1番人気、今回が昇級戦ながら前走アクアマリンSを勝ち上がったサンデーサイレンス産駒メテオバーストが7.4倍の2番人気、2歳の頃から人気のある藤沢厩舎のサンデーサイレンス産駒キングストレイルが8.2倍で3番人気でした。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(195mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO1250 WB:AUTO

    20060402-NY-11R-2

     予想通りニシノシタンがハナを切り、インセンティブガイ、グランリーオ、キネティクス、ニューベリーが前を行く展開、前半3F35.1秒とそれほど速い流れにならず、前残りの展開かと思いました。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(195mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F5.0 ISO1250 WB:AUTO

    20060402-NY-11R-3

     直線を向き、残り200mを切ったところで、キングストレイルとグレイトジャーニーが一緒に先頭に並び掛かります。しかしグレイトジャーニーの伸び脚がはるかに他の馬より良い。

    EOS-1Ds MarkⅡ Ⅱ + EF70-200mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4xⅡ(195mm) シャッター速度優先 平均測光 1/500秒 F4.5 ISO1250 WB:AUTO

    20060402-NY-11R-4

     結局、上がり3F33.2秒の鬼脚を使ったグレイトジャーニーが1分32秒7の好タイムで2着に1馬身3/4の差をつけて優勝しました。連には絡めませんでしたが、テレグノシスの上がり3F33.1秒も特筆ものです。調教VTRから好調が窺えました。位置取りの差だったと思います。

    単勝11 2,750円(11番人気) 馬連10-11 8,960円(36番人気)三連複5-10-11 225,520円(350番人気)

    20060402-NY-11R-5

     馬券は、持ち時計もよく好調が伝えられたインセンティブガイを軸に、同じく持ち時計が良く、近走から好調が窺えるニューベリー、上がり馬メテオバースト、重馬場になったときに追い込んでくるロードマジェスティ、調教がよく見えたテレグノシス、内田博幸騎手が騎乗することで昨年のニュージーランドT時の脚の復活が期待できるマイネルハーティーへ流しました。結局、サンデーサイレンス産駒の1、2となり、サンデーサイレンスの力を思い知る結果となりました。

    馬・写・道 壁紙倉庫に今週の写真11枚を掲載しました。あわせてご覧下さい。

    |

    « 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »