« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

第26回 ジャパンカップ(GⅠ)

 JC後、風邪をぶり返し2日間寝たきりでした。更新が遅れまして申し訳ありません。お詫びにいつもより多く写真を掲載しています。あの感動を思い起こしていただければと思います。

 

 日曜日は第26回ジャパンカップ(GⅠ)が行われました。23日の時点で西門ではそれほど列が並んでいないなとの印象を持ちましたが、金曜の夜には長蛇の列になっていました。さすがディープインパクト、客の呼べる馬です。だれもがディープインパクトの強い競馬を見たいと思っていたに違いありません。開門は7時40分。天候は非常に暗い曇天の寒い一日でした。

単勝6 130円(1番人気) 馬連6-7 750円(3番人気) 馬単6→7 860円(3番人気) 三連複3-6-7 1,400円(4番人気) 三連単6→7→3 3,830円(12番人気)

20061126-TK-10R-9

 JCDと同様騎手で買うことに。武豊、ルメール、デットーリの三連単BOXで勝負しようと思いましたが、ディープが負けるわけがないと思い直し、ディープを1着付け、2、3着付けにハーツクライ、ウィジャボードとしました。結果はディープが従来の走りを取り戻し完勝、2着には3歳馬最強馬と思っていながら岩田騎手と東京競馬場の相性を懸念して切ったドリームパスポートが入りました。ぼくのサンニッパのフードに貼っているステッカーではないですが「負けて悔いなし」です。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061126-TK-10R-1

 人気は、凱旋門賞失格のうっぷんを晴らしたい武豊騎手騎乗のディープインパクトが1.3倍のダントツの1番人気。国内馬で唯一ディープインパクトに先着したことのあるC.ルメール騎手騎乗のハーツクライが5.8倍で2番人気、L.デットーリ騎手騎乗の欧州代表馬ウィジャボードが9.5倍で3番人気でした。ディープインパクトはデビュー以来最軽量の436kgでしたが、非常に落ち着いていました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061126-TK-10R-2

 久々に前走から+10kgのコスモバルクがハナを切り、2番手にトーセンシャナオー、続いてハーツクライ、フサイチパンドラ、ドリームパスポート、メイショウサムソンと続きます。ディープインパクトは定位置の最後方、ウィジャボードはその前を進みます。前半1000m 61.1秒のスローペースでコスモバルクがマイペースの逃げでレースは進みます。ハーツクライ、ドリームパスポートは前を行く積極策でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061126-TK-10R-3

 3コーナーでディープインパクトが動きます。競馬場は大歓声に包まれます。直線を向き、残り300mまでコスモバルクが逃げ粘りますが、内からドリームパスポート、外からディープインパクトが一気にコスモバルクを交わします。一瞬ドリームパスポートが先頭に立ちますが、ディープインパクトの伸び脚が凄い!一気にディープインパクトがドリームパスポートを交わし、2馬身差をつけて圧勝しました。勝ちタイム2分25秒1、上がり3F 33.5秒の凄い脚でした。この写真でもわかるとおり、1/500秒でシャッターを切っているのですが、被写体ブレを起こしています。それくらい凄い脚でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061126-TK-10R-4

 ウィニングランでのディープインパクトです。ディープインパクトの息はすでに整っていました。恐るべき心肺能力。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F3.2 ISO1000 WB:AUTO

20061126-TK-10R-5

 口取り前に喜びのあまり、万歳三唱を行う武豊騎手。本当に嬉しそうです。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F3.2 ISO1000 WB:AUTO

20061126-TK-10R-6

 ディープインパクトに頬を寄せる武豊騎手。泣かせる一瞬でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061126-TK-10R-7

 口取りでは、武豊騎手、金子真人オーナー共同で6冠達成をアピールしていました。さあ、有馬記念で7冠達成です!

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061126-TK-10R-8

 ジャパンカップの汗撮りを着せられたディープインパクト。けろっとした顔をしていました。

深大寺馬そばの力そば(490円)

20061126-lunch

【競馬場B級グルメ日記】

 本当に寒い一日でした。東京開催最後の締めは深大寺馬そばの力そば。あげたお餅が2個入ってパワーが出ます。満足の一品でした。

|

2006年11月25日 (土)

第7回 ジャパンカップダート(GⅠ)

 JC後、風邪をぶり返し、2日間寝たきりでした。更新が遅れまして申し訳ありません。今週予定していた引っ越しは来週月曜日に延期。体調回復に努めたいと思います。

 

 土曜日は第7回ジャパンカップダート(GⅠ)が行われました。カネヒキリは屈腱炎、アジュディミツオーは骨瘤で離脱、JBCクラシックを勝ったタイムパラドックスは骨折で引退、外国馬不在と非常に寂しいレースとなりましたが、ダート界の新星が誕生しました。一番人気のシーキングザダイヤはまたもGⅠを勝つことができませんでした。天気は快晴、良馬場でレースは行われました。

単勝4 1,520円(7番人気) 馬連4-7 1,550円(7番人気) 馬単4→7 3,720円(14番人気) 三連複4-7-15 5,590円(24番人気) 三連単4→7→15 30,630円(106番人気)

20061125-TK-11R-5

 全然わからないので騎手で買うことに。武豊、ルメール、デットーリの三連単BOXで勝負。武豊騎手騎乗のシーキングザダイヤはいったん先頭に抜け出すもアロンダイトの二の脚に屈しまたも2着。ルメール騎手騎乗のヴァーミリアン、デットーリ騎手騎乗のピットファイターはどこへ行ったのやら。強かったのは未勝利から4連勝中、準オープンを勝ち上がったばかりのアロンダイト。来年のドバイ行きが期待されます。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF2.0xⅡ シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F5.6 ISO640 WB:AUTO

20061125-TK-11R-1

 人気は今度こその願いも込めてシーキングザダイヤが2.3倍の1番人気。距離延長に不安があるものの、今回のメンバではつけいる隙があると思われたGⅠ3勝馬ブルーコンコルドが6.3倍で2番人気、昨年の武蔵野Sでカネヒキリに土を付け、今年の武蔵野Sも復活を思わせる2着だったサンライズバッカスが6.9倍で3番人気でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM + EXTENDER EF2.0xⅡ シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F5.6 ISO640 WB:AUTO

20061125-TK-11R-2

 メイショウバトラーがハナを切り、2番手にフサイチリシャール、つづいてヴァーミリアン、ピットファイター、シーキングザダイヤが続きます。アロンダイトは7番手、ブルーコンコルドは中段後ろ目、サンライズバッカスは最後方から競馬を進めます。直線を向き、残り300mで内からアロンダイト、そとからシーキングザダイヤが先頭に立ちます。残り200mでシーキングザダイヤが先頭に立ちますが、ここでアロンダイトが勝負根性を見せ、一気にシーキングザダイヤを抜き去り、1馬身1/4差をつけてアロンダイトが先頭ゴールインしました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.0 ISO500 WB:AUTO

20061125-TK-11R-3

 ダートGⅠ異例の芝でのウィニングランでした。レンズに付けていた2倍のテレコンをすぐに外し、逆光だったので+1EVオーバー露出にして撮影しました。バックが飛び気味の雰囲気のある写真になったと思っています。この後、後藤騎手は昨年の天皇賞・秋での松永幹夫元騎手を思わせる頭を下げるパフォーマンスを見せていました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F3.5 ISO640 WB:AUTO

20061125-TK-11R-4

 勝ったアロンダイトは、競馬場でいつもお世話になっているリストラキングさんの友人、竜馬さんの出資馬、しかも名付け親です。リストキングさんはしこたま儲けたようです。僕も乗っておけば良かったです(涙)。アロンダイト、どこまで連勝を続けられるか楽しみです。

神山商店のおにぎり茶漬け(230円)と豚汁(360円)

20061125-lunch

【競馬場B級グルメ日記】

 今日はグルメ用のカメラを忘れてきたため携帯で撮りました。画像が悪くて申し訳ありません。いいネタはないかと探したところ、パドック側新スタンド1階にあるおにぎりや神山商店でおにぎり茶漬けなるものを発見。店頭にならんでいる数種類のおにぎりの中から自由に1品おにぎりを選ぶとそれに出汁をかけたおにぎり茶漬けが出てきました。なかなか美味しかったですよ。でもツナマヨのおにぎりには合わないと思います。

|

2006年11月19日 (日)

第23回 マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

 今週は寝過ごすこともなく、無事、夜行バスで京都に行くことができました。ホッ。11月、しかも雨の京都は寒いですね。昨日買ったジャパンカップのフリースを着ていきましたが、それでも寒かったです。今年最後の京都遠征でした。

 

 今日は第23回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)です。雨のマイルCSは久しぶりのような気がします。そういえば、シンコウラブリィが勝ったときは土砂降りの雨でしたね。2着に重馬場の鬼イイデザオウが飛び込んできましたっけ。そんなことを考えつつ馬券検討をしたつもりだったのですが・・・。芝はBコース、天気は朝から小雨が降り、レース直前は比較的強い雨になりましたが、馬場状態は良馬場、高速決着となりました。

単勝10 230円(1番人気) 馬連7-10 650円(1番人気) 馬単10→7 940円(1番人気) 三連複7-10-16 5,440円(12番人気) 三連単10→7→16 15,350円(29番人気)

20061119-KT-11R-5

 マイルCSの軸は外国馬コートマスターピース、前日追いの気迫、名手デットーリを呼び、重実績もあるとくればダンロップ師の本気度は100%と考え、馬単の頭にしました。相手は、差し足強烈なスーパーホーネット、充実一途カンファーベスト、無視は出来ないダイワメジャー、関西の馬場が合っているキンシャサノキセキ、重賞連勝中のデアリングハートに流した。ダンスインザムードは高速決着が予想される今回は切りました。結果は1番人気の決着。昔の堅いマイルCSに戻ったようですね。デットーリは初コースに戸惑ったのでしょうか?不発に終わりました(涙)。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061119-KT-11R-1

 まずは言い訳から。ダンスインザムードの伸び脚がとてもよく見えたんです。ですから最初ダンスを撮影していたのですが、ダイワメジャーとの差が縮まらなくなったので、撮影対象をダイワメジャーに切り替えました。こんな時はだいたい中途半端な写真になってしまいます。しかも非常に暗く、雨の中の撮影、ISO感度1000にしても絞り開放での撮影となってしまったため、シャープさが乏しい写真となっています。マイルCSはもっとも撮影の難しいレースの1つかも知れません。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061119-KT-11R-2

 人気は、左回りも克服し充実一途の皐月賞・天皇賞馬ダイワメジャーが2.3倍の一番人気、デットーリ騎手騎乗で人気が出てしまったコートマスターピースが6.1倍で2番人気、今年に入ってダイワメジャーに苦杯を舐めて続けている武豊騎手騎乗のダンスインザムードが6.7倍で3番人気でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061119-KT-11R-3

 予想通り、ステキシンスケクンがハナを切ります。ダイワメジャーも積極的な競馬。前半1000m 57.5秒のハイペースでレースは流れます。僕の軸馬コートマスターピースは後方からの競馬、この時点で馬券はあきらめました(涙)。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F2.8 ISO1000 WB:AUTO

20061119-KT-11R-4

 直線を向き、早くもダイワメジャーが先頭に立ちます。ダンスインザムードも外からメンバ中最速の上がり3F34.5秒で伸びてきますが、ダイワメジャーも上がり3F35.1秒の脚で追撃を振り切りました。ダイワメジャーは喉なりの手術をしてから本当に強くなりましたね。安藤勝己騎手もダイワメジャーを完全に手の内に入れたようです。もし有馬記念に出走するようであれば、得意の中山コースなので要注意かもしれません。

グランドスワン2Fの19号柱付近の売店 焼きそば(410円)と豚汁(270円)

20061119-lunch-1

【競馬場B級グルメ日記】

 今日は寒かったので、豚汁という看板に惹かれて売店で豚汁と焼きそばを買いました。京都競馬場はグルメには厳しい競馬場です。紹介するネタがない(涙)。いい情報があったら教えてください。

淀駅近くの商店街の惣菜屋さんのコロッケ(1ヶ40円)と串揚げ(1本50円?)、それからガンジー倶楽部のカレーパン

20061119-lunch-2

【競馬場B級グルメ日記(番外編)】

 いつも周りを明るくしてくれるアズマさんからコロッケと串揚げとカレーパンの差し入れがありました。コロッケと串揚げは揚げたてて美味しかったです。淀に来たときはご賞味あれ。ちなみに写っているコロッケと串揚げは僕は1個づつしか食べてませんよ。こんなに食いしん坊ではありません(爆)。

|

2006年11月18日 (土)

第11回 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)

 今日は第11回東京スポーツ杯2歳S(GⅢ)です。午前中は気持ちよい青空でしたが、午後から段々曇り、メインレースのときにはかなり暗い撮影に厳しい条件となりました。今日はL.デットーリ騎手が参戦。デットーリ人気は凄いですね。今週から芝Cコースに変更です。馬場状態は芝良でした。

単勝4 210円(1番人気) 馬連4-12 1,220円(4番人気) 馬単4→12 1,630円(4番人気) 三連複4-8-12 1,050円(2番人気) 三連単4→12→8 5,410円(10番人気)

20061118-TK-11R-5

 人気でもフサイチホウオーに期待しました。ジャングルポケット産駒の出世頭。府中適性は抜群だと思います。相手は連対率100%のフライングアップルと確実に上がり33秒台の脚を使うニシノコンドコソ。デットーリ騎手も怖いのでヴェルトマイスターも押さえました。2連勝中のドリームジャーニーは短い距離での勝利なので今回は見送りした。結果は的中。写真も馬券もバッチリ。気持ち良い一日でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.5 ISO800 WB:AUTO

20061118-TK-11R-1

 人気は荒削りながらジャングルポケット産駒で府中適性抜群と思われるフサイチホウオーが2.1倍で1番人気、2戦2勝の無敗馬ドリームジャーニーが3.7倍で2番人気、1戦1勝の馬ながら鞍上にL.デットーリ騎手を迎えたヴェルトマイスターが6.2倍で3番人気でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.0 ISO1000 WB:AUTO

20061118-TK-11R-2

 パドックを見る限り、フサイチホウオーはデビュー戦と比べてだいぶ大人になったようです。メンコも落ち着かせる役目をしているのでしょう。今日の気配は期待できました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.0 ISO1000 WB:AUTO

20061118-TK-11R-3

 サラトガ、トーセンクラウンが競り気味にハナを切り、3番手にフサイチホウオー、内から4番手にドリームジャーニー、中段にヴェルトマイスター、フライングアップル、後方にニシノコンドコソの位置取り。1000m 61.1秒の平均からスローの展開、前に行った馬が有利のように思えました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F3.5 ISO1000 WB:AUTO

20061118-TK-11R-4

残り200mまでトーセンクラウンが逃げますが、内からドリームジャーニー、外からフライングアップルが伸びてきてトーセンクラウンを交わします。ワンテンポ遅れてフサイチホウオーにゴーサインが出がますが、そこからはフサイチホウオーの勝負根性が素晴らしい。あっという間にドリームジャーニー、フライングアップルを抜き、2着に1/2馬身差をつけて優勝しました。ダービー候補の呼び声もあちこちから聞こえてきました。

京樽 炙り鮪寿司 550円

20061118-lunch

【競馬場B級グルメ日記】

 ネタ切れです。珍しい物がないかと彷徨い、京樽で炙り鮪寿司を見つけました。量に不満がありましたが、味は美味しかったです。この後フランクフルトソーセージを食べてしまいました。

|

2006年11月12日 (日)

第31回 エリザベス女王杯(GⅠ)

 府中で撮影の後、夜行バスで京都入りする予定でしたが、一度自宅に帰ってから寝てしまい、起きたらバスの出発時刻でした。夜行バスの切符を無駄にしてしまいました(涙)。早朝の新幹線で京都入り。高いエリザベス女王杯となってしまいました。でも自分でやってしまったことなので仕方がないですね・・・。もう無理の利かない身体になりつつあるようです。来年は身体と財布と相談しながらだなぁと思いつつ、来週は同じことを繰り返さないようにしたいと決心しています。

 

 今日は第31回エリザベス女王杯(GⅠ)です。新旧の女王対決に注目が集まりました。芝はBコース、天気は猫の目のように雨・曇り・晴れを繰り返しましたが、レースの時には秋の京都独特の逆光が厳しい晴れとなりました。レースは予想もつかない波乱となり、後味の悪いエリザベス女王杯となってしまいました。

単勝15 2,620円(7番人気) 馬連8-15 4,180円(16番人気) 馬単15→8 16,200円(45番人気) 三連複8-11-15 7,980円(26番人気) 三連単15→8→11 92,970円(248番人気)

20061112-KT-11R-5

 当初、新旧女王、カワカミプリンセス、スイープトウショウ馬連一点勝負にしようかと思いましたが、4.7倍じゃ妙味がありません。競馬はそう簡単に決まらないもの。ピークが過ぎたと思われるスイープトウショウを切り、無敗のカワカミプリンセスを馬単の頭にして、大逃げを打ち、前で残りそうなシェルズレイ、後ろから来そうなアドマイヤキッス、ソリッドプラチナム、ディアデラノビア、サンレイジャスパーへ流しました。結果はカワカミプリンセスが強い競馬を見せ1着入線したものの、シェルズレイ、ヤマニンシュクルに不利を与えたとして12着に降着、2着入線のフサイチパンドラが繰り上がりの1着、2着スイープトウショウ、3着ディアデラノビアという波乱となりました。GⅠで1着入線馬が降着になったのはメジロマックイーンの秋天以来のことだと思います。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/640秒 F4.5 ISO200 WB:AUTO

20061112-KT-11R-1

 人気は、無敗の今年の2冠馬カワカミプリンセスと、去年のエリ女の勝ち馬、末脚鋭いスイープトウショウが2.9倍と1番人気を分け合い、トライアルでは勝つものの本番に弱いアドマイヤキッスが8.3倍で3番人気、海外GⅠ制覇を果たした乗ってる岩田康誠騎手騎乗のディアデラノビアが8.8倍で4番人気でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.5 ISO200 WB:AUTO 現像時+1EV増感

20061112-KT-11R-2

 ルメール騎手騎乗のシェルズレイが前半1000m 57.7秒の超ハイペースで大逃げを打つ展開に。中段より後方にカワカミプリンセス、それをマークするかのようにスイープトウショウが走る展開でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.5 ISO200 WB:AUTO 現像時+1EV増感

20061112-KT-11R-3

 直線を向き、本田騎手は勝負どころでカワカミプリンセスの行き脚をつけようとしましたが、前が壁になる位置取り、内に入っても外を回しても後続の馬の進路を防ぐような展開になってしまいました。本田騎手は内に入ることを選択し、上がり3F34.5秒の足を使ってゴール板を駆け抜けましたが、このときに与えた不利のためカワカミプリンセスは12着に降着、2着入線のフサイチパンドラが繰り上がり1着となりました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.5 ISO160 WB:AUTO

20061112-KT-11R-4

 エリザベス女王杯の勝ち馬はフサイチパンドラとなってしまいましたが、カワカミプリンセスの強さは誰もが認めるものだと思います。これにめげずに、これからの競馬界を引っ張っていく存在になってほしいと心から思いました。

グランドスワン4Fの江戸川 鰻丼 890円

20061112-lunch

【競馬場B級グルメ日記】

 淀なのになぜ店の名前が江戸川なのかという疑問を抱きつつ、風邪を引いていたので、精をつけるため、日本料理江戸川で鰻丼をいただきました。価格も安いですが、鰻の量がさびしかったです(涙)。味は美味しかったですよ。

|

2006年11月11日 (土)

第42回 京王杯2歳ステークス(GⅡ)

 今日は第42回京王杯2歳S(GⅡ)です。午後から雨の予報でしたが朝から雨模様、府中の杜も一気に秋が進んだ感じですね。先週から芝Bコースに変わったものの、馬場の内側が荒れているせいか、Cコースを使っているかのようなレースが多かったです。馬場状態は午前中芝良でしたが、午後からやや重になりました。

単勝10 410円(3番人気) 馬連4-10 5,770円(15番人気) 馬単10→4 9,660円(24番人気) 三連複2-4-10 45,410円(88番人気) 三連単10→4→2 198,370円(377番人気)

20061111-TK-11R-5

 過去の実績から、ゴールドアグリ、マイネルレーニア、アドマイヤヘッド、サンダーアロングで決まるだろうと予想し、札幌2歳Sの脚と、血統的背景からアドマイヤヘッドを頭に三連単を購入。結果はマイネルどんぶりの美味しい馬券で、僕はまた馬券下手を披露してしまいました。今回の京王杯2歳Sは第42回、4、10、2を買っておけば大万馬券をGetできたそうです。来年は4、10、3を是非押さえてください(笑)。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.0 ISO800 WB:AUTO

20061111-TK-11R-1

 人気は新潟2歳ステークスの勝馬、絶好調アンカツが騎乗のゴールドアグリが2.8倍で1番人気、札幌2歳S3着のアドマイヤコジーン産駒アドマイヤヘッドが3.4倍で2番人気、新潟2歳S3着馬マイネルレーニアが4.1倍で3番人気、○外のサンダーアロングが6.9倍で4番人気でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F3.5 ISO800 WB:AUTO

20061111-TK-11R-2

 シベリアンクラシカがハナを切り、マイネルフォーグ、ヒシプレミア、マイネルレーニアが続きます。ゴールドアグリは後方3番手、アドマイヤヘッド、サンダーアロングは痛恨の出遅れでした。前半1000m 58.6秒のハイペースでレースは流れます。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F3.5 ISO800 WB:AUTO

20061111-TK-11R-3

 直線を向き、残り400mでマイネルレーニアが先頭シベリアンクラシカを交わします。そとからマイネルフォーグ、内からアロマンシェスが迫ってきますが、後続をクビ差押さえてマイネルレーニアが勝ちました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F3.2 ISO800 WB:AUTO

20061111-TK-11R-4

ハイペースながら先行馬有利の展開でした。馬場状態の影響もあったのかも知れません。ゴールドアグリ、アドマイヤヘッドもよく伸びているんですが、位置取りが後ろ過ぎました。

深大寺馬そば ジャージャーうどん(大盛り) 600円

20061111-lunch

【競馬場B級グルメ日記】

 明日の京都遠征に備えて出費を抑えるため、今日はカップヌードルカレーにしてしまったので、先週食べたジャージャーうどんをご紹介。以前、ジャージャーそばを紹介しましたが、やはりこの具はうどんの方が合っています。ご賞味あれ。

|

2006年11月 5日 (日)

第44回 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)

 土曜日はどんよりと曇り空でしたが日曜日は快晴、絶好の競馬日和でした。Bコースに変わってから、馬場の真ん中、あるいは外目を通ってくる馬が勝つことが多いため、外を注意して写真を撮りましたが裏目に出ました。こんな日もあるものです。馬場状態は良馬場でレースは行われました。

単勝9 410円(1番人気) 馬連4-9 940円(1番人気) 馬単9→4 1,820円(1番人気) 三連複4-6-9 5,090円(16番人気) 三連単9→4→6 19,690円(46番人気)

20061105-TK-11R-5

 トウショウナイト、アイポッパーの組み合わせでは芸がないので、府中実績が光るチェストウイングを馬単の頭にし、ひもにトウショウナイト、アイポッパーの馬単2点勝負。結果はトウショウナイト、アイポッパーの1番人気できまりました。1番人気でも馬連940円は美味しすぎる!失敗した~。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/640秒 F4.5 ISO200 WB:AUTO

20061105-TK-06R-1

【言い訳】府中の場合、馬場が広いせいか最内を通る馬と大外を通ってくる馬が先頭を争うケースが多いです。この場合、どちらを撮るかは一種の賭けのようなもので、外から来る馬を撮ろう決心したときには近くを通る分早くシャッターを切らなければなりません。この写真は今日の新馬戦(6R)の写真で、まさしくこのような展開でした。結果は大外を通ってきたシーレイダースが勝ちました。アルゼンチン共和国杯も同様の展開のように見えたので外を通ってきたドラゴンキャプテンを撮ってしまいました。NHKマイルカップの悪夢が過ぎりました。こればっかりは仕方がありませんでした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.0 ISO400 WB:AUTO

20061105-TK-11R-2

 人気は、札幌日経オープンでコスモバルクに完勝したトウショウナイトが4.1倍で1番人気、念願の重賞制覇へ鞍上教化のアイポッパーが4.4倍で2番人気、府中実績が光るチェストウイングが5.2倍で3番人気、日経賞でゼンノロブロイに先着したことのある隻眼の重賞勝馬ウインジェネラーレが6.7倍で4番人気でした。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F4.0 ISO400 WB:AUTO

20061105-TK-11R-3

 3歳馬アドバンテージがハナを切り、2番手にメジロコルセア、スズジャパン、ブリットレーン、トウショウナイトと続きます。前半1000m58秒台のハイペース。アイポッパー、ドラゴンキャプテンは中段やや後方、チェストウイングは後方からの競馬。後ろから行く馬で決まる予感がしました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF300mmF2.8L IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/500秒 F3.5 ISO400 WB:AUTO

20061105-TK-11R-4

 直線を向き、残り400mで早めにトウショウナイトが先頭に立ちます。その外からアイポッパー、大外からドラゴンキャプテンが追い込んできます。しかし、最後の50mではどの馬も脚色が同じに。2分31分0のタイムで後続にクビ差でトウショウナイトが勝ちました。僕は大外を回ってきたドラゴンキャプテンが届くだろうと踏み、ドラゴンキャプテンを撮ってしまいました。こんな日もあります。

新スタンド1Fホースアイのカレーライス(大盛り) 490円

20061104-lunch

【競馬場B級グルメ日記】

 ゴール前に一番近い売店、新スタンド1Fのホースアイのカレーライスです。普通盛りは390円で量が寂しかったので、試しに大盛りはありますかと尋ねたところ、ありますよと快い返事が。確かな手応えでした。

【お知らせ】FC2の壁紙倉庫は閉鎖しました。古い写真も含めてWING2の競走馬壁紙ライブラリに移行しました。土日の写真の壁紙は本日夜アップする予定です。気長にお待ち下さい(笑)。

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »