« 第42回 サンケイスポーツ賞フローラステークス(JpnⅡ) | トップページ | 第12回 NHKマイルカップ(JpnⅠ) »

2007年4月28日 (土)

第14回 青葉賞(JpnⅡ)

 今日はダービートライアル、青葉賞です。シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、アドマイヤメインなどダービーで好走する馬が多く出ているこのレース、今年はオーシャンエイプス、ナタラージャに期待したのですが、残念な結果に終わってしまいました。午前中は暑いほどの好天でしたが、午後から曇りだし、10Rには真っ黒い雲に包まれ、稲妻が光り、雷は鳴り、風は吹き、雨は降るという大荒れの天気でした。今日ほどEOS-1D MarkⅢが欲しいと思った日はありません。この天気に驚いたのか、メインレースでは本馬場入場で2頭が放馬、レース中人気馬のナタラージャが故障(予後不良)と競馬の方も大荒れでした。芝Aコース、良馬場でレースは行われました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/400秒 F4.0 ISO1000 WB:AUTO +1/2EV増感

20070428-TK-11R-1

 人気は、デビュー戦の印象が強烈だったオーシャンエイプス、ゴールドアリュールの弟ナタラージャ、タニノギムレット産駒で馬場適性が期待できるヒラボクロイヤル、皐月賞組のメイショウレガーロが3桁配当でした。僕も強いオーシャンエイプスを見たいとの気持ちを反映し、オーシャンエイプスからナタラージャ、フィ二ステールへ馬単で勝負しました。

EOS-1Ds MarkⅡ + EF400mmF4 DO IS USM シャッター速度優先 評価測光 1/400秒 F4.0 ISO1000 WB:AUTO +1/2EV増感

20070428-TK-11R-2

 オーシャンエイプスがいい感じでまくってきたので、これは来たか~と期待して見ていましたが、直線を向いてから伸びません。仕方なく、全体を眺めて伸びてくる馬を探していると緑の帽子の勢いがいい。この馬に焦点を合わせてシャッターを押しました。写真を撮っているときは何の馬を撮っているのか分からなかったのですが、撮り終えた後、写真を見ると3番人気のヒラボクロイヤルでした(汗)。僕自身ノーマークの馬だったので正直驚きました。2着に人気薄のスズノマーチの弟トーセンマーチが飛び込み、馬券は万馬券でした。

明日の天皇賞・春は府中で観戦です。ですので写真はありません。ご了承下さい。

EOS-1D MarkⅢの検討(その4)

 ここからはディジタル一眼レフカメラの話です。興味のある方だけお付き合い下さい。

<セイフティシフト機能(訂正)> 4月1日のセイフティシフト機能の説明に誤りがありました。セイフティシフト機能はマニュアルモードでは動作せず、絞り優先(Av)モード/シャッタースピード優先(Tv)モード/プログラム(P)モードでのみ動作するとのことです。動作の概要としては、例えばTvモードで1/500秒に設定したときに、暗くて絞りが開放値になったとしても露出が足りない場合、シャッタースピードを落とす方法(カスタムファンクションCFn.Ⅰ-8(セイフティシフト)を1.する(Tv/Av)に設定)と、シャッタースピードを変えずにISO感度を変える方法(CFn.Ⅰ-8を2.する(ISO感度)に設定)があります。絞り値、シャッタースピード値を決めてISO感度を自動で動かして適性露出を得る方法(以下、ISO感度オート機能と呼びます)は裏技ではありますが可能です。撮影モードをシャッタースピード優先(Tv)モードに設定し、シャッタースピードを決めます。カスタムファンクションCFn.Ⅰ-13(絞り数値の制限範囲の設定)で最少絞り値、最大絞り値を希望する絞り値に設定します。カスタムファンクションCFn.Ⅰ-8(セイフティシフト)を2.する(ISO感度)に設定すれば、ISO感度オート機能が実現します。写真をシャープに撮り、かつ、ボケを美しく撮るには、レンズの開放値から1~2絞り絞った値が理想だと思っています。ですので、僕の場合、開放F値がF2.8の場合はF4.0、開放F値がF4.0の場合はF5.6に設定し、シャッタースピードは1/500秒に設定したいと思っています。早く試してみたいです。

<EOS-1D MarkⅢの取扱説明書> EOS-1D MarkⅢの取扱説明書がPDFファイルで公開されています。公開先はここ。発売より一足早く熟読して、購入して即実践モードに突入です(笑)。

|

« 第42回 サンケイスポーツ賞フローラステークス(JpnⅡ) | トップページ | 第12回 NHKマイルカップ(JpnⅠ) »

EOS-1D MarkIII」カテゴリの記事