« 第28回 ジャパンカップ(GI) | トップページ | アロースタッド(新ひだか町・静内) »

2008年12月14日 (日)

本桐牧場(新ひだか町・三石)

 今日は初の日高の牧場巡り。(年はかなり離れていますが)友人のF氏と一緒にF氏が仲良くしている本桐牧場をメインに、新ひだか町静内にあるレックススタッドとアロースタッドに行ってきました。今日はJRAが毎年この時期に配布する特製カレンダーの配布日ということで、まずはウインズ静内に足を運び、カレンダーをGetし、ついでに阪神JFの馬券を購入。F氏は3連複を取りましたが取りガミだったようです。今日は本桐牧場で見学してきた馬たちの写真を載せました。レックススタッド、アロースタッドで撮った写真は後日掲載いたします。

本桐牧場
スワンプキャットの2008
SXGA / XGA
EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM Av優先モード
評価測光 1/400秒 F5.6 ISO200 WB:AUTO

20081214-1

 本桐牧場は大正8年創業の伝統ある牧場。古くはトキノミノルを生産し、また種牡馬としてハイセイコーの父チャイナロックを繋養していたことでも知られています。現在は功労馬として、華麗なる一族のハギノカムイオー、短距離・ダートで活躍したフジノマッケンオーが繋養されています。ハギノカムイオーはもうすぐ30歳となり、目や外見を見ても高齢であることを隠せませんが、放牧地で元気にしていました。本桐牧場の馬達は功労馬も当歳も非常に人なつっこく、放牧地のラチ沿いに行くと近づいてきて挨拶をしてくれ、牧場の方々が馬を大切に育てていることが伺えました。当歳の目玉はスワンプキャットの2008。母のスワンプキャットはストームキャット産駒でアメリカで5勝をあげています。スワンプキャットの2008の父はハーツクライ、黒鹿毛で二白流星の見栄えのする馬で、私がラチ沿いに行くと他の当歳を連れて率先して私に近づいてきてくれ、リーダーシップのあるところを見せてくれました。当歳っ仔は本当に可愛いですね。無事出走にこぎ着け、活躍してくれることを祈って止みません。

スワンプキャットの2008
SXGA / XGA 

20081214-2

ハギノカムイオー
SXGA / XGA 

20081214-3

ハギノカムイオー
SXGA / XGA 

20081214-4

フジノマッケンオー
SXGA / XGA 

20081214-5

フジノマッケンオー
SXGA / XGA 

20081214-6

|

« 第28回 ジャパンカップ(GI) | トップページ | アロースタッド(新ひだか町・静内) »

牧場巡り」カテゴリの記事