« イーストスタッド(浦河町・西幌別) | トップページ | 第52回 阪神牝馬ステークス(GII) »

2009年3月22日 (日)

メジロ牧場洞爺(洞爺湖町・成香)

 どうもご無沙汰しておりました。この三連休を利用して実家に帰り、そのついでと行っては何ですがメジロ牧場洞爺に行ってきました。今日は残念ながら小雨模様でしたので1歳馬が放牧されているか心配でしたが、元気に放牧に出されていました。お目当てはメジロドーベルの2008の成長した姿とメジロドーベルとメジロライアン。メジロドーベルは昨年不受胎だったということで、この時期洞爺の方に来ていたようですが(既にご存じかと思いますが、メジロ牧場では、伊達牧場で繁殖、洞爺牧場で育成を行っています)、種付け時期が来ていることで残念ながら会うことが出来ませんでした。その代わりに、メジロドーベルの2008以外に、今年デビューするであろう、メジロドーベルの2007(予定名メジロオードリー、父スペシャルウィーク)、メジロラモーヌの血を引くメジロフラックスの2007(予定名メジロニコール、、父フレンチデピュティ)、メジロダーリングの2007(予定名メジロカトリーヌ、父メジロライアン)に会うことが出来ました。皆、無事出走できることを祈るばかりです。

メジロ牧場洞爺
メジロドーベルの2008
SXGA / XGA
EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM 121mm Tv優先モード
評価測光 1/1000秒 F4.5 ISO400 WB:AUTO

20090322-5

メジロドーベルの2008
SXGA / XGA 

20090322-3

メジロドーベルの2008
SXGA / XGA 

20090322-4

メジロドーベルの2008
SXGA / XGA 

20090322-9

 メジロドーベルの2008に会うのは昨年の10月以来です。約半年ぶりの再会ですが、父ディープインパクトに似た流星とあどけない表情ですぐにわかりました。身体は一回り大きくなり、順調に成長しているようです。昨年は甘えっ子のように見えましたが、多くの人に注目され、見られつづけてきたせいか、人が来ても逃げたり近づいてきたりすることはなく、他の1歳馬と比べてもマイペースで、水飲み場の横にあった岩塩をうっとりした表情でずっと舐めていました。馴致は今年の秋、冬から始めるとのことです。

メジロオードリー
SXGA / XGA 

20090322-1

 メジロ牧場の2007年生まれの牝馬はハリウッド女優の名前を付けているようです。メジロオードリーは母メジロドーベル、父スペシャルウィークの2歳牝馬。"オードリー"はオードリー・ヘップバーンから取っているんでしょうが、別の"オードリー"がブレイクしているので、とてもタイムリーな名前ですね(笑)。スペシャルウィーク産駒は何故か牝馬が活躍しています(シーザリオ、ブエナビスタ等)。メジロオードリーも来年の牝馬クラシックの中心にいるといいですね。

メジロカトリーヌ
SXGA / XGA 

20090322-2

 母メジロダーリング、父メジロライアンの2歳牝馬です。"カトリーヌ"はカトリーヌ・ドヌーヴから取っているのでしょうか。生粋のメジロッ仔ですね。おそらくメジロライアンのラストクロップです。ライアンの血、最後にもう一花咲かせて欲しいですね。

メジロニコール
SXGA / XGA 

20090322-6

 母メジロフラックス、父フレンチデピュティの2歳牝馬です。"ニコール"はニコール・キッドマンから取っているのでしょう。母の母はメジロラモーヌ、母父はラムタラということで、今は亡きメジロラモーヌの血を引く馬です。フレンチデピュティ産駒の近年の活躍は目覚ましいですが、フレンチデピュティがラモーヌ、そしてラムタラの血を開花させることができるか、楽しみです。

メジロパーマー
SXGA / XGA 

20090322-7

 メジロ牧場では、現在、メジロティターン、メジロパーマー、メジロライアンが功労馬として繋養されています。10月にメジロ牧場洞爺を訪れたときは3頭とも顔を見せてくれませんでした。今回はティターンの姿を見ることは出来ませんでしたが、パーマー、ライアンは元気な姿を見せてくれました。いまでも凛々しい顔をしていました。

メジロライアン
SXGA / XGA 

20090322-8

 メジロライアンもメジロパーマーと同様にとても元気で、耳をこちらに向けじっとこちらの様子を伺っていました。非常にファンの多い馬です。元気に長生きして欲しいものです。

|

« イーストスタッド(浦河町・西幌別) | トップページ | 第52回 阪神牝馬ステークス(GII) »

牧場巡り」カテゴリの記事