« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

第76回 東京優駿(日本ダービー)(JpnI)

 先週に引き続き、牡馬クラシック二冠達成の瞬間に立ち会うべく東京競馬場に行ってきました。金曜日から降り続いた雨は土曜日から日曜の朝にかけてあがったものの、昼から土砂降りの雨となり、パンツまでびしょ濡れになってしまいました。こんなに荒天で不良馬場の日本ダービーは私の記憶にはありません。このべちゃべちゃの馬場状態が明暗を分けたのでしょうか、アンライバルドの二冠達成の夢は砕け散りましたが、それにも増して関東のファンが待ち望んでいたドラマチックな結果が待ち受けていました。


2009年5月31日() 第3回東京4日目 雨 芝C・稍重→不良
10R 東京優駿(日本ダービー)(JpnI) (芝2400m)
ロジユニヴァース  (横山典弘)
SXGA / XGA
EOS-1D MarkIII + EF400mm F2.8L IS USM Tv優先モード
評価測光 1/640秒 F3.2 ISO800 WB:AUTO 一脚使用
20090531-10R21
レース写真
SXGA / XGA
20090531-10R1
ゴール前
SXGA / XGA
20090531-10R3
ウイニングラン
SXGA / XGA
20090531-10R4

 土砂降りの雨も日本ダービー直前に小雨となり、競馬の祭典の舞台は整いました。皐月賞で大敗したロジユニヴァースは+16kgで馬体を戻し、トモの張りは皐月賞と比較して見ちがえて良く見えました。一方、皐月賞馬アンライバルドは少し気合いが入りすぎているようで、待機所からゲートへ向かうアンライバルドの姿がターフビジョンに映し出されたときの大歓声でさらに入れ込みが激しくなったように見えました。ジョーカプチーノが不良の馬場状態にもかかわらず前半1000m 59.9秒の捨て身の大逃げを打ってくれたせいか、リーチザクラウンは離れた2番手でしっかりと折り合い、ロジユニヴァースは最内の経済コースを3番手で追走します。アンライバルドはいつもの通り後方待機、直線に勝負を掛けますが、直線を向いて既に手応えがなく、あえなく二冠の夢は消えてしまいました。直線を向き早めに武豊騎手騎乗のリーチザクラウンが先頭に立つところ、その内から横山典弘騎手騎乗のロジユニヴァースが並ぶ間もなくリーチザクラウンを突き放し、リーチザクラウンに4馬身の差をつけて日本ダービーを制しました。場内はロジユニヴァースの強さに酔いしれ、横山典弘騎手に惜しみない拍手を送っていました。柴田政人騎手がウイニングチケットでダービーを制したとき、そして河内洋騎手がアグネスフライトで制したときの感情と同じものが私の中にありました。本当に横山典弘騎手がダービーを勝てて良かった。関東馬そして関東所属のジョッキーがダービーを制したのは12年ぶりだそうです。ロジユニヴァース、そして横山典弘騎手、感動をありがとう!

20090531-04R
4R 3歳未勝利(芝1400m)アイティムサシ(岩田康誠)
 2番人気のアイティムサシが勝利しました。父プリサイスエンドは日高ブリーダーズスタリオンで見せてもらった可愛らしい馬。ちょっとだけ嬉しいです。
SXGA / XGA
20090531-05R
5R 3歳500万下(芝2000m)シングンレジェンド(武士沢友治)
 1番人気のシングンレジェンドが人気に応え後続に1/2馬身の差をつけて勝利しました。このレースの後土砂降りの雨になりました…。
SXGA / XGA
20090531-07R
7R 4歳上500万下(芝1600m)モンテフェニックス(四位洋文)
 土砂降りの雨の中9番人気のモンテフェニックスが快勝しました。今年はダービーに参加出来なかった四位洋文騎手が気を吐きました。
SXGA / XGA
20090531-08R
8R 青嵐賞(芝2400m)メインストリーム(内田博幸)
 断然1番人気のメインストリームが人気に応えました。タイム2分35秒7。日本ダービーのタイムも2分30秒を越えそうです。
SXGA / XGA
20090531-09R
9R むらさき賞(芝1800m)デストラメンテ(蛯名正義)
 14番人気のデストラメンテが最内で逃げ粘る12番人気のシルポートをゴール前で差し、勝利しました。馬連77,740円の好配当。

SXGA / XGA
12R 目黒記念(GII) (芝2500m)
ミヤビランベリ  (北村友一)
SXGA / XGA
EOS-1D MarkIII + EF400mm F2.8L IS USM Tv優先モード
評価測光 1/400秒 F2.8 ISO2000 WB:AUTO 一脚使用
20090531-12R

 小降りになった雨が再び強くなり、そんな雨の中目黒記念は行われました。もうこの馬場状態では重の巧拙が勝負を分けたのではないかと思います。勝ったのは北村友一騎手騎乗の昨年のサマー2000シリーズを制した8番人気のミヤビランベリでした。北村友一騎手は昨年のシェーンバルトでのデイリー杯2歳Sに続く重賞2勝目、着実に実力をつけてきています。今後の活躍に注目です。


2009年5月30日() 第3回東京3日目 雨のち曇 芝C・重→稍重

20090530-03R
3R 3歳未勝利(芝1800m)マツリダガッツ(内田博幸)
 単勝1.4倍の断然の1番人気マツリダガッツが人気に応え後続に2馬身の差をつけて完勝しました。

SXGA / XGA
20090530-05R
5R 3歳未勝利(芝2300m)ベルウッドローツェ(的場勇人)
 4番人気のベルウッドローツェが後続に5馬身の差をつけて完勝。ダイタクリーヴァの産駒が2300mのレースを勝つのですから競馬は面白い。
SXGA / XGA
20090530-07R
7R 3歳500万下(芝1400m)ファイアーフロート(三浦皇成)
 2番人気のファイアーフロートが三浦皇成騎手のエスコートで2勝目を挙げました。4戦2勝、今後も期待できるのではないでしょうか。
SXGA / XGA
20090530-08R
8R 4歳上500万下(芝2400m)ヒカルマンテンボシ(後藤浩輝)
 2番人気のヒカルマンテンボシが後続に2馬身1/2の差をつけて完勝。今週からCコースですが、内が残る展開が多いような気がします。
SXGA / XGA
20090530-09R
9R 葉山特別(芝1600m)サザンギャラクシー(横山典弘)
 テン乗りの横山典弘騎手が2番人気のサザンギャラクシーを勝利に導きました。明日の日本ダービーに向けて弾みになったのではないでしょうか。
SXGA / XGA

|

2009年5月24日 (日)

第70回 優駿牝馬(オークス)(JpnI)

 牝馬クラシック二冠達成の瞬間に立ち会うべく東京競馬場に行ってきました。朝から雨が降り続け、天気・馬場とも悪い状態でオークスが行われるのか心配しましたが、レース直前で雨が止み、また馬場が大きく悪くなることもなくレースは行われました。桜花賞馬ブエナビスタは単勝1.4倍の断然の1番人気、先週のヴィクトリアマイルのウオッカが1.7倍でしたからいかに多くの方がブエナビスタの二冠達成に期待を寄せていたか窺い知ることが出来ます。馬券的妙味は全くないレースとなりましたが、本当に素晴らしいレースでした。


2009年5月24日() 第3回東京2日目 雨のち曇 芝B・良
11R 優駿牝馬(オークス)(JpnI) (芝2400m)
ブエナビスタ  (安藤勝己)
SXGA / XGA
EOS-1D MarkIII + EF400mm F2.8L IS USM Tv優先モード
評価測光 1/800秒 F3.2 ISO400 WB:AUTO 一脚使用
20090524-11R1
レース写真
SXGA / XGA
20090524-11R2
レース写真
SXGA / XGA
20090524-11R3
バストアップ
SXGA / XGA
20090524-11R4
ウイニングラン
SXGA / XGA
20090524-11R5
優勝レイ姿
SXGA / XGA
20090524-11R6
口取り
SXGA / XGA
20090524-11R7

 ブエナビスタだけを見ていました。距離が2400mに伸びようが平均ペースだろうがまったく関係ない後方待機策、自分の競馬に徹した安藤勝己騎手のブエナビスタに対する絶大な信頼とそれに応えたブエナビスタの強さにただただ感動しました。今の府中の馬場は外からの追い込みは届かない印象を持っていただけに、計ったようなのその脚はシスタートウショウを思い出させました。初の長距離輸送、体重を8キロ減らしていたので入れ込んでいないか心配しましたが、その心配は彼女にはまったく無用でした。古馬のような落ち着き、騎手の指示に従う素直な気性、レースが終わった後でもケロッとしている心肺機能、すべてが飛び抜けて素晴らしいと思います。日本での牝馬三冠の達成も見てみたいですが、凱旋門賞で勝つ姿も見てみたい。そんな贅沢な夢を見させてくれる馬ですね。凱旋門賞に向けての課題はアンカツの減量でしょうか(笑)。

20090524-04R
4R 3歳未勝利(芝1600m) ヒルトップシーン(安藤勝己)
 惜敗続きだったサンデーレーシングのヒルトップシーンがアンカツのエスコートで初勝利。今年に入って俄然マンハッタンカフェ産駒の活躍が目立つようになってきました。
SXGA / XGA
20090524-05R
5R 3歳未勝利(芝2000m) キングスビレッジ(三浦皇成)
 またまたサンデーレーシングのキングカメハメハ産駒のキングスビレッジが単勝1.3倍の人気に応えて完勝。今日はサンデーレーシングデーですね。
SXGA / XGA
20090524-08R
8R ガーベラ賞(芝1400m) ワールドコンパス(松岡正海)
 4番人気の斉藤四方司氏のワールドコンパスが快勝。斉藤四方司氏と松岡正海騎手といえばハシッテホシーノのコンビですが、今回は相手が強すぎましたね。
SXGA / XGA
20090524-09R
9R 秩父特別(芝2000m) フライングメリッサ(安藤勝己)
 2番人気のフライングメリッサが快勝。安藤勝己騎手はオークスを含め今日3勝の固め打ち。安藤勝己騎手にとって府中は自分の庭みたいなものなのでしょうね。
SXGA / XGA

2009年5月23日() 第3回東京1日目 晴のち曇 芝B・良

20090523-05R
5R 3歳未勝利(芝1800m) コロンバスサークル(田中勝春)
 牝馬限定の未勝利戦はホワイトマズル産駒の2番人気コロンバスサークルが快勝。

SXGA / XGA
20090523-06R
6R 3歳未勝利(芝1400m) ディナルアルプス(内田博幸)
 単勝1.9倍のサクラバクシンオー産駒ディナルアルプスが後続に1馬身1/2の差をつけて完勝。バクシンオー産駒は走りますね。
SXGA / XGA
20090523-08R
8R 4歳上500万下(芝1400m) マイネルカーロ(三浦皇成)
 初勝利以来勝ちあぐねていたマイネルカーロが三浦皇成騎手のエスコートで初勝利から27戦目で2勝目を挙げました。
SXGA / XGA
20090523-09R
9R カーネーションカップ(芝1800m) リコリス(蛯名正義)
 人気は金子真人ホールディングスのノースフライト産駒ハウオリでしたが、勝ったのは4番人気シンボリクリスエス産駒のリコリスでした。
SXGA / XGA
20090523-11R
11R フリーウェイS(芝1400m) ファルカタリア(柴田善臣)
 テン乗りの柴田善臣騎手騎乗のファルカタリアが豪快に差し切り快勝。気温が上がるに従って柴田善臣騎手の調子も上がってきたようです。
SXGA / XGA

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »