« 札幌日経オープン | トップページ | シルバーウィーク日高牧場巡りの日帰り旅 »

2009年9月12日 (土)

しずないロマン・ロード号(新ひだか町・新冠町)

2009年9月12日() 新ひだか町・新冠町 薄曇り

 例年だと9月の土日は札幌競馬の撮影のため、土曜日に日高に行くことができません。今年の札幌競馬は9月6日に終わったので、これ幸いにということで、9月いっぱいで終わってしまう観光周遊バスしずないロマン・ロード号に乗ってきました。8月・9月の2ヶ月間の土曜日のみの運行で、9:50~15:30の間にレックススタッド・アロースタッド・ライディングヒルズ静内・ビッグレッドファームを巡るという充実のプログラムです。特筆すべきは、15:00~16:00の時間帯だけ一般公開されるため厩舎にいる種牡馬の姿しか見ることができないアロースタッドが午前中の放牧中の時間帯に見学出来ることです。これだけでもロマン・ロード号に乗る価値はあると思います。この短時間に何と42頭もの種牡馬・功労馬の写真を撮ることができました。ご覧になっている皆さんには大変迷惑な話だとは思いますが(汗)、撮った写真42頭分一挙公開します。お昼はウィンズ静内で競馬を鑑賞しつつバスのガイドの方お勧めの新ひだか町名物のつぶめし(\400)を頂きました。とても美味しゅうございました。

 今回ほとんど3分間隔くらいで放牧地を駆け巡り、種牡馬の写真を撮りまくりましたが、どの写真がどの馬なのか分からなくならないように、初めてカメラに付いている録音機能を使用しました。連射した最後の写真に対して何という馬かを録音するのです。はじめはカメラに録音機能なんて何に使うんだろうなんて思っていましたが、使ってみると非常に便利。ぜひ活用してみてください。

レックススタッド(新ひだか町・静内)

 最初の訪問先は、静内の桜の名所・二十四間道路の入り口にあるレックスタッドでした。残念ならが偶然にも削蹄の日と重なったため、足下を汚さないために2つある厩舎のうち厩舎1にいる馬達は馬房の中。しかしながらガイドさんが交渉してくれて厩舎内を見せて頂くことができました。私はと言えば、滞在時間が30分と限られていたので、厩舎内には入らず、放牧されていた馬達の撮影に走り回っていました。

 
テレグノシスSXGA/XGA
20090912-01

 削蹄の日とあって、厩舎前で身体を洗ってもらっていました。ホースから出る水を目で追いかけている姿が愛らしかったです。テレグノシスの産駒は来年デビュー。あの豪快な末脚を秘めた子供達の活躍が今から楽しみです。
 
ザッツザプレンティSXGA/XGA
20090912-02

 一瞬だけですが厩舎から顔を出してくれました。ダンスインザダークの血を引く種牡馬として活躍が期待されます。産駒は今年デビュー、8月9日の新潟競馬で産駒のシーズバレンタインが2歳未勝利を勝ち上がりました。
 
ヒシミラクルSXGA/XGA
20090912-03

 ヒシミラクルは外が気になるのかたびたび顔を出して愛想を振りまいていました。初年度産駒は今年デビュー、種付け頭数は少ないですが、ヒシミラクルが持っていた強運を産駒にも受け継いで欲しいですね。
 
エイシンワシントンSXGA/XGA
20090912-04

 種牡馬になって11年、産駒は堅実な走りをしていますが、未だ重賞には手が届いていません。種牡馬としての評価は定まりつつありますが、もう一花咲かせてもらいたいですね。
 
モルフェデスペクタSXGA/XGA
20090912-05

 ○外でバーデンバーデンCなど短距離で良績を残したモルフェデスペクタ。母系にビリーヴがおり、産駒の短距離界での活躍が期待されます。種牡馬になって4年目、中央競馬での産駒の活躍を期待します。
 
ショウナンカンプSXGA/XGA
20090912-06

 高松宮記念を逃げ切り、GI勝ちを収めたショウナンカンプ。産駒はオープン勝ちはいるものの重賞にはなかなか手が届かないようです。サクラバクシンオーの後継種牡馬として頑張ってもらいたいですね。
 
コパノフウジンSXGA/XGA
20090912-07

 今年レックススタッドに種牡馬入りしたコパノフウジン。重賞勝ちはないものの芝・ダートとも短距離で良績を残しました。父ヘネシーは世界各地でGI勝ちを収めているため、それに期待しての種牡馬入りでしょう。父を越える産駒が生まれるか注目です。
 
ヤマニンゼファーSXGA/XGA
20090912-08

 安田記念を連勝、天皇賞・秋では馬券を取らせてもらったヤマニンゼファーも種牡馬入りして15年。産駒ではサンフォードシチーが武蔵野Sを勝ちましたが、アグネスデジタルに勝ったこの一勝は価値のあるものでした。父を越える産駒がそろそろ登場して欲しいですね。
 
ヤマニンリスペクトSXGA/XGA
20090912-09

 サンデーサイレンスの血を引くヤマニンリスペクト。函館記念を勝ち、2000mの重賞を好走しました。サンデーサイレンスの血を期待しての種牡馬入りだと思いますが、産駒はなかなか良績は残せていないようです。
 
スマートカイザーSXGA/XGA
20090912-10

 サンデーサイレンス産駒のスマートカイザーはセレクトセールで1億8500万円の高馬でした。3勝しか挙げることはできませんでしたが、良血を期待されて今年レックススタッドで種牡馬入り。
 
サクラチトセオーSXGA/XGA
20090912-11

 トニービン産駒のサクラチトセオーは天皇賞・秋を勝ち、その年の最優秀古牡馬に輝きました。1999年の2歳新種牡馬リーディング2位、ラガーレグルス・ナムラサンクスなどの重賞勝馬も生まれました。まだまだ頑張れそうですね。

アロースタッド(新ひだか町・静内)

 レックススタッドから車で5分くらいのところにアロースタッドがあります。訪問したときには、繋養されている種牡馬のほとんどが放牧に出されているとのことで、僅か45分の間にすべての馬を写真に納めるべく大急ぎで各放牧地を回りました。おかげでルーブルアクト以外は写真に納めることができました。

 
サンライズペガサスSXGA/XGA
20090912-12

 真っ先に出迎えてくれたのがサンライズペガサスです。サンデーサイレンスの血を引き、天皇賞・春、秋の前哨戦となるGIIを3勝しました。故障で長い間休養していたこともあり、これがなければGIにも手が届く器だったと思います。父の果たせなかった夢を継ぐ産駒の登場が待たれます。
 
スズカフェニックスSXGA/XGA
20090912-13

 高松宮記念や東京新聞杯など1200~1600mの短い距離で活躍したスズカフェニックス。サンデーサイレンスの血を引きながら短距離での良績が目立つ馬でした。昨年アロースタッドに種牡馬入り。産駒のデビューは2年後でしょうか。楽しみです。
 
サブミーカーSXGA/XGA
20090912-14

 不出走ながら、母マイケイティーズ、半兄にアドマイヤムーンがいる良血。サクラバクシンオーの後継種牡馬としての期待もあります。昨年種牡馬入りして今年初仔が生まれました。2年後の産駒の走りが楽しみです。
 
スーパーライセンスSXGA/XGA
20090912-15

 サンデーサイレンス産駒として初のGIの勝馬でかつ種牡馬としても成功しているフジキセキの半兄になります。地方競馬では産駒の勝利は伝えられていますが、中央競馬ではまだのようです。
 
バランスオブゲームSXGA/XGA
20090912-16

 GIIコレクターの異名を取ったバランスオブゲーム。フサイチコンコルドの後継種牡馬としての期待も大きいと思います。現役の頃はシャドウロールは付けていませんでしたが、この青いのはシャドウロールなんでしょうかね?
 
サウスヴィグラスSXGA/XGA
20090912-17

 エンドスウィープの後継種牡馬として初年度産駒の出走55頭のうち33頭が勝ち上がったサウスヴィグラス。種牡馬としての地位も確固としたものになりつつあります。産駒は地方競馬での良績が目立ちますが、中央競馬で走っている産駒にも注目です。
 
スズカマンボSXGA/XGA
20090912-18

 雨の天皇賞・春を人気薄ながら勝った記憶はまだ私には新しいです。父サンデーサイレンス、母父キングマンボとこれでもかっていう血統。初産駒は来年デビューです。
 
サクラローレルSXGA/XGA
20090912-19

 天皇賞・春では三冠馬ナリタブライアンを破り、有馬記念ではマヤノトップガン、マーベラスサンデーと3強対決を制したサクラローレル。産駒としてはロングプライド、サクラセンチュリーが重賞を制しています。今は非常に穏やかな表情をしています。
 
ブライアンズタイムSXGA/XGA
20090912-20

 もう何も言わなくてもいいでしょう。ナリタブライアン・サニーブライアンの2頭のダービー馬を輩出したブライアンズタイム。サンデーサイレンス・トニービンという優秀な種牡馬とともに一時代を築きましたが、この2頭がいない現在もまだまだ種牡馬として現役でがんばっています。素晴らしい種牡馬です。
 
アジュディケーティングSXGA/XGA
20090912-21

 何故か地方競馬で産駒が良績を残しているアジュディケーティング。代表産駒は言わずと知れたアジュディミツオーですが、今年の南関牝馬2冠のネフェルメモリーも輩出しています。中央競馬での活躍馬が現れることを期待しています。
 
フサイチリシャールSXGA/XGA
20090912-22

 クロフネ産駒として初めてGIを勝ったフサイチリシャール。クラシックでは活躍することができず早熟かと思いましたが、その年の年末に第1回阪神カップ1400mの勝馬にもなりました。母はサンデーサイレンス産駒のフサイチエアデール、今年から種付けを始めました。どのような仔が出てくるか楽しみです。
 
トーホウエンペラーSXGA/XGA
20090912-23

 東京大賞典・マイルチャンピオンシップ南部杯を勝った地方競馬の雄トーホウエンペラー。ブライアンズタイム後継種牡馬として2006年の地方ファーストシーズンサイアーとなりました。父を越える活躍馬が出るといいですね。
 
ロイヤルタッチSXGA/XGA
20090912-24

 ラジオ短波3歳S、きさらぎ賞を勝ち、クラシックでも良績を残したウイニングチケットの半弟でサンデーサイレンス産駒のロイヤルタッチ。種牡馬としても牝馬重賞路線を盛り上げたアサヒライジングを輩出しています。更なる活躍を期待しています。
 
ウォーターリーグSXGA/XGA
20090912-25

 アメリカで成功した種牡馬デヒア産駒で中央で6勝を挙げたウォーターリーグ。父の血を繋ぐべく日本で種牡馬入りしました。産駒は来年デビューです。
 
スマートボーイSXGA/XGA
20090912-26

 非常に人なつっこいスマートボーイ。近づくと顔を上げて挨拶してくれました。現役時はアンタレスS2勝・平安S2勝・マーチSを勝ちダート路線を賑わせました。ダートでの活躍馬が生まれることを期待しています。
 
フサイチホウオーSXGA/XGA
20090912-27

 皐月賞で鬼脚を使い3着、ダービーでは1番人気に推されるもののウオッカに後背を舐めたフサイチホウオー。ジャングルポケットの初年度産駒としても注目されました。引退時乗馬と伝えられましたが、全妹トールポピーの活躍で種牡馬入りした経緯があります。トニービン→ジャングルポケット→フサイチホウオーと血が繋がっていくことを期待します。
 
パラダイスクリークSXGA/XGA
20090912-28

 地味ではありますが、中央でテイエムプリキュアでGIを勝ち、地方ではカネツフルーヴで帝王賞・川崎記念を勝ち、芝・ダートとも走る仔が生まれています。これからも活躍馬が出てきそうですね。
 
シニスターミニスターSXGA/XGA
20090912-29

 エーピーインディ系でアメリカのGI・ブルーグラスSを制したシニスターミニスター。日本では馴染みは薄いですが、昨年アロースタッドで種牡馬入り。初産駒は再来年デビュー予定。ダートでの活躍馬が現れることを期待しています。
 
ワイルドラッシュSXGA/XGA
20090912-30

 近づくと噛みつこうとするやんちゃなワイルドラッシュは今日は眠いのか近づいてもぴくりともしませんでした。出馬表を見てワイルドラッシュ産駒が多いことに改めて気付かされます。ダートではパーソナルラッシュがダービーグランプリでGIを取りました。次は芝で大きいところを取って欲しいですね。

ライディングヒルズ静内(新ひだか町・真歌)

 ライディングヒルズ静内は新ひだか町の高台にあり、非常に見晴らしのいい場所で乗馬を楽しむことができます。紙コップに入った人参スティックを\100で販売しており、その人参を直接繋養されている馬達にあげることができます。もちろんサクラユタカオーにも直接あげることができ、ユタカオーもそれを知っているのか、人が来るとしきりに人参を催促していました。

 
サクラユタカオーSXGA/XGA
20090912-31

 類い希なるスピードで天皇賞・秋を日本レコード勝ちしたサクラユタカオー。種牡馬としても5頭のGI馬を輩出するなど、父内国産馬として大成功を収めました。今年で28歳になるユタカオーですが、年齢を感じさせない表情でとても元気そうでした。まだまだこれからもファンに元気な姿を見せて欲しいですね。

ビッグレッドファーム(新冠町・明和)

 午後は今日最後の訪問地、広大な敷地を誇るビッグレッドファームを見学してきました。新冠のサラブレッド銀座を通り、新冠の明和地区の代表的な牧場となっています。事務所はビッグレッドファーム内から競売に掛けられていた明和小学校跡に移っているとのことです。今年前半まで繋養されていたゼンノエルシドは青森の山内牧場へ、ステイゴールドはアドマイヤマックスと入れ替わるような形で日高町門別のブリーダーズスタリオンSに移っていますので注意してください。何しろ敷地が広い!45分の見学時間でしたがぜんぜん足りませんでした。次に訪れるときはロージズインメイをゆっくりと撮影したいと思っています。

 
アグネスデジタルSXGA/XGA
20090912-32

 これほど芝とダートの両方で大活躍した馬を私は知りません。アグネスデジタルの芝・ダート両方で力を出せる特徴は産駒にも伝えられており、芝ではシンザン記念をドリームシグナル、札幌記念ではヤマニンキングリーが勝ち、ダートではユビキタスがユニコーンSを勝っています。これからもアグネスデジタル産駒から目が離せません。
 
マイネルセレクトSXGA/XGA
20090912-33

 JBCスプリントを勝ち、ダートの短距離路線で活躍したマイネルセレクト。父フォーティーナイナーからはダート適性を祖母ハギノトップレディからはスピードを受け継いだのでしょう。フォーティーナイナーの後継種牡馬は何故か芝で良績を残しています。マイネルセレクトからはどのような仔が出てくるか楽しみです。
 
スパイキュールSXGA/XGA
20090912-34

 サンデーサイレンス産駒としてダートで抜群の強さを誇ったスパイキュール。オープン特別を勝ち、いよいよ重賞路線へというところで骨折、種牡馬入りしました。サンデー系のダートの活躍馬としてはゴールドアリュールがいますが、これに続いて種牡馬として活躍馬を出して欲しいですね。
 
ロサードSXGA/XGA
20090912-35

 いわゆる薔薇一族の一頭として知られたロサード。6年間の長きに渡り現役生活を続け、重賞も4勝しました。2004年から種牡馬入りし、一昨年からビッグレッドファームで繋養されています。まだ目立った活躍馬は出ていませんが、ビッグレッドファームに移り、環境が変わった効果を期待したいですね。
 
イブンベイSXGA/XGA
20090912-36

 英国馬としてGIを4勝し、ホーリックス-オグリキャップで世界レコードが飛び出した伝説のジャパンカップに出走、翌年のジャパンカップを出走後引退、日本で種牡馬入りしたイブンベイ。種牡馬としては良績を残せませんでしたが、ビッグレッドファームで功労馬として繋養されています。まだまだ若々しい馬体で、気持ちよさそうに牧草をはんでいました。
 
イーグルカフェSXGA/XGA
20090912-37

 3歳時にNHKマイルCを岡部騎手で勝ち、5歳時にデットーリ騎手で中山競馬場で行われたジャパンカップダートを勝ったイーグルカフェ。まだ目立った馬は出ていませんが、今年の札幌でミスクリアモンが500万下を勝つなど、地味ながら頑張っているようです。
 
マイネルラヴSXGA/XGA
20090912-38

 今年の天皇賞・春を制したマイネルキッツが出るまでは、マイネルラヴはラフィアンの古馬の唯一のGI馬でした。タイキシャトルの引退レースだったスプリンターズSでタイキシャトルを差しきった脚は見事でした。産駒としてもマイネルハーティー・コスモフォーチョン・コスモヴァレンチなど重賞勝馬を輩出しています。これからも活躍馬を出していくことでしょう。
 
アドマイヤマックスSXGA/XGA
20090912-39

 サンデーサイレンス産駒として初めて高松宮記念を制したアドマイヤマックス。ステイゴールドと入れ替わる形で2年おきにブリーダーズSSとシャトル繋養されるようで、今年の冬はブリーダーズSSで会いましたが、今回ビッグレッドで再会することができました。初年度産駒のコスモソルスティスが札幌競馬初日に勝ち上がるなど種牡馬として順調な出だしです。
 
メジロベイリーSXGA/XGA
20090912-40

 レンズが望遠だったので距離を置いて撮影しようと離れた柵のところに行くとこちらに突進してくるメジロベイリー。全体を納めた写真は撮れませんでした(笑)。朝日杯を制した後骨折で3歳時に出走が叶わなかったベイリーでしたが、兄のメジロブライトが早逝したこともあったのでしょう、種牡馬入り。良い仔を出して欲しいですね。
 
タイムパラドックスSXGA/XGA
20090912-41

 アドマイヤドンの良きライバルとしてダートGIを盛り上げたタイムパラドックス。GI5勝と素晴らしい成績を残しました。ブライアンズタイムの後継種牡馬としてブライアンズタイムのダート適性を産駒に伝えていって欲しいですね。
 
ロージズインメイSXGA/XGA
20090912-42

 ホイットニーハンデキャップ、ドバイワールドカップのGIを2勝し、2006年からビッグレッドファームで種牡馬入り。漆黒の馬体は非常に見栄えがし、素人の私でさえ走る仔が出るだろうと感じます。期待に違わず、今年デビューの初年度産駒はぞくぞくと勝ち名乗りを受けています。今回は時間がなく、顔のアップしか撮影できませんでしたが、次はゆっくりロージズインメイの撮影をしたいと思っています。

|

« 札幌日経オープン | トップページ | シルバーウィーク日高牧場巡りの日帰り旅 »

牧場巡り」カテゴリの記事