« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月26日 (日)

第2回札幌5日目・6日目

2010年9月26日() 第2回札幌6日目  芝B・良 ダ・良

 今週は札幌でオープンのレースがないのでちょっとお遊び。以前からデジカメWatchのこの記事が気になっていましたが、今日初めてチャレンジしてみました。


2R 2歳未勝利(芝1800m)スピードリッパー(吉田隼人)

20100926-Kizai
EOS-1D MarkIVとIXY DIGITAL 220 ISをボールヘッドシューでつなぎ、EOS-1D MarkIVで写真を撮っている間IXY DIGITALで動画撮影してみました。動画の方はやってくる被写体にピントが追いついていませんが、競馬場の雰囲気とか競馬写真を撮っている臨場感がシャッターの音から伝わるかなと思います。


20100926-01R
1R 2歳未勝利(芝1200m)アスターウィング(勝浦正樹)
このレースが初出走の2番人気アスターウィングが外から5頭をごぼう抜き。大人びたレース運びで勝利しました。
20100926-02R
2R 2歳未勝利(芝1800m)スピードリッパー(吉田隼人)
突然降り出した雨の中、1番人気のスピードリッパーが直線で馬群を割り、直線での攻防でアタマ差抜け出て勝利。上の動画が写真になるとこんな感じになります。
20100926-03R
3R 3歳未勝利(ダ1000m)プリティスター(中館英二)
中館英二騎手の本領発揮、プリティスターがハナに立つと直線外から来たジェラルドエビスをハナ差抑え勝利。レンズの上にタオルを掛けて撮影していたためズームレンズの設定を誤り125mmで撮影。それでもこんな感じの写真になりました(^^;)。
20100926-04R
4R 3歳上500万下(ダ1700m)アドマイヤマリン(上村洋行)
うまく内をすくった1番人気のアドマイヤマリンが2番人気のマスターコークに3/4馬身差の勝利。
20100926-05R
5R メイクデビュー札幌(芝1500m)タイキパーシヴァル(秋山真一郎)
3番人気のタイキパーシヴァルが好位を追走すると直線で早め先頭、そのまま他馬を寄せ付けず1馬身3/4差の完勝。
20100926-06R
6R 3歳上500万下(ダ1700m)オースミカイエン(秋山真一郎)
先ほどまでの雨が嘘のような叩きつけるような直射日光の中、5番人気のオースミカイエンが直線で伸び2馬身差の圧勝。秋山騎手は2連勝。
20100926-07R
7R 3歳上500万下(ダ1000m)プリマベーラシチー(古川吉洋)
3番人気のプリマベーラシチーが番手追走、直線で先頭に立つとキクノアルバの猛追をクビ差抑えてゴール。
20100926-08R
8R 3歳上500万下(ダ1700m)ホウショウアマネ(宮崎北斗)
5番人気のホウショウアマネが3コーナーで先頭に立つと後続をどんどん突き放し9馬身差の圧勝。
20100926-09R
9R 3歳上500万下(芝2000m)イイデエース(秋山真一郎)
1番人気のイイデエースが危なげないレース運びで力の差を見せつけました。秋山騎手は今日3勝。
20100926-10R
10R アカシヤ特別(ダ1700m)リアルヴィクトリー(武幸四郎)
激しい先行争いで先行馬不利の展開、後方待機の7番人気リアルヴィクトリーの末脚が爆発、1頭だけ上がり3F37秒台の足を使い勝利。
20100926-11R
11R HTB賞(芝2000m)トモロポケット(吉田隼人)
8頭立ての少頭数で単勝3桁配当の馬が5頭と混戦ムードの中、3番人気のトモロポケットがまんまの逃げ切り。
20100926-12R
12R 礼文特別(芝1200m)ビバサムシング(丸田恭介)
早め先頭に立ったビバサムシングが猛追してきたバクシンミノル、マヤノアンズをアタマ差退け勝利。ビバサムシングは昨年の札幌未勝利戦以来の嬉しい2勝目。

2010年9月25日() 第2回札幌5日目  芝B・良 ダ・良
20100925-01R
1R 2歳未勝利(芝1200m)リアライズノユメ(三浦皇成)
今年の種付け数はついに1頭となってしまった名種牡馬アフリート産駒のリアライズノユメが外から3頭を差し切って勝利。三浦皇成騎手は史上2番目の早さで200勝達成。
20100925-02R
2R 2歳未勝利(芝1500m)エリンコート(四位洋文)
ゴール前に5頭がなだれ込む大接戦、外のエリンコートがクビ差の勝利。
20100925-03R
3R 3歳未勝利(ダ1700m)オーパスクイーン(中館英二)
中館騎手が逃げると期待してしまうのは私だけではないでしょう。オーパスクイーンをハナに立たせると直線たれることなくゴールに導きました。
20100925-04R
4R 3歳未勝利(芝2000m)マツリダジャパン(横山典弘)
マツリダゴッホの半弟マツリダジャパンが横山典弘騎手のエスコートで初勝利。お兄ちゃんと同様札幌が得意なようです。
20100925-05R
5R 3歳未勝利(ダ1700m)ウエスタンウェイブ(横山典弘)
単勝1.6倍の断然の一番人気に応え、ウェスタンウェイブが番手追走から4コーナーで先頭に立つと後続を突き放し2馬身1/2の圧勝。横山典弘騎手2連勝。
20100925-06R
6R 3歳上500万下(ダ1700m)タンジブルアセット(丸山元気)
ストラヴィンスキー産駒のタンジブルアセットがガクニホシの猛追をアタマ差かわし勝利。
20100925-07R
7R 3歳上500万下(芝1500m)カシマストロング(藤田伸二)
横山典弘騎手と藤田伸二騎手の札幌リーディング争いが面白くなってきました。横山騎手今日2勝に刺激されたのか、藤田騎手も奮起、カシマストロングを勝利に導きました。
20100925-08R
8R 3歳上500万下(ダ1000m)ピサライコネン(藤田伸二)
藤田伸二騎手の意地はすごい! 単勝1.6倍の断然の1番人気でしたが、人気を裏切ることなくピサライコネンを勝利へ。藤田騎手2連勝。
20100925-09R
9R 3歳上500万下(ダ1700m)ベルモントサーガ(中館英二)
断然の1番人気モエレジンダイコが逃げましたが直線で失速、番手追走のベルモントサーガが直線で先頭に立つとレオキュートの猛追をクビ差退けました。
20100925-10R
10R 利尻特別(芝1800m)ミカエルビスティー2着(三浦皇成)
番手追走のシングンレジェンドが早め先頭に立つとミカエルビスティー、カノンコードとの接戦を制し勝利。藤田騎手今日3勝。札幌開催も終盤を迎え外差しが決まりことが多かったのでミカエルビスティーを狙いましたが残念…。
20100925-11R
11R サロマ湖特別(芝1500m)ベストクルーズ(宮崎北斗)
先日はアドマイヤテンバを撮り損なったため今日こそはと意気込んでいましたが、先行策が裏目に出たのか最後ベストクルーズに交わされ惜しくも2着。一応写真には入っています(^^;)。
20100925-12R
12R 十勝岳特別(芝1800m)マルラニビスティー(勝浦正樹)
牝馬限定の500万下条件特別戦は3番人気のマルラニビスティーが逃げるニシノメルモを外から捕らえほぼ1年ぶりの勝利。

|

2010年9月20日 (月)

第15回 エルムステークス(GIII)

2010年9月20日(敬老の日) 第2回札幌4日目  芝B・良 ダ・良

 先週、9月に入っても雲一つない快晴で直射日光きつ過ぎ!なんて文句を言ったからでしょうか、天気の神様が少しへそを曲げてしまったようです。今日は目まぐるしく変わる天気。6Rまでは恐ろしいほどの直射日光だったんですよ、それが7R直前に円山方向から強烈な南風が吹いたと思うと突然横殴りの雨、北側と南側がまったく違う天気。往生しました。そんな雰囲気が写真から伝わるといいのですが。

11R エルムステークス(GIII)(ダ1700m)
クリールパッション (津村明秀)
EOS-1D MarkIV + EF200mm F2.8L II IS USM + EXTENDER EF1.4×II
焦点距離235mm マニュアル 評価測光 1/500秒 F4 ISO:AUTO(250) WB:AUTO
20100920-11R

 内馬場からダートの写真を撮るのはとても楽しいのですが、掲示板もターフビジョンも見えないので肉眼で勝ち馬を判断しなくてはならず、けっこう難しいのですよ。4枠のエイシンモアオバーが4コーナーを過ぎても逃げてるだろうと思い、直線を向いたときにエイシンの勝負服+青い帽子を探したんですが、帽子が青でも勝負服がサンデーレーシング。頭の中が?マークでしたがじっと先頭の馬を判断したところ外の白い帽子の方が良さそうと思いシャッターを切りました。実際に写真を撮っている間、こんな事を考えながら撮っています。勝ったクリールパッションは昨年・今年と北海道で力をつけて重賞初制覇。成長の過程を見ているので、このような馬が重賞を勝つとなんだか嬉しいものです。

20100920-01R
1R 2歳未勝利(ダ1700m)ラヴィアンクレール(津村明秀)
新馬戦10着だった7番人気のラヴィアンクレールがダートに変わって一変、抜群のスタートを切るとそのままハナを譲ることなくゴールを駆け抜けました。
20100920-02R
2R 2歳未勝利(芝1200m)ユキノマークン(勝浦正樹)
4番人気のユキノマークンが番手追走、直線で逃げたダイアンスマイルを交わすと1馬身1/4の差をつけて快勝。
20100920-03R
3R 3歳未勝利(ダ1000m)ハッピースカッシュ(内田博幸)
中団待機のハッピースカッシュが直線に向くと末脚が爆発、直線だけで8頭をごぼう抜きにしました。4年ぶり(らしい)に札幌にやってきた内田博幸騎手がさっそく結果を出しました。
20100920-04R
4R 3歳未勝利(芝1200m)バンダムクラウス(丸山元気)
これまでの3レースは断然1番人気が飛びましたが、やっと1番人気の馬が人気に応えました。あと一歩のレースが続いたバンダムクラウスが成長著しい丸山元気騎手の手綱で初勝利。
20100920-05R
5R メイクデビュー札幌(芝1800m)マリアビスティー(三浦皇成)
ディープインパクト・シルクプリマドンナ産駒のアドマイヤコリンが装鞍所で左寛跛行を発症。出走除外となったため少し寂しいレースとなりましたが、ハーツクライ産駒のマリアビスティーが大外一気で末脚で快勝。
20100920-06R
6R 3歳上500万下(芝1200m)フリーソウル(黛弘人)
14番人気のフリーソウルが外からぐんぐん伸びてきて一気に4頭を交わしゴール。単勝6,990円の好配当。
20100920-07R
7R 3歳上500万下(ダ1700m)ゴールドマッシモ(横山典弘)
レース直前に横殴りの雨。そんな中、2週ぶりに札幌に帰ってきた横山典弘騎手がゴールドマッシモを勝利に導きました。
20100920-08R
8R 3歳上500万下(芝2000m)コハクジョー(宮崎北斗)
7番人気のコハクジョーが外から先頭に立つと追い込んできたブレーブビスティーを1/2馬身抑えてゴール。開催が進んで内側が荒れてきたのでしょうか、今日の芝は外差しが決まります。
20100920-09R
9R オホーツク特別(ダ1700m)ウインブシドウ(吉田隼人)
大雨の中、2番人気のウインブシドウが横綱相撲で後続に3馬身差をつけてゴール。
20100920-Rainbow
札幌競馬場にかかる虹
9Rが終わって、内馬場から地下道を通ってスタンド側に出たところ雨が止み、北の方向に綺麗な虹が。今日はほぼ同じ位置に2回虹を見ることができました。
20100920-10R
10R 道新スポーツ賞(芝1800m)イチブン(横山典弘)
1番人気のイチブンが後方から徐々に位置を上げていき、直線で末脚爆発、人気に応えました。横山典弘騎手は今日2勝、札幌リーディングで藤田伸二騎手と並びました。
20100920-12R
12R 3歳上500万下(芝1500m)アドマイヤロイヤル(上村洋行)
ラインクラフトの弟アドマイヤロイヤルが能力の高さを見せ、外から5頭を抜き去ると後続の追随を許さずゴールを駆け抜けました。
20100920-CosmoBulk
功労馬展示 コスモバルク
阪神の最終レースが終わるとすぐにコスモバルクの展示がパドックで行われました。コスモバルクの北海道での人気は素晴らしく、遅い時間でしたが多くの方々がパドックで登場を待っていました。岡田総帥が、バルクの馬体を見て「引退式までやってもらって、これからアイルランドで走らせると言ったら怒られるかな」と戯けて言うと場内から拍手が起こりました。

2010年9月18日() 第2回札幌3日目 晴 芝B・良 ダ・良
20100918-01R
1R 2歳未勝利(芝1800m)マイネルヴァルム(五十嵐冬樹)
4番人気のマイネルヴァルムが最後までハナを譲らずそのままゴール。今年、精彩を欠いている五十嵐冬樹騎手が気を吐きました。
20100918-02R
2R 3歳未勝利(ダ1700m)グーテデロワ(上村洋行)
前崩れの展開、内のグーテデロワと外のフレシータの一騎打ちとなりましたが、内のグーテデロワが1馬身差をつけてゴール。
20100918-03R
3R 3歳未勝利(ダ1700m)マージービート(五十嵐冬樹)
3番人気のマージービートが3コーナーで捲り気味に進めると直線で5頭を抜き去り圧勝。五十嵐冬樹騎手は今日2勝。
20100918-04R
4R 2歳500万下(芝1200m)ファーマクリーム(丸山元気)
2番人気のファーマクリームが好位から競馬を進め直線で力強く伸びました。今年の札幌でもっとも目立つ活躍を挙げているのは丸山元気騎手でしょう。
20100918-05R
5R メイクデビュー札幌(ダ1700m)エイブルブラッド(四位洋文)
1番人気のエイブルブラッドが後方から徐々に先団に近づき、4コーナーで先頭に立つと一人旅、後続に5馬身差の圧勝でした。今年の四位洋文騎手は札幌で将来性の高い2歳馬たちに乗っている印象で、来年のクラシックの主役になるかもしれません。
20100918-06R1
6R 3歳未勝利(芝1800m)トゥエルフスナイト(宮崎北斗)
シーザリオの初産駒トゥエルフスナイトが満を持して登場。能力の高さを見せつけました。トゥエルフスナイトが勝ってくれて今日は大満足です。
20100918-07R
7R 3歳上500万下(ダ1700m)スノーマジック(宮崎北斗)
5番人気のスノーマジック後ろからの競馬、徐々に位置を上げ、4コーナーで先団に取り付くと内から伸び、外のプリティカポレイに1馬身1/4の差をつけてゴールを駆け抜けました。宮崎北斗騎手は2連勝。
20100918-08R
8R 3歳上500万下(ダ1000m)ショウナンタイリン2着(福永祐一)
直線で10番人気の福永祐一騎手騎乗のショウナンタイリンが逃げ切れると思いましたが、丸山恭介騎手騎乗のチュアユーアップがすごい脚で追い込みハナ差で勝利。私の撮影位置ではチュアユーアップは撮れませんでした。
20100918-09R
9R 朝里川特別(芝1200m)ウインバンディエラ(武豊)
今日3鞍騎乗の武豊騎手が早速勝利。6番人気のウインバンディエラから上がり3F34秒台の足を引き出し、早めに先頭に立ったセレスマジェスティにハナ差差し切りました。
20100918-10R
10R 積丹特別(芝2600m)コスモメドウ(丹内祐次)
4番人気の丹内祐次騎手騎乗のコスモメドウが直線で馬群を割って抜け出し、クビ差の勝利を挙げました。
20100918-11R
11R TVh賞(芝1200m)ミスクリアモン(藤田伸二)
1番人気の藤田伸二騎手騎乗のミスクリアモンが抜群のスタートを切るとそのまま逃げ切り、人気に応えました。
20100918-12R
12R 3歳上500万下(ダ1700m)ダイビングキャッチ(勝浦正樹)
2週前に未勝利を勝ち上がったダイビングキャッチが同じ舞台で一気に500万下を勝ち上がりました。トーセンダンス産駒も頑張っています。

|

2010年9月12日 (日)

第2回札幌1日目・2日目

 ナナカマドの実も色つき始め、札幌はすっかり秋…っと言いたいところですが、何ですか今日の天気は!雲一つありません。午前中は上から降り注ぐ直射日光で馬の顔がわからないほど。しかも勝つ馬が青毛だったり黒鹿毛だったりでもう…(涙)。それにしても今年の札幌開催は天気に恵まれています。いや恵まれすぎています。来週は偏光フィルターで馬とゼッケンの反射を取り除いてみようかなぁ。

 今週はオープンのレースもないし、応援しているスワンプキャットの2008(シンワハーツクライ)かヘヴンリーロマンスの仔ヴェイロンが勝てば一面(というのかなぁ?)にバッチリ載せようと思っていたんですが、残念ながらどちらも着外に終わってしまったため、今週はなしです。小さな画面で許してください。

2010年9月12日() 第2回札幌2日目 ピーカンの晴 芝B・良 ダ・良
20100912-01R
1R 2歳未勝利(芝1200m)ゼフィランサス(藤田伸二)
デビュー以降4戦とも2着だった単勝1.2倍の圧倒的一番人気のゼフィランサスが危なげない楽な競馬で初勝利。
20100912-02R
2R 2歳未勝利(芝1500m)ジェットストリーム(池添謙一)
3番人気のジェットストリームがまんまの逃げ切り。ディープインパクト産駒は札幌2勝目。一番人気のシンワハーツクライは+10kgが影響したのか初めて掲示板に載りませんでした。
20100912-03R
3R 3歳未勝利(芝2000m)チャーリーポイント(藤田伸二)
1番人気のマドリガルスコアと2番人気のチャーリーポイントの一騎打ちとなりましたが、うちのチャーリーポイントが1/2馬身抜け出し勝利。昨日と違い、今日は内側が伸びる傾向。
20100912-04R
4R 2歳500万下(ダ1000m)ラスワロフスキー(山口竜一)
札幌初めての2歳500万下は3頭の道営馬が出走。1番人気に推された道営のラスワロフスキーが逃げ粘って人気に応えました。
20100912-05R
5R メイクデビュー札(芝1200m)ノブヴィクトリー(藤田伸二)
内側の9番人気のカリステジアか、外側の8番人気のノブヴィクトリーか、手に汗握る接戦でしたが、ハナ差でノブヴィクトリーが勝利。藤田伸二騎手は午前中で3勝。
20100912-06R
6R 3歳未勝利(ダ1700m)バックトゥジエース(北村浩平)
1番人気のバックトゥジエースが力の違いを見せつけ7戦目で初勝利。
20100912-07R
7R 3歳上500万下(芝1800m)ラブフール(古川吉洋)
前走-20kgで2着だったラブフールが+12kgと体を戻して出走。好位追走、直線で早め先頭に立つとそのまま押し切り1番人気に応えて勝利。フルキチ騎手絶好調。
20100912-08R
8R 3歳上500万下(ダ2400m)ハギノリベラ(吉田稔)
1番人気のハギノリベラが中団から徐々に進出、直線で逃げたアグネスフリーダム、それを交わして先頭に立ったグルーオンを外から交わし勝利。
20100912-09R
9R 3歳上500万下(ダ1700m)プロヴィデンス(丸山元気)
単勝1.8倍断然の1番人気のプロヴィデンスが後方待機、3・4コーナーで捲るとそのまま先頭に立つ横綱相撲で3勝目。
20100912-10R
10R おおぞら特別(ダ1000m)ブルーミングアレー(三浦皇成)
単勝2.1倍のブルーミングアレーがオークス7着後、札幌で2連勝。秋華賞へ望みを繋ぎました。
20100912-11R
11R UHB賞(芝1500m)ブリッツェン(三浦皇成)
単勝2.0倍の1番人気のブリッツェンが番手追走、直線で先頭に立つと追いすがるリアルハヤテをアタマ差抑えて勝利。三浦騎手連勝。
20100912-12R
12R 釧路湿原特別(ダ1700m)フルボディー(丸山元気)
単勝3桁配当の馬が5頭と大混戦を制したのは丸山元気騎手騎乗のフルボディーでした。この夏、丸山元気騎手とコンビを組んでから3戦1勝2着2回、素晴らしい成績です。

2010年9月11日() 第2回札幌1日目 曇 芝B・良 ダ・良
20100911-01R
1R 2歳未勝利(ダ1000m)ウッドシップ(丸山元気)
前残りの展開、番手追走のウッドシップが逃げたロトドレッサーを難なく捉えて初勝利。
20100911-02R
2R 3歳未勝利(ダ1700m)ユナイテッドウィル(池添謙一)
16着・10着・16着となかなか結果が出なかったデュランダル産駒のユナイテッドウィルが父の手綱を持った池添謙一騎手に乗り変わって結果を出しました。単勝5,300円の好配当。
20100911-03R
3R 3歳未勝利(芝1200m)フレデフォート(古川吉洋)
単勝1.5倍の1番人気フレデフォートと単勝6.5倍の2番人気ミッドナイトクロスの一騎打ち。ミッドナイトクロスをハナ差退けて人気に応えました。
20100911-04R
4R 3歳未勝利(ダ1700m)ミッキーミステリー(四位洋文)
単勝1.7倍の1番人気ガラパと単勝3.3倍の2番人気ミッキーミステリーの一騎打ちムードでしたが、逃げたミッキーミステリーが9馬身差の圧勝。
20100911-05R
5R メイクデビュー札幌(芝1500m)レーヴディソール(中館英二)
アプレザンレーヴの妹レーヴディソールが単勝1.4倍の1番人気に応え圧勝。パドックからマツヒロ先生とナカダテ騎手の和気藹々とした笑顔が自信の表れだったようです。
20100911-06R
6R 3歳上500万下(ダ1700m)マスターコーク2着(四位洋文)
後方待機のクナンガンが直線でごぼう抜きの圧勝。逃げたマスターコークから離れた外からクナンガンが来たので勝ち馬を撮ることができませんでした(涙)。
20100911-07R
7R 3歳上500万下(ダ1000m)ピュアマリーン(芹沢純一)
早め先頭に立ったピサライコネンの外からピュアマリーン、その外からキューバンエイトが襲いかかりますが、真ん中のピュアマリーンがクビ差の勝利。
20100911-08R
8R 3歳上500万下(芝2000m)ウォークラウン(四位洋文)
中団を進んだ3番人気のウォークラウンが直線だけで5頭をごぼう抜き。嬉しい3勝目。
20100911-09R
9R 3歳上500万下(芝1200m)グレナディーン(上村洋行)
単勝2.3倍の1番人気グレナディーンが直線で末脚爆発、前の2頭を交わすと追い込んできたドリームピーチをアタマ差抑えて2勝目を上げました。
20100911-10R
10R コスモス賞(芝1800m)マイネルギブソン(丹内祐次)
札幌2歳Sの前哨戦コスモス賞。道営馬が5頭参戦しましたが、勝ったのは逃げたJRA馬マイネルギブソンでした。函館のラベンダー賞の末脚が見事だった1番人気のロビンフットは前につける積極策に戦法を変えましたが一歩及ばず。歯痒い競馬が続いています。
20100911-11R
11R 大雪ハンデ(ダ1700m)キャプテンルビー(丸山元気)
6番人気のダイイチルビーの仔キャプテンルビーが先頭に立つと1番人気のキティの追撃をアタマ差抑えて勝利。5勝目を挙げました。
20100911-12R
12R 手稲山特別(芝1500m)アイアムマリリン(藤田伸二)
前残りの展開、単勝2.2倍のアイアムマリリンが直線で5頭をごぼう抜きの勝利。今日勝ち星がなかった藤田伸二騎手ですが最終レースで意地を見せました。

|

2010年9月 5日 (日)

札幌日経オープン

2010年9月5日() 第1回札幌8日目 曇時々晴 芝A・良 ダ・稍重(8Rから良)

 長かったはくぼ競馬も今週で終わり。いつものリズムに戻ります。はくぼ開催ってお客さんも従業員も拘束時間が長くなるし、長くやったってそんなに馬券が売れるとも思えないんですが、やるメリットあるんでしょうかねぇ。遠くから来ているお客さんは帰る時間に困るし(やっぱり途中で帰りたくないでしょ)、従業員の方も早く帰りたい雰囲気が見え見えです。夏場も通常通りのスケジュールでやりませんか、JRAさん。

9R 札幌日経オープン(芝2600m)
トウカイメロディ (吉田隼人)
EOS-1D MarkIV + EF400mm F2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
マニュアル 評価測光 1/500秒 F4 ISO:AUTO(160) WB:AUTO
20100905-09R

 シルクオールディーに続いて菊花賞に向けて楽しみな馬がまた現れました。北海道で3連勝、オープン特別2連勝。このレースも非常に楽な手応えであっさり勝ってしまった印象です。文句なく菊花賞に直行でしょう。神戸新聞杯に登場する春の活躍馬との対決が非常に楽しみです。

20100905-01R
1R 2歳未勝利(芝1500m)ニシノユメマクラ(勝浦正樹)
アドマイヤセプターが勝った新馬戦で3着だったニシノユメマクラが2戦目で勝ち上がりました。精神的に成長し、競馬に集中できるようになってきたのが大きな勝因のようです。
20100905-02R
2R 2歳未勝利(芝1200m)ファーマクリーム(川須栄彦)
逃げに転じたファーマクリームが後続に3馬身1/2と影を踏ませることなく逃げ切り。新人の川須騎手も好調です。
20100905-03R
3R 3歳未勝利(ダ1700m)トータルシーオー(三浦皇成)
近走好走するもなかなか勝ちきれなかったトータルシーオーが好位追走、直線で楽に抜け出し2馬身1/2の圧勝。
20100905-04R
4R メイクデビュー札幌(芝1800m)ルルーシュ(横山典弘)
藤沢厩舎イチオシのゼンノロブロイ産駒ルルーシュが登場。番手追走、直線で楽に抜け出す競馬になるかなと思いましたが、アドマイヤバートンの追撃をなかなか退けることができずハナ差の勝利。次はもっと良くなるでしょう。
20100905-05R
5R 3歳未勝利(ダ1700m)ペガサスダンディー(池添謙一)
数の少ないサンライズペガサス産駒のペガサスダンディーが厳しいレースをしのぎ13戦目で初勝利。北海道で好調のようです。
20100905-06R
6R 3歳未勝利(芝2000m)コングラチュレート(秋山真一郎)
10番人気のコングラチュレートが大外一気、目の覚める脚を見せ8戦目で初勝利。人気薄の秋山騎手は要注意です。
20100905-07R
7R 3歳未勝利(芝1200m)ユキノラムセス(池添謙一)
北海道で2戦連続2着だったユキノラムセスが1番人気に応え初勝利。池添騎手と手が合うようですね。
20100905-08R
8R 美唄特別(ダ1700m)トキノフウジン(芝原央明)
前崩れの展開の中、好位追走したトキノフウジンが1番人気に応え嬉しい2勝目。柴原騎手にとっても嬉しい勝利でしょう。
20100905-10R
10R 3歳上500万下(ダ1000m)エーシンシークルー(池添謙一)
2番人気のエーシンシークルーが外から追いすがるスピーディセイコーを1/2馬身押させて3勝目。
20100905-11R
11R 層雲峡特別(ダ1700m)ディオスクロイ(秋山真一郎)
人気薄だけじゃないぞとばかり秋山真一郎騎手が気を吐き3番人気単勝4.9倍のディオスクロイを勝利に導きました。
20100905-12R
12R 3歳上500万下(芝1800m)レジェンドブルー(藤田伸二)
1番人気のレジェンドブルーは後方からの競馬、4コーナーでも微妙の位置取りで心配しましたが、外に持ち出すと末脚爆発、一気に差し切り3勝目を上げました。

2010年9月4日() 第1回札幌7日目 晴 芝A・良 ダ・良
20100904-01R
1R 2歳未勝利(芝1800m)インパクトゲーム(横山典弘)
ディープインパクト産駒のインパクトゲームが横山騎手に乗り変わり、積極的な競馬で勝ち上がり。横山典弘騎手はこれで今年100勝を達成。
20100904-02R
2R 3歳未勝利(ダ1700m)カメリアビジュ(横山典弘)
札幌開幕週では惜しい2着だったカメリアビジュがネオスペチアーレとの接戦を制し嬉しい初勝利。横山騎手連勝。
20100904-03R
3R メイクデビュー札幌(ダ1700m)シヴァルリー(池添謙一)
ダート1700mの新馬戦、逃げるヨイチサークルを4コーナーで捉えると、一気に突き放し3馬身差の圧勝。馬名の意味は"騎士道"だそうです。
20100904-04R
4R メイクデビュー札幌(芝1200m)カイシュウコロンボ(丸山元気)
7頭立てと少し寂しい新馬戦でしたが、丸山騎手騎乗のカイシュウコロンボが番手追走、直線で先頭に立つと内から伸びてくるディープインパクト産駒のボンベイダックの追撃を1/2馬身交わしゴール。
20100904-05R
5R 3歳未勝利(ダ1700m)ダイビングキャッチ(勝浦正樹)
ダンシングキィの血をひくトーセンダンス産駒のダイビングキャッチが1番人気に応え後続に3馬身差の圧勝。白い尾っぽを振り振りの走りだっただけに、競馬に集中できればまだまだ勝ち星は伸びそうです。
20100904-06R
6R 3歳未勝利(ダ1000m)ノトーリアス(古川吉洋)
早めに先頭に立ったジェラルドエビスを外からノトーリアスが強襲、外のノトーリアスがクビ差で未勝利脱出。
20100904-07R
7R 3歳上500万下(ダ1700m)ウォンビーロング(横山典弘)
歯痒いレースが続いていたウォンビーロングでしたが、積極的なレース運びで後続に1馬身1/2の差をつけ圧勝。横山典弘騎手今日3勝目。
20100904-08R
8R 富良野特別(芝2600m)マストハブ(四位洋文)
アフリート産駒のマストハブが芝の長距離に活路を見いだし快勝。最初、伸び脚がよく見えたトミケンプライム(3着)を撮っていたので急にマストハブに振ったせいでちょっとピンぼけ。お許しを。
20100904-09R
9R HBC賞(芝1200m)ティファニーケイス(藤岡祐介)
5番人気のティファニーケイスが後続に影を踏ませることなく見事な逃げ切り。馬体重を増やしながら連勝しており、北海道で大きな成長を遂げた一頭です。
20100904-10R
10R 3歳上500万下(ダ1700m)オースミレジスタ(池添謙一)
1番人気のオースミレジスタがハナを切ると後続に6馬身差の楽勝。池添騎手は後ろを見て後続との距離を測る余裕を見せていました。
20100904-11R
11R 日高特別(芝2000m)リリエンタール(横山典弘)
モンジュー産駒のリリエンタールが3番人気の低評価(?)をはね除け、好位追走、外に持ち出すと末脚が爆発し圧勝。横山典弘騎手今日4勝目の固め打ち。
20100904-12R
12R 3歳上500万下(芝1500m)ヤマカツマヤリス2着(荻野拓真)
アドマイヤグルーヴ産駒のアドマイヤテンバに注目はしていたのですが、4コーナーでの位置取りであきらめてヤマカツマヤリスを撮っていたところ、とんでもない大外からテンバが飛んできました。今週もっともくやしいレース。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »