« 第5回 キーンランドカップ(GIII) | トップページ | 第2回札幌1日目・2日目 »

2010年9月 5日 (日)

札幌日経オープン

2010年9月5日() 第1回札幌8日目 曇時々晴 芝A・良 ダ・稍重(8Rから良)

 長かったはくぼ競馬も今週で終わり。いつものリズムに戻ります。はくぼ開催ってお客さんも従業員も拘束時間が長くなるし、長くやったってそんなに馬券が売れるとも思えないんですが、やるメリットあるんでしょうかねぇ。遠くから来ているお客さんは帰る時間に困るし(やっぱり途中で帰りたくないでしょ)、従業員の方も早く帰りたい雰囲気が見え見えです。夏場も通常通りのスケジュールでやりませんか、JRAさん。

9R 札幌日経オープン(芝2600m)
トウカイメロディ (吉田隼人)
EOS-1D MarkIV + EF400mm F2.8L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
マニュアル 評価測光 1/500秒 F4 ISO:AUTO(160) WB:AUTO
20100905-09R

 シルクオールディーに続いて菊花賞に向けて楽しみな馬がまた現れました。北海道で3連勝、オープン特別2連勝。このレースも非常に楽な手応えであっさり勝ってしまった印象です。文句なく菊花賞に直行でしょう。神戸新聞杯に登場する春の活躍馬との対決が非常に楽しみです。

20100905-01R
1R 2歳未勝利(芝1500m)ニシノユメマクラ(勝浦正樹)
アドマイヤセプターが勝った新馬戦で3着だったニシノユメマクラが2戦目で勝ち上がりました。精神的に成長し、競馬に集中できるようになってきたのが大きな勝因のようです。
20100905-02R
2R 2歳未勝利(芝1200m)ファーマクリーム(川須栄彦)
逃げに転じたファーマクリームが後続に3馬身1/2と影を踏ませることなく逃げ切り。新人の川須騎手も好調です。
20100905-03R
3R 3歳未勝利(ダ1700m)トータルシーオー(三浦皇成)
近走好走するもなかなか勝ちきれなかったトータルシーオーが好位追走、直線で楽に抜け出し2馬身1/2の圧勝。
20100905-04R
4R メイクデビュー札幌(芝1800m)ルルーシュ(横山典弘)
藤沢厩舎イチオシのゼンノロブロイ産駒ルルーシュが登場。番手追走、直線で楽に抜け出す競馬になるかなと思いましたが、アドマイヤバートンの追撃をなかなか退けることができずハナ差の勝利。次はもっと良くなるでしょう。
20100905-05R
5R 3歳未勝利(ダ1700m)ペガサスダンディー(池添謙一)
数の少ないサンライズペガサス産駒のペガサスダンディーが厳しいレースをしのぎ13戦目で初勝利。北海道で好調のようです。
20100905-06R
6R 3歳未勝利(芝2000m)コングラチュレート(秋山真一郎)
10番人気のコングラチュレートが大外一気、目の覚める脚を見せ8戦目で初勝利。人気薄の秋山騎手は要注意です。
20100905-07R
7R 3歳未勝利(芝1200m)ユキノラムセス(池添謙一)
北海道で2戦連続2着だったユキノラムセスが1番人気に応え初勝利。池添騎手と手が合うようですね。
20100905-08R
8R 美唄特別(ダ1700m)トキノフウジン(芝原央明)
前崩れの展開の中、好位追走したトキノフウジンが1番人気に応え嬉しい2勝目。柴原騎手にとっても嬉しい勝利でしょう。
20100905-10R
10R 3歳上500万下(ダ1000m)エーシンシークルー(池添謙一)
2番人気のエーシンシークルーが外から追いすがるスピーディセイコーを1/2馬身押させて3勝目。
20100905-11R
11R 層雲峡特別(ダ1700m)ディオスクロイ(秋山真一郎)
人気薄だけじゃないぞとばかり秋山真一郎騎手が気を吐き3番人気単勝4.9倍のディオスクロイを勝利に導きました。
20100905-12R
12R 3歳上500万下(芝1800m)レジェンドブルー(藤田伸二)
1番人気のレジェンドブルーは後方からの競馬、4コーナーでも微妙の位置取りで心配しましたが、外に持ち出すと末脚爆発、一気に差し切り3勝目を上げました。

2010年9月4日() 第1回札幌7日目 晴 芝A・良 ダ・良
20100904-01R
1R 2歳未勝利(芝1800m)インパクトゲーム(横山典弘)
ディープインパクト産駒のインパクトゲームが横山騎手に乗り変わり、積極的な競馬で勝ち上がり。横山典弘騎手はこれで今年100勝を達成。
20100904-02R
2R 3歳未勝利(ダ1700m)カメリアビジュ(横山典弘)
札幌開幕週では惜しい2着だったカメリアビジュがネオスペチアーレとの接戦を制し嬉しい初勝利。横山騎手連勝。
20100904-03R
3R メイクデビュー札幌(ダ1700m)シヴァルリー(池添謙一)
ダート1700mの新馬戦、逃げるヨイチサークルを4コーナーで捉えると、一気に突き放し3馬身差の圧勝。馬名の意味は"騎士道"だそうです。
20100904-04R
4R メイクデビュー札幌(芝1200m)カイシュウコロンボ(丸山元気)
7頭立てと少し寂しい新馬戦でしたが、丸山騎手騎乗のカイシュウコロンボが番手追走、直線で先頭に立つと内から伸びてくるディープインパクト産駒のボンベイダックの追撃を1/2馬身交わしゴール。
20100904-05R
5R 3歳未勝利(ダ1700m)ダイビングキャッチ(勝浦正樹)
ダンシングキィの血をひくトーセンダンス産駒のダイビングキャッチが1番人気に応え後続に3馬身差の圧勝。白い尾っぽを振り振りの走りだっただけに、競馬に集中できればまだまだ勝ち星は伸びそうです。
20100904-06R
6R 3歳未勝利(ダ1000m)ノトーリアス(古川吉洋)
早めに先頭に立ったジェラルドエビスを外からノトーリアスが強襲、外のノトーリアスがクビ差で未勝利脱出。
20100904-07R
7R 3歳上500万下(ダ1700m)ウォンビーロング(横山典弘)
歯痒いレースが続いていたウォンビーロングでしたが、積極的なレース運びで後続に1馬身1/2の差をつけ圧勝。横山典弘騎手今日3勝目。
20100904-08R
8R 富良野特別(芝2600m)マストハブ(四位洋文)
アフリート産駒のマストハブが芝の長距離に活路を見いだし快勝。最初、伸び脚がよく見えたトミケンプライム(3着)を撮っていたので急にマストハブに振ったせいでちょっとピンぼけ。お許しを。
20100904-09R
9R HBC賞(芝1200m)ティファニーケイス(藤岡祐介)
5番人気のティファニーケイスが後続に影を踏ませることなく見事な逃げ切り。馬体重を増やしながら連勝しており、北海道で大きな成長を遂げた一頭です。
20100904-10R
10R 3歳上500万下(ダ1700m)オースミレジスタ(池添謙一)
1番人気のオースミレジスタがハナを切ると後続に6馬身差の楽勝。池添騎手は後ろを見て後続との距離を測る余裕を見せていました。
20100904-11R
11R 日高特別(芝2000m)リリエンタール(横山典弘)
モンジュー産駒のリリエンタールが3番人気の低評価(?)をはね除け、好位追走、外に持ち出すと末脚が爆発し圧勝。横山典弘騎手今日4勝目の固め打ち。
20100904-12R
12R 3歳上500万下(芝1500m)ヤマカツマヤリス2着(荻野拓真)
アドマイヤグルーヴ産駒のアドマイヤテンバに注目はしていたのですが、4コーナーでの位置取りであきらめてヤマカツマヤリスを撮っていたところ、とんでもない大外からテンバが飛んできました。今週もっともくやしいレース。

|

« 第5回 キーンランドカップ(GIII) | トップページ | 第2回札幌1日目・2日目 »