« 第45回 札幌2歳ステークス(GIII) | トップページ | ジオタグのすすめ »

2010年10月24日 (日)

邪魔なものは消してしまえ!

 私の中では競馬はオフシーズンな訳ですが、夏場の3ヶ月だけ更新というのも何ですので、写真のちょっとした工夫について気が向いたときに(できれば月1くらいで。ネタが尽きるまで・汗)書いていきたいと思います。

 今日のタイトルは"邪魔なものは消してしまえ!"です。
 競馬の写真を撮っていて、ゴール前のラチ沿いだったら「緑色の計測器」(わかるかな?)が入ってしまったり、スタンドからだと紙吹雪や傘、肩車した子供の頭なんかが入ってしまい悔しい思いしたことはありませんか。そんな写真を救済する方法があります。

 用意するものはADOBE社のPHOTOSHOP ELEMENTS 9です。プロの皆さんは高価なPHOTOSHOP CS5を使うんでしょうが、私のような小市民には手が届きません。しかし、これなら乗換版で1万円程度で入手できます。買っておいて損のないソフトだと思います。

 今回のバージョンアップでもっとも使える機能が写真を瞬時補正<強化機能>です。早速、その効果のほどをご覧いただきます。

 今回のサンプルは2008年の日本ダービー。このときはスタンドからレースを撮影したわけですが、ディープスカイが思いの外、外を通ってきたため、シャメを撮ろうとしている携帯やこのときとばかり台に乗って撮影しているお兄ちゃんの頭などが入ってしまい、残念ショットとなってしまいました。この写真しか満足なものがなかったので我慢していましたが、PHOTOSHOP ELEMENTS 9で修正することができました。

20080601-10R-sample1

 この写真をPHOTOSHOP ELEMENTS 9で読み込み、邪魔な部分を左側の絆創膏のようなアイコン「スポット修復ブラシツール」を選んで消したい部分をマウスの左クリックを押したまま塗りつぶします。左クリックを離すとあらまびっくりすっかり消えているじゃありませんか。驚くのは陰に隠れているはずのディープスカイの右後ろ脚が見事に再現されていること。凄い!
 さすがに消えてしまった部分は若干不自然さが残るので、「スポット修復ブラシツール」の下の「コピースタンプツール」を選び、コピーしたい部分をAltキーを押しながらクリック、そのイメージを不自然なエリアに左クリックを押しながら塗りつぶすとできあがりです。

20080601-10R-sample2

 一番邪魔くさいのを消しましたが、他のも徹底的に消してみました。

20080601-10R-sample3

 いかがでしょう、なかなか自然な出来映えで私は満足しています。皆さんも失敗写真だと思ってすぐに削除しないで、保存しておけば時代が追いついて、救済できるようになっているかもしれません。

|

« 第45回 札幌2歳ステークス(GIII) | トップページ | ジオタグのすすめ »

現像・画像処理」カテゴリの記事