« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月23日 (木)

牧場で会った名馬たち

 今年最後の更新は今年撮った牧場での名馬たち。引退したばかりの馬もいれば、すでに繁殖の役目を終え功労馬として余生を過ごしている馬もいました。来年もまた元気に会えることを祈りつつ...。

村下農場(浦河町・野深) 2010年11月7日()午前

 "裸足のシンデレラ"イソノルーブル。今年は21万円で取引されたスノーフェアリーの活躍が印象に残っていますが、イソノルーブルもJRAが500万円で購入、抽選馬としてGIを勝ち取りました。すっかり冬毛がでていましたが愛らしい表情で元気に人参を食べていました。

20101107-Murashita-1


20101107-Murashita-2


静内フジカワ牧場(新ひだか町・静内) 2010年11月7日()午前

 ダートでの強烈な末脚が印象に残るワイルドワンダー。今年引退し生まれ故郷の静内フジカワ牧場に戻ってきました。馬房の周りには現役時代の写真がたくさん、横断幕も貼られていました。11月頭の訪問でしたが、厩舎の隣の放牧地で青々としたクローバーを一心に食んでいました。彼は人参は切ってあげないと食べないそうです。ちょっと離れたところにいたのはデュークグランプリ。時折羨ましそうにこちらを見ていました。

ワイルドワンダー
20101107-Fujikawa-1


デュークグランプリ
20101107-Fujikawa-2


畠山牧場(新ひだか町・静内) 2010年11月7日()昼

 畠山牧場・別場で会ったのは1997年の有馬記念を制したシルクジャスティス。エアグルーヴ、マーベラスサンデーを外から差し切った脚は見事でした。あの時のファンファーレもある意味印象的でしたが(汗)。ここにいた猫がとても人懐っこく、シルクジャスティスよりも撮影枚数が多かったです(笑)。

20101107-Hatakeyama-1


20101107-Hatakeyama-2


日西牧場(日高町・豊郷) 2010年11月7日()午後

 夏の函館競馬場で会ったビワハヤヒデと再会。函館競馬場で見たときよりもちょっと痩せたかな。去年会ったときと違う放牧地で放牧されていました。

20101107-Nissei-1


20101107-Nissei-2


タニグチ牧場(新冠町) 2010年12月5日()午後

 牝馬ながら2005年~2010年の6年間の現役生活を終えたテイエムプリキュア。生まれ故郷のタニグチ牧場に帰ってきたとのことで早速会ってきました。現役時代はメンコ姿しか知りませんでしたがこんなに美人さんです。来春は当然種付けをするでしょうから、見られるのは今のうちかもしれません。

20101205-Taniguchi-1


20101205-Taniguchi-2


 一年間のご愛顧ありがとうございました。今年の更新はこれで最後です。来年の始動は未定ですが、おそらく夏の函館開催からでしょう。それまでの間、月1ペースでカメラ機材や画像処理ネタなどアップしたいと思っています。

 それでは、皆さん、良いお年をお迎えください。

|

2010年12月13日 (月)

ビッグレッドファーム(新冠町・明和)

2010年12月5日() 正午 

 ブリーダーズスタリオンステーションを後にし、新冠のビッグレッドファームへ。

 2008年に廃校となった旧・明和小学校に事務所が移り、入り口もそちらの方に変わっていました。建物を完全利用しているそうです。
 入ってすぐのところで出迎えてくれたのが道民のアイドル・コスモバルク。とても元気でした。左目の上に白い星があるんですね。掲載している写真には写ってません(汗)。機会があれば見に行って確認してみてください。
 アグネスデジタルとコンデュイットは仲良しのようでお話をしているかのように近くにいました。コンデュイットはとても人懐っこく、近くから離れようとすると追っかけてきてしまいなかなか全身の写真を撮らせてくれません。なんとか撮った一枚。可愛いヤツでした。
 アドマイヤマックスはお昼寝中。ちょっと日差しがあって温かかったのでしょう。
 今回はどの馬も比較的手前にいてくれたおかげで、あの起伏の多い放牧地の奥の方に行くことなく写真を撮ることができました。行った時間帯が良かったのかもしれません。

 今年の牧場巡りはSIGMAのAPO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMで撮影しました。函館競馬場で試したときはピントの合うスピードが競馬向きじゃないという感想を持ちましたが、牧場で写真を撮るには抜群に便利なレンズでした。なんと言っても50mmから500mmという幅の広さ!牧場では50mmで撮りたいときも500mmで撮りたいときも実際あるんです。色ノリも良いし、テレ端では若干解像感は落ちますが他の焦点距離では十分に解像感があって気持ちいい。手ぶれ補正機能もモード1で使うとぴったり止まるので(モード2は流し撮りモードですが効きがイマイチ)、暗くてシャッタースピードを落とさなくてはいけないときでも止まります。もちろん限度はありますが。1本持って行けばどんなシチュエーションでも対応できる凄いレンズだと思います。重さが2kg弱あるので筋力アップも期待できます(笑)。

 EOS-1D MarkIVで競馬を撮っている皆さんへ。すでにご存じかもしれませんが、キヤノンからEOS-1D Mark IV AIサーボAFカスタム機能&ISO感度設定ガイドブックがPDFファイルで公開されています。非常に参考になります。ぜひご一読を。

コスモバルク
20101205-BigRedFarm-01

ロサード
20101205-BigRedFarm-02

ロージズインメイ
20101205-BigRedFarm-03

メジロベイリー
20101205-BigRedFarm-04

マイネルラヴ
20101205-BigRedFarm-05

イーグルカフェ
20101205-BigRedFarm-06

アグネスデジタルとコンデュイット
20101205-BigRedFarm-07

アグネスデジタル
20101205-BigRedFarm-08

コンデュイット
20101205-BigRedFarm-09

アドマイヤマックス
20101205-BigRedFarm-10

タイムパラドックス
20101205-BigRedFarm-11

スパイキュール
20101205-BigRedFarm-12

イブンベイ
20101205-BigRedFarm-13

マイネルセレクト
20101205-BigRedFarm-14

|

2010年12月12日 (日)

ブリーダーズスタリオンステーション(日高町・富川東)

2010年12月5日() 午前 

 ブリーダーズスタリオンステーションの今年の公開は今日までということでしたので、先週行ってきました。

 晴れ予報でしたが空気は冷たく、若いハイアーゲーム・スウィフトカレント以外は馬服を着せられていました。馬服を着ていても砂の上でゴロゴロしたいんですね。ステイゴールド・タップダンスシチーともお隣同士でゴロゴロしてました。「服着てたら意味ないじゃん」と馬に突っ込みを入れてみましたが馬耳東風のようで(汗)。年が明けると27歳になるアフリートの馬服は模様といい厚みといいまるで「どてら」。雪国っぽいので大きい写真で載せてみました。

 新種牡馬の導入はなく、日高軽種馬農協・門別種馬場の閉鎖に伴いダイタクリーヴァが再入厩、また、馬市.comの馬産地最新情報によりますと、現在社台SSにいるデュランダルがブリーダーズSSに転厩するそうです。

アフリート
20101205-BreedersSS-05

アドマイヤジャパン
20101205-BreedersSS-01

ステイゴールド
20101205-BreedersSS-02

タップダンスシチー
20101205-BreedersSS-03

トワイニング
20101205-BreedersSS-04

エアジハード
20101205-BreedersSS-06

グラスワンダー
20101205-BreedersSS-07

フサイチコンコルド
20101205-BreedersSS-08

ブラックタイド
20101205-BreedersSS-09

サイレントディール
20101205-BreedersSS-10

スウィフトカレント
20101205-BreedersSS-11

ハイアーゲーム
20101205-BreedersSS-12

ダイタクリーヴァ
20101205-BreedersSS-13

ブラックタキシード
20101205-BreedersSS-14

スウェプトオーヴァーボード
20101205-BreedersSS-15

ブラックホーク
20101205-BreedersSS-16

スターキングマン
20101205-BreedersSS-17

イーベルツェーン
20101205-BreedersSS-18

アサクサデンエン
20101205-BreedersSS-19

|

2010年12月11日 (土)

アロースタッド(新ひだか町・静内)

2010年12月5日() 夕方 

 今年最後の牧場巡りに行ってきました。アロースタッドの公開は15:00~16:00、この時期になりますと日没が16:00前後なので非常に暗い。それを念頭に入れて、明るくて手ぶれ補正機能のついたものと思い、今回はEF100mm F2.8Lマクロ IS USMを持って行きましたが大正解でした。あの明るさではトーホウエンペラーやチアズブライトリーは黒すぎてオートフォーカスが効きません(笑)。当然マニュアルフォーカスで撮影しています。写真では明るく見えますが、カメラとレンズの性能のおかげです。

 新種牡馬のスーパーホーネットはずっと顔を出して愛想を振りまいてくれました。彼が果たせなかったGI勝利の夢を実現する仔が出て欲しいと祈ってしまいます。バトルプランも新種牡馬だったんですね。ずっとバトルラインと間違っていました(汗)。彼も若いせいでしょうか、ずっと顔を出していてくれました。

 11月・12月になると見学者が減るのでしょう、どの馬も「おっ、誰か来たな」っていう感じで顔を出してくれました。夏場は見学者が多くって馬も飽きるのかな。牧場見学するなら11月くらいがベストかもしれません。現在在厩している馬は全部撮れたと思います。ラッキー!

スーパーホーネット
20101205-Arrowstud-18

シニスターミニスター
20101205-Arrowstud-01

アジュディケーティング
20101205-Arrowstud-02

タイキシャトル
20101205-Arrowstud-03

フサイチホウオー
20101205-Arrowstud-04

アジュディミツオー
20101205-Arrowstud-05

トップオブツヨシ
20101205-Arrowstud-06

ワイルドラッシュ
20101205-Arrowstud-07

フサイチリシャール
20101205-Arrowstud-08

ルーブルアクト
20101205-Arrowstud-09

スズカフェニックス
20101205-Arrowstud-10

ウォーターリーグ
20101205-Arrowstud-11

サウスヴィグラス
20101205-Arrowstud-12

スーパーライセンス
20101205-Arrowstud-13

バランスオブゲーム
20101205-Arrowstud-14

バトルプラン
20101205-Arrowstud-15

トーホウエンペラー
20101205-Arrowstud-16

ロイヤルタッチ
20101205-Arrowstud-17

チアズブライトリー
20101205-Arrowstud-19

スズカマンボ
20101205-Arrowstud-20

サンライズペガサス
20101205-Arrowstud-21

ブライアンズタイム
20101205-Arrowstud-22

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »