« 第50回 報知杯弥生賞(GII) | トップページ | 第15回 中山グランドジャンプ(J・GI) »

2013年3月17日 (日)

札幌競馬場乗馬センター見学会

 札幌競馬場乗馬センターで見学会が行われました。競馬ファンサービスの一環として今回が初めての試みだそうです。
 この日は30人強が集まり、2班に分かれて乗馬センター内の案内・曳き馬体験乗馬・グレードレース勝馬展示をしていただきました。1時間弱の見学会でしたが充実した内容でした。今年は札幌開催がないため定期的(毎月1回?)に行うとのこと。ぜひ参加してみてください。

アクシオン アクシオン アクシオン アクシオン

アクシオン(サラ|セン|鹿毛|10歳|H24.7.15取得)
 昨年の札幌記念出走後に引退を発表しそのまま札幌競馬場乗馬センターに入ったアクシオン、通称「アク」。彼は担当の方が人参をあげるときでも耳を絞っていて、めったにこちらに耳を向けてくれないそうです。そんな彼は人が乗ると一変し、非常に乗り味が良く、人が上にいるときと下にいるときでは態度が違うと担当の方は笑っていました。"咬むから気をつけて"と言われましたが、写真を撮るときはこちらをじっと見て私がどんなヤツか観察しているようでした。いつか耳をこちらに向けてもらえるようになりたいですね。

フサイチピアレス フサイチピアレス(サラ|セン|青鹿毛|17歳|H15.6.17取得)
 乗馬センター最古参のピアレス。札幌開催時は誘導馬として活躍しています。いつもと雰囲気が違う乗馬センター内で他の馬が興味津々で見学者を見ている中、彼だけは鉄柵に頭を向けたままじっと動かず。鉄柵の間からやっと撮れたのがこの写真。穏やかな雰囲気が伝わるでしょうか。
ジーティーボス ジーティーボス(サラ|セン|鹿毛|16歳|H15.8.22取得)
 2000年の共同通信杯でイーグルカフェの2着だったジーティーボス、通称「ボス」。ピアレスともに古株です。この日は曳き馬担当でした。毛の色は違いますがタマモアテンションの兄です。
ロングキングダム ロングキングダム(サラ|セン|芦毛|14歳|H16.5.29取得)
 この日のもう一頭の曳き馬担当ロングキングダム、通称「ロング」。馬スキーでも大活躍でした。開催の時は体験乗馬で活躍中。
エイトブレーヴ エイトブレーヴ(サラ|セン|鹿毛|11歳|H17.10.5取得)
 "何やってんのかな"という感じでのんびり眺めていたのエイトブレーヴ。
ヒノデツートン ヒノデツートン(サラ|セン|芦毛|15歳|H18.6.23取得)
 誘導馬として活躍中のヒノデツートン。身体は白いけど脚が黒く"ツートン"カラーだからヒノデツートンという名になったそうです。今でも腕関節のところが黒いですね。
ベイズウォーター ベイズウォーター(半血|セン|芦毛|11歳|H21.10.30取得)
 馬事公苑から来たベイズウォーター、通称「ベイ」は馬術大会で優勝経験がある馬術の達馬。
タマモアテンション タマモアテンション(サラ|セン|芦毛|10歳|H22.2.26取得)
 ジーティーボスの弟タマモアテンション、通称「タマちゃん」は誘導馬のみならず体験乗馬でも活躍中。短時間でしたが色んな表情を見せてくれました。
マイネルレーニア マイネルレーニア(サラ|セン|栗毛|9歳|H23.3.2取得)
 GII2勝馬マイネルレーニアはグレードレース勝馬展示で登場。とても穏やかで落ち着いており、誘導馬のみならず先日の馬スキーでも大活躍でした。
マイネルスケルツィ マイネルスケルツィ(サラ|セン|鹿毛|10歳|H23.6.11取得)
 誘導馬として活躍中のGIII2勝馬マイネルスケルツィ、通称「スケさん」。馬スキーに向けて練習したもののテンションが上がりすぎて実現叶わず。来年は頑張ってほしい。
ザダーン ザダーン(KWPM|セン|黒鹿毛|9歳|H23.9.29取得)
 競馬学校から来たザダーンは優秀な馬術競技用馬として知られるKWPM(オランダ温血種)。とても優しい目をした人懐っこい馬です。
サクラフブキ サクラフブキ(サラ|セン|芦毛|6歳|H25.1.25取得)
 今年の1月に来たサクラフブキ。競走馬としての登録はなく、研究馬から転用されてきました。マツ毛がかわいい。
メネラウスランスラート メネラウスランスラート(日本スポーツホース種|セン|栗毛|6歳|H25.3.1取得)
 馬事公苑から3月1日に来たばかりのメネストラウスランスラート。遠野で生産された馬場馬術で活躍する日本スポーツホース種です。背が高く(おそらく体高170cm以上)、耳が長いのが特徴。大きいですが優しく人懐っこい馬です。

 他に、シルバーデューク(サラ|セン|芦毛|12歳)、オーデンセ(サラ|セン|栗毛|9歳)、馬車引きで頑張っているチャンス(ハーフリンガー|セン|パロミノ|14歳)、お出迎えでお馴染みゴルゴ(ファラベラ|牡|青毛|19歳)とトニー(AMH|セン|白黒斑|16歳)、唯一の女の子ホワイト(ポニー|牝|芦毛|12歳)も居ました。

 誘導馬として活躍したサンキンバスターは白老の乗馬クラブへ、エイシンタイフーンは共和町のホーストラスト北海道へ移ったそうです。

|

« 第50回 報知杯弥生賞(GII) | トップページ | 第15回 中山グランドジャンプ(J・GI) »

牧場巡り」カテゴリの記事