« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月23日 (日)

第48回 北海道春季馬術大会

 6月21~23日、ノーザンホースパークで第48回北海道春季馬術大会が行われました。ジャンピング(障害馬術)全24競技、ドレッサージュ(馬場馬術)全16競技に非常に多くのエントリーがあり、私一人ですべてを撮影することは到底叶わず、撮影・掲載できなかった馬が多くあります。ご容赦ください。

ノーザンホースパーク・ノーザンファーム
Delta Blues
デルタブルース
2004菊花賞、2005ステイヤーズS、2006メルボルンC
Faites De Maison
フェットゥ・デ・メゾン
Go Steady
ゴーステディ
Kendery Washington
ケンデリーワシントン
Big Red
ビッグレッド
Fairbanks Cargo
フェアバンクスカーゴ
la Vallee
ラ・ヴァレ
Jasmine Colour
ジャスミンカラー
Sunny HV
サニーHV

JRA札幌競馬場
Meiner Rainier
マイネルレーニア
2006京王杯2歳S、2008スワンS
Eight Brave
エイトブレーヴ
Eight Brave
エイトブレーヴ
Odense
オーデンセ
Silver Duke
シルバーデューク
Silver Duke
シルバーデューク

ライディングファーム・フセ
Legacy Rock
レガシーロック
1999東京ハイJ、2000小倉サマーJ
Many Award
メニーアワード
Many Award
メニーアワード
Bright Joe
ブライトジョー
Talisman2
タリスマンII
In Step Kick
インステップキック

モモセライディングファーム
Big Shuttle
ビッグシャトル
Do My Best
ドゥーマイベスト
Full of Wonder
フルオブワンダー
Satono Express
サトノエクスプレス
Sunday Flapper
サンデーフラッパー
Top of Boston
トップオブボストン

ほくせい乗馬クラブ・札幌乗馬倶楽部
Querido Querida
ケリード・ケリーダ
Querido Querida
ケリード・ケリーダ
Alain Prost
アラン・プロスト
Grand Rouge
グラン・ルージュ
Tokai Come Come
トウカイカムカム
Meiner Escape
マイネルエスケープ

白井牧場不二ファーム
Amulet
アミュレット
Love 2000
ラブニセン
Peace
ピース

にいかっぷホロシリ乗馬クラブ
Wind Ryan
ウィンドライアン
Kitasan Guts
キタサンガッツ
Pride Emblem
プライドエンブレム

静内農業高校
Sakura Hoju
サクラホウジュ
Minamino Gorgeous
ミナミノゴージャス
Yume Roman
ユメロマン

JRA日高育成牧場
Baulers
ボレール
Miracle Power
ミラクルパワー
Ricky
リッキー

|

2013年6月16日 (日)

第20回 函館スプリントステークス(GIII)

 北海道シリーズが始まりました。今年は札幌競馬場のスタンド改築のため函館のみの開催です。函館に通うのは正直辛いですが、体力が続く限り頑張ります!

 開幕週を飾るのはサマースプリントシリーズ第1戦・函館スプリントステークス。昨年の覇者で高松宮記念2着のドリームバレンチノが抜けた1番人気でしたが斤量59kgが響いたのか見せ場なく馬群に沈みました。勝ったのは昨年のサマースプリント王者パドトロワ。今年もサマースプリント王者の座を射止めるべく幸先のよいスタートを切りました。

Pas de Trois
Pas de Trois
Pas de Trois
Pas de Trois
11R 函館スプリントステークス(GIII)(芝1200m)
パドトロワ
(勝浦正樹)
EOS-1D X + EF200-400mm F4L IS USM EXTENDER 1.4×
マニュアル露出 評価測光 1/800秒 F4 ISO:AUTO(250) WB:AUTO

2013年6月16日() 第1回函館2日目 芝(A):良、ダート:良 

1R 3歳未勝利(ダ1000m) シルヴァーグレイス(秋山真一郎)

Silver Grace

2R 3歳未勝利(ダ1700m) ミッキースマホ(川須栄彦)

Mikki Smapho

3R 3歳未勝利(ダ1000m) カレイファンタジア(丸田恭介)

Karei Fantasia

4R 3歳未勝利(芝2000m) ジェイケイネオ(丸田恭介)

J K Neo

5R メイクデビュー函館(芝1200m) オールパーパス(岩田康誠)

All Purpose

6R 3歳未勝利(ダ1700m) トランザムスター(岩田康誠)

Trans Am Star

7R 3歳上500万下(ダ1000m) メイショウフォロー(上村洋行)

Meisho Follow

8R 3歳上500万下(芝1200m) ユールフェスト(三浦皇成)

Yulefest

9R 3歳上500万下(ダ1700m) ハギノコメント(横山和生)

Hagino Comment

10R 駒ヶ岳特別(芝2600m) アドマイヤバラード(秋山真一郎)

Admire Ballade

11R 函館スプリントステークス(GIII)(芝1200m) パドトロワ(勝浦正樹)

Pas de Trois

12R 北斗特別(芝1800m) ラブイズブーシェ(古川吉洋)

Love Is Boo Shet

2013年6月15日() 第1回函館1日目 芝(A):稍重→良、ダート:稍重 

1R 3歳未勝利(ダ1700m) シナーラ(菱田裕二) Cynara

2R 3歳未勝利(ダ1700m) キャストロメファ(三浦皇成)

Kastrom Mefa'a

3R 3歳未勝利(ダ1700m) サンライズワールド(丸田恭介)

Sunrise World

4R 3歳未勝利(芝1200m) スーパーアース(大野拓弥)

Super Earth

5R メイクデビュー函館(芝1000m) ファソン(吉田隼人)

Hwaseong

6R 3歳未勝利(芝1800m) トーセンツリー(黛弘人)

Tosen Tree

7R 3歳上500万下(ダ1000m) ラシーク(横山和生)

Rashiq

8R 3歳上500万下(ダ1700m) カチューシャ(秋山真一郎)

Katyusha

9R 3歳上500万下(芝1200m) コスモアクセス(丹内祐次)

Cosmo Access

10R 木古内特別(ダ1700m) ヒルノマドリード(四位洋文)

Hiruno Madrid

11R HTB杯(芝1200m) ファインチョイス(松山弘平)

Fine Choice

12R 湯川特別(芝2000m) キタサンパイロット(松田大作)

Kitasan Pilot

|

2013年6月13日 (木)

第17回 北海道スプリントカップ(JpnIII)

 日本ダービーの興奮冷めやらぬ中、今年のダービージョッキーを含むJRAの人気ジョッキー達が門別競馬場に集まりました。
 昨年の覇者・3番人気のセレスハントは中団で脚をためる競馬、直線で外に持ち出すと他馬をごぼう抜きにし、ゴール前では手綱を押さえるほどの余裕の勝利でした。 

Ceres Hunt
Ceres Hunt
Ceres Hunt
Ceres Hunt
11R 日刊スポーツ賞 北海道スプリントカップ(JpnIII)(ダ1200m)
セレスハント (福永祐一)
EOS-1D X + EF200-400mm F4L IS USM EXTENDER 1.4×
マニュアル露出 評価測光 1/400秒 F4 ISO:AUTO(5000) WB:AUTO

Spark Emblem  7R 3歳条件 4-2

 スパークエンブレム(伊藤千尋)
Willow  8R 登別地獄まつり賞
 3歳以上 C4-2

 ウィロー(五十嵐冬樹)
Nishiken Mut  9R JRA認定ウィナーズチャレンジ競走
 2歳オープン

 ニシケンムート(五十嵐冬樹)
Honimbo  10R JRA交流競走
 ミランダ特別

 ホンインボウ(勝浦正樹)
Kanemasa Gold  12R 門別町農業協同組合協賛
 JA門別馬舞米特別
 3歳以上 A2-2~A4

 カネマサゴールド(宮崎光行)

|

2013年6月 9日 (日)

吉田牧場(安平町・早来富岡)

 社台スタリオンステーションを後にし、早来の吉田牧場へ。功労馬のフジヤマケンザンライデンリーダーに会ってきました。吉田牧場はテンポイントの故郷として知られていますが、フジヤマケンザンライデンリーダーもテンポイントの姉オキワカの孫なんですね。テンポイントの祖母クモワカの血統を大切にしていることが窺えます。

Fujiyama Kenzan
フジヤマケンザン
Fujiyama Kenzan
Fujiyama Kenzan
Fujiyama Kenzan

Raiden Leader
ライデンリーダー
Raiden Leader
Raiden Leader
Raiden Leader

|

2013年6月 8日 (土)

社台スタリオンステーション(安平町・早来源武)

 まだ種付けシーズン中ではありますが、キャロットクラブ会員の友人に誘っていただき、6月2日に社台スタリオンステーションに種牡馬見学をしてきました。ルーラーシップタートルボウルとは初対面です。

 ルーラーシップはやっぱりイケメンですね。可愛い仕草も見せてくれました。
 ネオユニヴァースの優しい眼差し、本当にいいヤツです。
 ワークフォースはとても人懐っこく、私達が歩くと付いてきてくれます。
 以下、アルファベット順に写真を掲載します。総枚数110枚、じっくりお楽しみください(時間の都合上、カンパニーファルブラヴハーツクライは撮影できませんでした)。

Captain Thule
キャプテントゥーレ
Captain Thule
Casino Drive
カジノドライヴ
Casino Drive
Daiwa Major
ダイワメジャー
DaiwaMajor
Danon Chantilly
ダノンシャンティ
Danon Chantilly
Deep Brillante
ディープブリランテ
Deep Brillante
Deep Impact
ディープインパクト
Deep Impact
Dream Journey
ドリームジャーニー
Dream Journey
French Deputy
フレンチデピュティ
French Deputy
Gold Allure
ゴールドアリュール
Gold Allure
Harbinger
ハービンジャー
Harbinger
King Kamehameha
キングカメハメハ
King Kamehameha
Kinshasa no Kiseki
キンシャサノキセキ
Kinshasa no Kiseki
Kurofune
クロフネ
Kurofune
Manhattan Cafe
マンハッタンカフェ
Manhattan Cafe
Meisho Samson
メイショウサムソン
Meisho Samson
Neo Universe
ネオユニヴァース
Neo Universe
Rulership
ルーラーシップ
Rulership
Smart Falcon
スマートファルコン
Smart Falcon
Symboli Kris S
シンボリクリスエス
Symboli Kris S
Tanino Gimlet
タニノギムレット
Tanino Gimlet
Turtle Bowl
タートルボウル
Turtle Bowl
Vermilion
ヴァーミリアン
Vermilion
Victoire Pisa
ヴィクトワールピサ
Victoire Pisa
Workforce
ワークフォース
Workforce
Zenno Rob Roy
ゼンノロブロイ
Zenno Rob Roy


|

2013年6月 4日 (火)

第41回 北海優駿(ダービー)(HI)

 新しいレンズを入手したので、居ても立ってもいられず門別競馬場へ行ってきました。折しも今週は地方競馬のダービーウィーク。舞台は整いました(笑)。

 北海道で行われるダービー・北海優駿。北斗盃2着、前哨戦のカジノドライヴ賞を強い競馬で勝利したミータローが単勝1.4倍の抜けた一番人気でしたが、人気に違わない強い競馬で勝利、ジャパンダートダービーへ駒を進めることになりました。

Mitaro
12R STV杯北海優駿(ダービー) ミータロー(服部茂史)
Mitaro
Mitaro
Mitaro

Canterbury Mama  9R 日胆管内農協組合長会協賛
 にったん管内農協「よい食」特別

 カンタベリーママ(阿部龍)
Shisei Kaika  10R サッポロビール株式会社協賛
 HOKKAIDO競馬缶発売特別

 シセイカイカ(坂下秀樹)
Kura Yamato O  11R 新得地鶏特別

 クラヤマトオー(小国博行)

EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー1.4×

EF200-400mm F4L IS USM Ext1.4x  CP+2011で発表され、発売が待ち望まれていた「キヤノン EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー1.4×」が2年の時を経て2013年5月30日にようやく発売されました。
 非常に魅力のあるスペックですが、価格などから検討の域をでない方もいらっしゃるのではないでしょうか。発売日に入手できるという幸運に後押しされた私は、II型ヨンニッパ・II型ゴーヨンを手放し、このレンズを購入するという暴挙にでました。早速、門別競馬場で実戦投入してきましたが、ナイター競馬という厳しい条件ながら、期待以上の性能を発揮してくれました。

Monbetsu Racecourse 【ファインダーを覗いた印象】
 はじめてヨンニッパをつけたカメラのファインダーを覗いたとき、「抜けのよさ」に感動を覚えたことを今でも思い出します。この感覚を手放すことは勇気のいることでした。しかしながら、その「抜けのよさ」は200-400でも十分味わうことができました。
 画像はもちろん開放からシャープ。35mmフルサイズでは極僅かな周辺光量落ちは見られましたが(右図参照)画像処理で容易に修正可能です。
 特筆すべきは、内蔵エクステンダーを組み込んだときの画質劣化の少なさです。ゴーヨン・ロクヨンでさえ1.4倍テレコンを付け開放F5.6にすると、ファインダーで画質が悪くなっていることが確認できます。このレンズはそれをほとんど感じませんでした。驚きです。

【合焦スピード】
 レース撮影に求められるレンズの重要な性能の一つとして、ピントの合うスピード(合焦スピード)が速いことがあげられます。これに関してはヨンニッパと同じレベルです。まったく問題ありませんでした。

ミータロー 【ピント・手ぶれ】
 EOS-1D Xとの組合せではありますが、開放F4、1.4倍の内蔵テレコン使用時の開放F5.6とも、ナイター競馬での非常に暗い状況下でストレスなくピントが合いました。焦点距離200mm 1/80秒で撮影してみましたが、手持ちでこの程度のぶれです(右図参照)。 

EF200-400mm F4L IS USM Ext1.4x 【操作性】
 重さ3,620gを問題視する方が多いようですが、手持ちで撮影可能でした。ヨンニッパを手持ちで撮影している方なら楽勝でしょう。II型ヨンニッパよりも細い分 楽に感じます。サンニッパ手持ちで失敗を重ねた私としては、サンニッパよりも長い分 楽に感じました。
 手持ちでのズーム操作ですが、フード近くに人差し指を掛けて人差し指の付け根でレンズを支え(右図参照)、親指と中指でズームリングを回すことで、ファインダーで被写体を見ながら操作することができました。ズームリングは重すぎず軽すぎず、操作しやすいと思います。

ミータロー
焦点距離:400mm
【ズームレンズのメリット】
 これまでは、芝コースの広さや撮影位置が異なるために、競馬場によって異なる焦点距離のレンズを用意し、持って行く必要がありましたが、このレンズ1本でほとんどの競馬場や撮影位置に対応できるのは大きいですね。突然の撮影位置変更にも簡単に対応することができます。
ミータロー
焦点距離:250mm
 単焦点レンズでは、同じコースでも内ラチ沿いを走っている馬は真横に近い姿、大外を回ってくる馬は正面に近い姿になってしまいましたが、随時焦点距離を変えられるこのレンズは、どの位置を走ってきても好みのアングルの姿を撮ることができるます。今回、1つのレースの中で、ゴール前50mくらいで斜め前のアングルの全身の姿(焦点距離400mm:右図上)を、ゴール直前でゴール板を含めた全身真横の姿(焦点距離250m:右図下)を写真に収めることができました。単焦点レンズではできない芸当です。
 練習すれば、連写し続けながらズームリングを回すということもできるかもしれません。

【可搬性】
 レンズの持ち運びについて。いわゆる「バズーカレンズ」ではありますが、ヨンニッパより「細く」、ゴーヨンより「短い」ことで、使えるカメラバッグの幅が大きく広がりました。レンズだけなら、Loweproフリップサイド300や、LoweproパスポートスリングでもOKでした。さりげなく運びたいという要望にも応えられるでしょう。

 F2.8のレンズでも1段絞ってF4で撮影することが多かった私は、F2.8という絞り値は暗い天候のときの非常手段でしたので、高感度ノイズが少なく、かつF4でもピントがぴたっと合うカメラの出現のおかげで、心置きなくF2.8レンズからF4レンズに移行することができました。単焦点レンズに迫る画質を手に入れたこのズームレンズは、撮影の幅を大きく広げてくれるに違いありません。

 

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »