« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

ベーシカル・コーチング・スクール(日高町・富浜)

 最後の訪問先はベーシカル・コーチング・スクール。若駒の育成牧場ですが、ここに1993年の皐月賞馬ナリタタイシンが繋養されています。

 

 この日のナリタタイシンは興奮気味で、1歳馬が放牧から厩舎へ帰るのを見て、俺も早く帰りたいという意思表示なのか、放牧地を走り回っていました。その姿はとても23歳とは思えない! ナリタタイシンから元気をもらいました。

|

スマイルファーム(日高町・庫富)

 ミホノブルボンは昨年12月に引退名馬繋養展示事業の助成対象馬となり、繋養先もスマイルファームに変更になりました。といっても場所は前と変わらず、通称ブルボンハウスで元気にしていました。

 

 献上品の人参を元気に頬張ってくれたブルボン、24歳にして若々しさを保っている理由はこの食欲かもしれません。

|

ダーレー・ジャパン スタリオンコンプレックス(日高町・富浜)

 今年、ダーレー・ジャパン スタリオンコンプレックスでは、凱旋門賞馬ワークフォース・日本ダービー馬エイシンフラッシュを輩出しているKingmambo後継種牡馬キングズベスト、2006年エクリプス賞(最優秀2歳牡・セン馬)馬で、日本では先日のエルムSを勝ったフリートストリートを輩出したストリートセンス、そしてダーレー・ジャパンの持ち馬として交流GIを6勝したフリオーソが種牡馬として供用されました。

 ストリートセンスは来年アメリカで再び供用されることが発表され、すぐに移動の準備に入るとのことで、今回が会う最初で最後のチャンスとなりました。

 フリオーソの素顔はこんなにイケメンだったんですね。とても人懐っこいヤツでした。

Street Sence
ストリートセンス
Deep Sky
ディープスカイ
Admire Moon
アドマイヤムーン
Pyro
パイロ
Storming Home
ストーミングホーム
Furioso
フリオーソ
King's Best
キングズベスト

|

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション(日高町・富川東)

 実績のある、錚々たる種牡馬たちとともに、最近GIを勝ったような若い種牡馬にも会えるのがブリーダーズ・スタリオン・ステーションです。

 昨年の訪問以降、ブリーダーズSSでは以下の移動がありました。

  • 2012年12月13日 ジャングルポケット入厩(社台SSから移動)
  • 2013年 1月10日 アーネストリー入厩(新種牡馬)
  • 2013年 6月14日 ローズキングダム入厩(新種牡馬)
  • 2013年 7月 7日 デュランダル死亡
  • 2013年 8月15日 イーベルツエーン死亡
  • 2013年 8月31日 ステイゴールド入厩(ビッグレッドファームから移動)
  • 2013年 9月 7日 ストロングリターン入厩(新種牡馬)
  • 2013年 9月 8日 アドマイヤジャパン退厩(優駿SSへ移動)

 今年は引退名馬の死亡の報が相次ぎました。ブリーダーズSSでもデュランダルとイーベルツエーンが亡くなっています。昨年、元気な姿を見ていただけに寂しいかぎりです。デュランダルの墓はすでに完成し、エアシャカール・タヤスツヨシ・バブルガムフェロー・ターゴワイスとともに静かな眠りについています。

Jungle Pocket
ジャングルポケット
Asakusa Kings
アサクサキングス
Swift Current
スウィフトカレント
Earnestly
アーネストリー
Nakayama Festa
ナカヤマフェスタ
Grass Wonder
グラスワンダー
Black Tide
ブラックタイド
Stay Gold
ステイゴールド
Rose Kingdom
ローズキングダム
Strong Return
ストロングリターン
Maruka Shenck
マルカシェンク
Swept Overboard
スウェプトオーヴァーボード
Unrivaled
アンライバルド
Tosen Homareboshi
トーセンホマレボシ
Twining
トワイニング
Ammirare
アッミラーレ
Dance In The Dark
ダンスインザダーク
Silent Deal
サイレントディール
Afleet
アフリート

|

2013年9月28日 (土)

ロマン・ロード号再び(ビッグレッドファーム)

 前回の訪問からわずか2ヶ月弱ですが、スパイキュールが退厩し、ステイゴールドはブリーダーズスタリオンステーションに移動となり、少し寂しくなりました。

 コスモバルクはいつも穏やかな表情をしています。愛嬌を振りまくことはありませんが、怒りを表す姿も見たことはありません。バルクのような境地で日々を過ごしたい、そんな風に感じました。

Cosmo Bulk
コスモバルク
Conduit
コンデュイット
I'll Have Another
アイルハヴアナザー
Roses In May
ロージズインメイ
Admire Max
アドマイヤマックス
Higher Game
ハイアーゲーム
Agnes Digital
アグネスデジタル
Rosado
ロサード
Time Paradox
タイムパラドックス

|

ロマン・ロード号再び(アロースタッド)

 今回はリーチザクラウンヒルノダムールスーパーホーネットが大接近で色んな表情を見せてくれました。

 ロマン・ロード号最終運行日ということで、アロースタッドから種牡馬案内(競走馬時代の写真・勝馬成績・ブラックタイプの載ったもの)のプレゼントがありました。「来年も用意しとくよ!」とのことでした。

Reach the Crown
リーチザクラウン
Transcend
トランセンド
Hiruno d'Amour
ヒルノダムール
Wild Rush
ワイルドラッシュ
Adjudi Mitsuo
アジュディミツオー
Battle Plan
バトルプラン
Fusaichi Richard
フサイチリシャール
Miscast
ミスキャスト
Sinister Minister
シニスターミニスター
South Vigorous
サウスヴィグラス
Sunrise Pegasus
サンライズペガサス
SuperHornet
スーパーホーネット
Super License
スーパーライセンス
Suzuka Mambo
スズカマンボ
Suzuka Phoenix
スズカフェニックス
Water League
ウォーターリーグ

|

ロマン・ロード号再び(レックススタッド)

 今年2回目、ロマン・ロード号運行最終日。北海道は一気に秋、馬たちにも私たちにも過ごしやすい時期になりました。

 馬房で愛想の良かった馬が放牧中では草に夢中で顔を上げてくれなかったり、馬房では知らんぷりだった馬が妙に放牧中は愛想が良かったり、馬はみんな個性豊かで、見ていると本当に楽しい。しばらく公開中止されていたローエングリンも無事復活していました。

 レックススタッドでの滞在時間は30分なので、なかなか顔を上げてくれるまで待つことができませんでしたが、なんとか全部の馬を撮ることができました。

-Special Week
スペシャルウィーク
Admire Cozzene
アドマイヤコジーン
Apollo Kingdom
アポロキングダム
A Shin Forward
エーシンフォワード
Eishin Apollon
エイシンアポロン
Eishin Deputy
エイシンデピュティ
Eishin Sandy
エイシンサンディ
Lohengrin
ローエングリン
Morphe de Spector
モルフェデスペクタ
Neo Vendome
ネオヴァンドーム
Rokko Oroshi
ロッコウオロシ
Sakura Mega Wonder
サクラメガワンダー
Sakura Orion
サクラオリオン
Sakura President
サクラプレジデント
Sakura Zeus
サクラゼウス
Screen Hero
スクリーンヒーロー
Shonan Kampf
ショウナンカンプ
Three Rolls
スリーロールス
Timber Country
ティンバーカントリー
Tunante
トゥナンテ
White Muzzle
ホワイトマズル
Yamanin Seraphim
ヤマニンセラフィム

|

2013年9月22日 (日)

ポニーのジャンピング3連発!

 ノーザンホースパークのメインアトラクションとなった(といえよう)HAPPYポニーショー。小さなカラダで障害馬術の馬たち顔負けのジャンピングする姿は感動ものです。

 そんなポニーたちのジャンピングが東京で見られます! あきる野市で行われる東京国体・馬術競技の会場で、10月5日・6日の両日、ノーザンホースパークのチッチ小次郎が得意の技を披露します。是非足を運んで頂き、この感動を生で味わってください!

 Road To 東京出張ノーザンホースパークのブログで随時更新予定。チェックしてくださいね!

 これに先立ち、小次郎・トライヤー・セサミのジャンピング3連発!
※写真にマウスカーソルを乗せるとジャンピングします。おかしくなったらリロードしてみてください。

【小次郎(7歳牡)】

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10 image11 image12

【トライヤー(14歳牡)】

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10 image11 image12

【セサミ(3歳牡)】

image01 image02 image03 image04 image05 image06 image07 image08 image09 image10 image11 image12

|

ノーザンホースパーク(苫小牧市・美沢)

 北海道秋季馬術大会のコース替えの時間を利用して、元競走馬たちに会ってきました。
 新しく、エアグルーヴの仔フォゲッタブルとゴールドティアラの仔ゴールデンハインドが第3厩舎に入りました。2頭とも超イケメンです。
 フサイチホウオーは環境になれたのか、リラックスした表情を見せてくれました。

Fusaichi Ho O
フォゲッタブル
Delta Blues
フサイチホウオー
Admire Jupiter
ゴールデンハインド
Tokai Point
ラスカルスズカ

|

第27回 北海道秋季馬術大会

 9月20~22日に北海道での今年最後の馬術大会、第27回北海道秋季馬術大会がノーザンホースパークで行われました。

 ドレッサージュ(馬場馬術)に札幌競馬場で誘導馬を務めているマイネルスケルツィが登場、好成績を収めました。
 ドレッサージュの撮影は初めてでしたが、厳粛な雰囲気で行われるので、EOS-1DXの大きなシャッター音では迷惑がかかると思い、静かなEOS 6Dで撮影しました。

 今回、ジャンピングは観客席の近くに連続障害が設置されたので、至近距離から短いレンズでできるだけ下から撮ってみました。遠距離から望遠で撮るよりも迫力が出ますね。
 すべての馬たちの跳躍する姿を見て頂きたいのですが、そうもいきませんので重賞勝馬のみを掲載します。他の馬たちの写真も撮影しておりますので、ご希望でしたら写真データをお送りいたします。メールにてご連絡ください(関係者のみとさせてください)。

【ドレッサージュ】

Meiner Scherzi
マイネルスケルツィ(札幌競馬場) 2006ニュージーランドT、2007京都金杯
Meiner Scherzi
Meiner Scherzi
Meiner Scherzi

【ジャンピング】

Delta Blues
デルタブルース(NHP) 2004菊花賞、2006メルボルンカップ
Quark Star
クォークスター(モモセRF) 2010セントライト記念
Legacy Rock
レガシーロック(RFフセ) 1999東京ハイジャンプ、2000小倉サマージャンプ
Diraqouee
ディラクエ(モモセRF) 2007北海道2歳優駿

|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »