« 第136回 中山大障害(J・GI) | トップページ | エイシンフラッシュ引退式 »

2013年12月22日 (日)

第58回 有馬記念(GI)

 今年のクラシック馬・天皇賞馬・JC馬が出走しない有馬記念でしたが、このレースで引退するオルフェーヴルの姿を目に焼き付けようと124,782人の観衆が中山競馬場に訪れました。

 絶好調時と比較して状態が物足りないと伝えられたオルフェーヴルでしたが、最後の直線では追うことなく手綱を押さえたままで後続に8馬身差をつける大楽勝、強さが際立ったレースでした。2着にはウインバリアシオンが入り、現5歳世代の強さを証明する結果となりました。

10R 有馬記念(GI)(芝2500m)
オルフェーヴル
(池添謙一)
EOS-1D X + EF200-400mm F4L IS USM EXTENDER 1.4×
マニュアル露出 評価測光 1/640秒 F5.6 ISO:AUTO(640) WB:晴れ


2013年12月22日() 第5回中山8日目 芝(A):良、ダート:重 

Apollo Oja
1R 2歳未勝利(ダ1200m)
アポロオオジャ
Rhein Hardy
2R 2歳未勝利(ダ1800m)
ラインハーディー
Major Step
3R 2歳未勝利(ダ1800m)
メジャーステップ
A Day in the Life
4R メイクデビュー中山(芝2000m)
アデイインザライフ
Romancing Gem
5R メイクデビュー中山(ダ1800m)
ロマンシングジェム
Kurotaka
6R 3歳上1000万下(ダ1200m)
クロタカ
Air Anthem
7R ホープフルS(芝2000m)
エアアンセム
Grande Subaru
8R グッドラックH(芝2500m)
グランデスバル
Tomiken Ardor
9R 師走S(ダ1800m)
トミケンアルドール
Improvise
11R ノエル賞(芝1600m)
インプロヴァイズ


<オルフェーヴル引退式>

 2011年、東日本大震災の年に三冠馬となり、2回凱旋門賞に挑戦、2回とも2着ながら世界レベルの強さを見せてくれた黄金の馬オルフェーヴル。ラストランとなった有馬記念では力の差を見せつける圧勝劇で引退の花道を飾りました。6万人を超えるファンが別れを惜しみました。

|

« 第136回 中山大障害(J・GI) | トップページ | エイシンフラッシュ引退式 »