2014年7月 6日 (日)

トウショウ牧場(新ひだか町静内東別)

 新ひだか町静内東別にあるトウショウ牧場では、7月から9月までの3か月間、毎週日曜日の午前10時から午前11時まで牧場見学をさせていただけるということで、早速行って参りました。

シスタートウショウ

 1991年の桜花賞を制したシスタートウショウは今年で26歳、腰が悪く、歩いたり向きを変えるときにとても辛そうですが、近くまで来てくれました。彼女の気品ある美しさはまったく変わりません。
 真ん中の写真は別れ際に「元気でね、また来年、きっと会おうね!」と手を振ったときに見せてくれた、今までに見たことのない表情。なぜか涙がこみ上げてきました。


スイープトウショウとスイープトウショウの2014(父ディープインパクト)

 予定より2週遅れ、4月29日に誕生したスイープトウショウの2014(牡 父ディープインパクト)です。自立心が強いのか、お母さんに甘える様子はあまり見られず、お友達のデコトウショウの2014(牡 父スズカフェニックス)と遊んでいました。今年はオルフェーヴルを配合、無事受胎を確認したそうです。


シーイズトウショウとシーイズトウショウの2014(父ダノンシャンティ)

 6月15日のメイクデビュー函館を圧倒的な1番人気に応えて優勝したトウショウピスト(牡 父ヨハネスブルグ)の半妹シーイズトウショウの2014(3月31日生 牝 父ダノンシャンティ)です。ご覧の通りキリッとした美人さん。スウェアトウショウの2014(牝 父ファルブラヴ)と仲好しのようです。今年はトウショウピストと同じヨハネスブルグを配合。

|

2014年6月 7日 (土)

ネオユニヴァース(社台スタリオンステーション)

 皐月賞・日本ダービーを制してから早11年のネオユニヴァース。3頭のクラシック馬を輩出し、すでに後継種牡馬を5頭出しています。
 彼の牧場での印象は穏やかで人懐っこい。近くまで来てくれたときには、こちらが歩くと付いてきてくれます。可愛いのです。

|

2014年6月 6日 (金)

ダイワメジャー(社台スタリオンステーション)

 マイルよりも短い距離で産駒の活躍が目立つダイワメジャー。今年はコパノリチャードが高松宮記念を勝利しました。
 彼は基本威嚇モードで耳を絞って来るのですが目は優しいのです。しばらく写真を撮っているとだんだん耳がこっちを向き、「いけね!」と言わんばかりにまた絞るところが可愛いのです。

|

2014年6月 5日 (木)

ルーラーシップ(社台スタリオンステーション)

 とてもファンの多いルーラーシップ。スタリオンの事務所を出て最初に会えるのが彼。最近なかなか近くに来てくれないのですが、この日は厩舎内でも会うことができました。
 干し草を食べているところ「ルーラー!」と呼ぶと近くに来てくれ、しばし戯れタイム。その表情はノーザンホースパークにいるお兄ちゃんのフォゲッタブルにとても似ていました。

|

ベルシャザール(社台スタリオンステーション)

 オルフェーヴルのダービー3着、喉の病気と骨折を乗り越え、これからダート界の頂点へと期待されたベルシャザールですが、突然の引退発表に驚いた方も多いと思います。私もその一人でした。
 右後肢のギブス姿は痛々しかったですが、当のベルシャザール本人は非常に穏やかで可愛らしい。ルーラーシップとロードカナロアの間の馬房(キングカメハメハ産駒厩舎!)でしっかり怪我を治して来年への英気を養って欲しいですね。

|

2014年6月 3日 (火)

ロードカナロア(社台スタリオンステーション)

 世界に誇る短距離王、ロードカナロア
 彼には馬房で会うことができました。非常に穏やかで優しい馬。他の馬より背が低いらしいのですが、頑張って顔を出してくれました。

|

ノヴェリスト(社台スタリオンステーション)

 昨年のキングジョージ4世&クイーンエリザベスSをレコード勝ちしたノヴェリスト
 彼もかなりのイケメンですね。自分で決めた日課なのでしょう、柵沿いの道をひたすら往復して運動に励んでいました。

|

2014年6月 2日 (月)

エイシンフラッシュ(社台スタリオンステーション)

 イケメンのエイシンフラッシュ
 最初は穏やかだったのに、だんだんテンションが上がり、案内していただいたスタリオンの方も「スゴい!」というほど放牧地を走り回ることに。ダービー馬のタフさを実感!

|

オルフェーヴル(社台スタリオンステーション)

 5ヶ月ぶりのご無沙汰です。
 今年に入りお馬さんの写真はたくさん撮影しているのですが、記事にまとめる意欲が出ず。まあ歳を取ったということですな。”無理せず気楽に”をモットーにやらせていただきますね。

 なお、撮りたてホヤホヤの写真等はtwitterの方にゆる~く投稿しておりますので、チェックしてみてください。

 今回もキャロットクラブ会員の友人に誘っていただき、社台スタリオンステーションに行って参りました。念願のオルフェーヴルに会ってきましたよ。
 本当に”黄金の馬”ですね。快晴の下、ピカピカに光り輝いておりました。やんちゃなところも相変わらず。何度も威嚇されました(笑)。

|

2013年12月15日 (日)

社台スタリオンステーション(安平町・早来源武)

 少し時間が空いてしまいました。北海道は比較的温かい12月だったのですが、ついに冬将軍到来、現在はすっかり雪に被われています。今回はまだ雪の降る前・10月の社台スタリオンステーションの種牡馬たちの姿を掲載いたします。

 12月は種牡馬たちにとって人事異動ならぬ馬事異動のシーズン。社台スタリオンステーションではタニノギムレットがレックススタッドへ、メイショウサムソンがイーストスタッドへ、ヴァーミリアンがブリーダーズスタリオンステーションへ移動になり、新たにノヴェリストオルフェーヴルエイシンフラッシュそしてロードカナロアが繋養されることになっています。

Deep Impact
ディープインパクト
Captain Thule
キャプテントゥーレ
Casino Drive
カジノドライヴ
Company
カンパニー
Daiwa Major
ダイワメジャー
Danon Chantilly
ダノンシャンティ
Dream Journey
ドリームジャーニー
Falbrav
ファルブラヴ
Gold Allure
ゴールドアリュール
Harbinger
ハービンジャー
Hearts Cry
ハーツクライ
King Kamehameha
キングカメハメハ
Manhattan Cafe
マンハッタンカフェ
Neo Universe
ネオユニヴァース
Rulership
ルーラーシップ
Smart Falcon
スマートファルコン
Turtle Bowl
タートルボウル
Vermilion
ヴァーミリアン
Victoire Pisa
ヴィクトワールピサ
Workforce
ワークフォース
Zenno Rob Roy
ゼンノロブロイ

|

より以前の記事一覧