2010年11月17日 (水)

フィルムを選ぶように…

 今回はカメラのお話。キヤノンのデジタル一眼レフカメラ限定のトピックです。興味のない方は素通りしてください。

 フィルムカメラを使用している方が未だに多くいらっしゃいます。リバーサルフィルム(ポジフィルム・スライド用フィルムともいいます)の発色の美しさに魅せられてという理由でフィルムカメラを使用し続けているという方は少なくないはずです。私もデジタル一眼レフカメラを買うまではEOS-3+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM+PROVIA100(RDPII)で撮っておりました。RDPIIのマゼンダが強めに出る発色が好きでした。風景写真に適した派手な色彩の富士フイルムのVelvia50(RVP)というリバーサルフィルムはいったん販売中止になりましたが、ファンの強い要望で復活した経緯があるほどです。

 カメラの主流がデジタルに移行しても当然ながら写真の発色の良さは重要です。昔のディジタルカメラはカメラ毎に発色に個性があり、カメラ選びの大きなポイントでもありました。

 キヤノンは2005年に機種毎の発色のばらつきを抑え、好みの色調を設定できるPicture Styleという機能を搭載したデジタル一眼レフカメラを発表しました。EOS-1D MarkIIN、EOS5D、EOS30Dがその先駆けです。スタンダード・ポートレート・風景・ニュートラル・忠実設定・モノクロの6種類のプリセットに加え、自分好みの設定を3つまで登録できます。さらに自分好みのPicture Styleファイルを作成できるPicture Style Editorも公開しています。

 プリセットのPicture Styleに物足りなさ(なんとなく彩度が足りない)を感じていた私はリバーサルフィルムをシミュレートしたPicture Styleがないか探してみたところ、同じことを考えている方が国内外を問わず多くおられ、すでにそのようなPicture Styleファイルが多く公開されていることを知りました。

 長々と能書きをたれましたが、フィルムを選ぶように、公開されているPicture Styleファイルを試してみて、気に入ったものを積極的に活用してみようというのが今回の趣旨です。

 以下の例は、RAWデータで撮った「札幌2歳S」の写真に、キヤノンが提供しているDigital Photo Professionalを用いて、様々なPicture Styleを適用したものです。RAWデータで撮影すれば撮影後もパソコンでPicture Styleを変更することが出来ますが、JPEGで撮影される方も、気に入ったPicture StyleファイルをEOS Utilityを用いてパソコンからカメラのPicture Styleユーザ設定1~3に設定することで適用することができます(JPEGの場合は撮影時の適用になり、撮影後にPicture Styleを変更して仕上げることはできませんのでご注意ください)。是非お試しください。

 ちなみに、派手めが好きな私は現在、
    ユーザ設定1:Step by Step(GANREF)
    ユーザ設定2:RVP-F100(Mild)
    ユーザ設定3:RVP-F100(vivid)
に設定して撮影を楽しんでいます。

【派手な色彩のPicture Style】
PictureStyle 出典
スタンダード(プリセット) カメラにプリセット
New Standard(GANREF) デジタルカメラマガジン2007年12月号
風景(プリセット) カメラにプリセット
My風景(GANREF) EOS-1D MarkIII完全ガイド
AUTUMN_HUES(機能拡張) キヤノン:ピクチャースタイル
akiiro-kouyou(GANREF) デジタルカメラマガジン2007年10月号
EMERALD(機能拡張) キヤノン:ピクチャースタイル
NewEMERALD(GANREF) デジタルカメラマガジン2007年12月号
Velvia flickr Canon EOS 40D User/Discuss
RVP life time
RVP-100F(vivid) 出所不明(RVP-100F,PF2で検索 中国の掲示板にあり)
RVP-100F(Mild) 出所不明(RVP-100F,PF2で検索 中国の掲示板にあり)
RVP-100F(neutral) 出所不明(RVP-100F,PF2で検索 中国の掲示板にあり)
Step by step(GANREF) デジタルカメラマガジン2007年12月号
TSUYAZAKURA(GANREF) デジタルカメラマガジン2008年4月号
Howay5 出所不明(RVP-100F,PF2で検索 中国の掲示板にあり)
Oil Color(GANREF) デジタルカメラマガジン2007年12月号
派手な色彩の例


【落ち着いた色彩のPicture Style】
PictureStyle 出典
忠実設定(プリセット) カメラにプリセット
ニュートラル(プリセット) カメラにプリセット
ポートレイト(プリセット) カメラにプリセット
P-SNAPSHOT(機能拡張) キヤノン:ピクチャースタイル
P-STUDIO(機能拡張) キヤノン:ピクチャースタイル
ポートレート-ソフト(GANREF) EOS-1D MarkIII完全ガイド
Cluster-amaryllis(GANREF) デジタルカメラマガジン2007年12月号
Genesis_Panalog4_WIP vimeo Canon 7D Super Flat Picture Style Test
Marvels_Cine_V1.2_rel vimeo Canon 7D Super Flat Picture Style Test
superflat01 vimeo Canon 7D Super Flat Picture Style Test
古い街並み(GANREF) EOS-1D MarkIII完全ガイド
FujiReala CINEMA 5D Stickey
RDPIII 出所不明(RVP-100F,PF2で検索 中国の掲示板にあり)
Kodachrome25 CINEMA 5D Stickey
T6NA 出所不明(RVP-100F,PF2で検索 中国の掲示板にあり)
オリンパスブルー FineSnowPICT デジタル写真館
しっとりしっかり和心(GANREF) EOS-1D MarkIII完全ガイド
落ち着いた色彩の例

【特殊効果を狙ったPicture Style】
PictureStyle 出典
モノクロ(プリセット) カメラにプリセット
NOSTALGIA(機能拡張) キヤノン:ピクチャースタイル
OverNega life time
CLEAR(機能拡張) キヤノン:ピクチャースタイル
TWILIGHT(機能拡張) キヤノン:ピクチャースタイル
特殊効果の例

|

2010年10月24日 (日)

邪魔なものは消してしまえ!

 私の中では競馬はオフシーズンな訳ですが、夏場の3ヶ月だけ更新というのも何ですので、写真のちょっとした工夫について気が向いたときに(できれば月1くらいで。ネタが尽きるまで・汗)書いていきたいと思います。

 今日のタイトルは"邪魔なものは消してしまえ!"です。
 競馬の写真を撮っていて、ゴール前のラチ沿いだったら「緑色の計測器」(わかるかな?)が入ってしまったり、スタンドからだと紙吹雪や傘、肩車した子供の頭なんかが入ってしまい悔しい思いしたことはありませんか。そんな写真を救済する方法があります。

 用意するものはADOBE社のPHOTOSHOP ELEMENTS 9です。プロの皆さんは高価なPHOTOSHOP CS5を使うんでしょうが、私のような小市民には手が届きません。しかし、これなら乗換版で1万円程度で入手できます。買っておいて損のないソフトだと思います。

 今回のバージョンアップでもっとも使える機能が写真を瞬時補正<強化機能>です。早速、その効果のほどをご覧いただきます。

 今回のサンプルは2008年の日本ダービー。このときはスタンドからレースを撮影したわけですが、ディープスカイが思いの外、外を通ってきたため、シャメを撮ろうとしている携帯やこのときとばかり台に乗って撮影しているお兄ちゃんの頭などが入ってしまい、残念ショットとなってしまいました。この写真しか満足なものがなかったので我慢していましたが、PHOTOSHOP ELEMENTS 9で修正することができました。

20080601-10R-sample1

 この写真をPHOTOSHOP ELEMENTS 9で読み込み、邪魔な部分を左側の絆創膏のようなアイコン「スポット修復ブラシツール」を選んで消したい部分をマウスの左クリックを押したまま塗りつぶします。左クリックを離すとあらまびっくりすっかり消えているじゃありませんか。驚くのは陰に隠れているはずのディープスカイの右後ろ脚が見事に再現されていること。凄い!
 さすがに消えてしまった部分は若干不自然さが残るので、「スポット修復ブラシツール」の下の「コピースタンプツール」を選び、コピーしたい部分をAltキーを押しながらクリック、そのイメージを不自然なエリアに左クリックを押しながら塗りつぶすとできあがりです。

20080601-10R-sample2

 一番邪魔くさいのを消しましたが、他のも徹底的に消してみました。

20080601-10R-sample3

 いかがでしょう、なかなか自然な出来映えで私は満足しています。皆さんも失敗写真だと思ってすぐに削除しないで、保存しておけば時代が追いついて、救済できるようになっているかもしれません。

|